最近聞くのは私だけかと思いますが、 バスケットボールのタップシュートのことを アリウープと呼ぶ方を見かけます。 どちらが正しいか、それともどちらで … Iカットは、ボールをもらうための動きのことです。リングの方に向かって動き、その後に元の場所に戻ってパスを受けます。, Vカットもボールをもらうための動きのことをいいます。先ほどのIカットとは違い、角度を付けて 「V」の字を描くように動いてからボールをもらいます。, アイソレーションは、1人の選手が1対1を仕掛けやすいように、他のチームメイトがスペースを空けてあげる戦術のことをいいます。, アイソレーションは英語で「分離、独立、絶縁(Isolation)」を意味していて、チームメイトがスペースを空けてあげる様子が「分離・独立」の様子に見えることからアイソレーションと呼ばれています。, ボールを持っているときに、リングより外側にある足のことを「アウトサイドフット」と言います。, アウトナンバープレーは、ディフェンスよりもオフェンスの方が数的有利に立っている状態のことを表しています。, 例えば、速攻をしかけた時にディフェンスの戻りが悪くて3対2の状態になったとします。, このような状態は「アウトナンバープレー」です。オフェンスが有利な状況なので確実に得点しないといけません。, ディフェンスをしている時にリバウンドを取り、速攻を出すためにチームメイトに出す最初のパスのことをアウトレットパスと言います。, よく、空中でパスを受けてシュートを決めることも「アリウープ」と言っている人がいますが、それはタップシュートです。, アンスポーツマンライクファウルは、ファウルの中でも激しくてスポーツマンらしからぬファウルのことを言います。, 例えば、故意に殴ったりとか、故意に暴言をはいたりするとアンスポーツマンライクファウルを取られてしまいます。, このファウルを取られると、シュート中のファウルではなくても相手にフリースローが2本与えられます。, ボールを持っているときに、リングに向かって内側の足(リングに近い方の足)をインサイドフットと言います。, ヴァイオレーションは「トラベリング」「ダブルドリブル」「3秒ルール」「5秒ルール」「ショットクロック」などのファウルではない反則のことを言います。, ヴァイオレーションを取られてしまうと、相手チームのスローインから試合が再開になります。, ウィークサイドは、ディフェンスをしている時に人数が少なくて弱いサイドのことを言います。, 基本的に下のような位置でオフェンスがボールを持っているときは、 ディフェンスにとってエンドライン側がウィークサイドになります。, バスケでは、ボールを風車のように回しながらダンクすることをウィンドミルと呼んでいます。, 綺麗に大きくボールを回すには長い滞空時間が必要なので、ジャンプ力のある選手じゃないとできない技です。, 素人の人は、プロのレベルになればエアーボールはしないと思っている人が多いですが、NBAでも時々エアーボールをしてしまう選手がいるんですよ。, 永久欠番は、チームで凄い成績を残した選手を称えるために、その選手が付けていた背番号を着れないようにすることです。, 例えば、マイケル・ジョーダンが付けていた背番号23番はブルズで永久欠番になっています。, オールコートプレスは、相手に対してバックコートから激しいディフェンスをすることです。, オールコートプレスはハーフコートを超える前から激しくディフェンスをして、スティールや、パスカットを狙います。, オフィシャルは、試合時間を測ってくれたり、試合のスコアをつけてくれたり、ファール数を数えたりしてくれる人たちのことです。, カットインは、ボールを持っていない選手がリングに向かって切れ込んだりしてからパスを受けるようなことを言います。, カットボールは、ディフェンスがオフェンスのパス・ドリブル・シュートをカットしてからアウトオブバウンズになることを言います。, オフェンスの選手が、リングに向かってドライブしていき、ディフェンスを引き寄せてからノーマークの選手にパスを出すことを言います。, ボールを持っている選手がチームメイトにパスをした瞬間にリングに向かって走り、パスを受けることを言います。, ギャロップステップは、1歩目で飛んで大きく踏み込んでから両足で着地することを言います。, このような時に、味方の誰かがシュートを決めて逆転し、そのまま試合に勝ったらそのシュートがクラッチシュートです。, あと、勝負強くてクラッチシュートが得意な選手のことを「クラッチシューター」と呼びます。, ディフェンスが横に移動する時に足を交差させながらステップを踏むことをクロスステップと言います。, オフェンスがシュートを打ち、そのシュートが最高到達点に達してからリングに向かって落ちてきている時にディフェンスがボールに触ることをゴールテンディングと言います。, スローインは5秒以内にしなくてはいけない、フリースローは審判にボールを渡されてから5秒以内に打たなくてはいけないルールのことを5秒ルールと言います。, オフェンスの選手がペイントエリアに3秒以上留まってはいけないことを3秒ルールと言います。, これを取られると反則となり、攻撃が強制終了されて相手のスローインから試合再開になります。, ただ、シックスマンが活躍すると試合の流れがチームに寄ってくるので、優秀なシックスマンがいるチームはかなり強い傾向にあります。, ジャンプボールの細かなルールに関しては、下の記事にまとめていますのでそちらをチェックしてください!, ミドルシュートやレイアップが得意な選手たちのことはスコアラーとか点取り屋という言い方をすることが多いです。, シューティングガードは、ポイントガードの手助けをしたり、シュートを打つようなポジションのことを言います。, ・バスケのポジションには番号がある?ポジション別に性格や身長、役割を全国経験者が解説!, シュートを打とうとしている選手に対して、ディフェンスがファウルすることをシューティングファウルと言います。, これらをシュートを打っている人に対してやってしまうとシューティングファウルになり、相手にフリースローが与えられます。, 試合の流れや、周りの状況、自分の状況などを考えてシュートを打つ場面かどうかを見極めることをシュートセレクションと言います。, ボールを持っている人のディフェンスに、スクリーンをかけられたときにスクリーナーに付いているデェフェンスがスイッチするかのように見せる動きのことをショウディフェンスと言います。, オフェンスは24秒以内にシュートを打たなくてはいけないというルールがあるのですが、このことをショットクロックと言います。, もし、24秒以内にシュートを打てなかった場合は、攻撃が強制終了となって相手のスローインから試合再開になります。, ショットクロックについての細かいルールについては下の記事にまとめていますのでこちらをご覧ください!, パスを受けたときや、ドリブルを止めたときに「1・2」とステップを踏んだ時の「1」の足のことを軸足と言います。, ボールを持ったままドリブルなどもせずに軸足を床から離して、再度床につけてしまうと「3歩目」となるのでトラベリングを取られてしまいます。, 基本的には、毎試合20点以上を取るような選手のことをスコアラーと呼ぶことが多いですね。, スイッチアップは、スクリーンをかけられた時にボールを持っている選手に付いているディフェンスと、スクリーナーのディフェンスがマークをチェンジすることを言います。, 英語で「掃除する・一掃する」という意味があるので、一度も負けずに勝ち進むことがその様子に似ていることからそう呼ばれています。, スクリーンは、オフェンスがボールを持っている選手をマークしているデェフェンスに対してブロックするオフェンスの戦術です。, ドリブルをしているときに、急激にスピードを緩め足を小刻みにステップすることをスターターステップドリブルと言います。, シュートを打った本数や入った本数、リバウンドをした数、ファールの数などがまとめられます。, 英語で「盗む・奪う」という意味がなので、ボールをカットする様子がそれに似ていることからそう呼ばれています。, ディフェンスがオフェンスに対して、プレッシャーをかけるためにひっつくことをスティックと言います。, 一歩下がることによってデェフェンスとの距離がうまれ、ブロックされずにシュートを打つことができます。, パスを受けたときに、パスをした人から見て逆の足から「1・2」とステップを踏んでリングを向くことをストライドストップと言います。, ただ、最近ではストリートバスケの概念が変わってきて、体育館でバスケをするときもストリートバスケと呼ぶことがあります。, ストリートバスケについては下の記事に詳しくまとめていますので、こちらをチェックしてください!, アウトサイドとインサイドでプレーが出来て、得点能力があるような人がするポジションをスモールフォワードと言います。, スモールフォワードについては下の記事に詳しくまとめているのでこちらをチェックしてください!, ・バスケのポジションには番号がある?ポジション別に性格や身長、役割を全国経験者が解説!, ディフェンスが横に動くときに、足を交差させないで進むことをスライドステップと言います。, オフェンスの時に、リバウンドに参加せず、相手の速攻に備えて下がっている人のことをセーフティーマンと言います。, チームで1番身長が高くて、リバウンドやゴール下のプレーが得意な選手が任されるポジションのことをセンターと言います。, センターについては下の記事に詳しくまとめていますのでこちらをチェックしてください!, ゾーンは、試合中に特定の選手が大量に得点をしたり、連続でシュートを決めたり、逆転のシュートを決めたりすることを言います。, ゾーンディフェンスは、特定の範囲をチームメイトのと強力しながら行うディフェンスのことを言います。, ゾーンディフェンスの時は、自分がマークしなくてはいけないオフェンスが存在しないので、自分に任された範囲にオフェンスが入ってきたらディフェンスをするという形になります。, 手のひらをボールの方にむけて、いつでもパスを受けられる状態を作ることをターゲットハンドと言います。, ターンオーバーが多いと相手にチャンスを与えたり、自分たちが得点をする機会を減らすことになってしまいます。, シュートが入る確率が低いので、試合中はなるべくタフショットではないシュートを打つ必要があります。, 両手でドリブルすることや、一回ドリブルを止めたのにも関わらず再度ドリブルをすることをダブルドリブルと言います。, これは反則なので、オフェンスが強制終了になって相手のスローインから試合が再開になります。, バスケでは、チームファウル数が5個を超えると、その次のファウルからは自動的に相手にフリースローが与えられます。, チームファウルについては下の記事に詳しくまとめていますのでこちらをチェックしてください!, 自分の胸に位置にボールを構えてから、床と平行にチームメイトへ出すパスのことをチェストパスと言います。, ドリブルをしている時に、急にスピードを緩めたり、速めたりすることをチェンジオブペースと言います。, (延長戦は1クォーター制です。時間は大会や国とかによって違います。日本のBリーグでは延長戦は5分間です。1回のクォーターで決着がつかなかったときは、さらにもう1クォーター続けます。), チャージングについての細かいルールは下の記事にまとめていますのでこちらをチェックしてください!, ディフェンスが自分のマークしている選手に対してボールを持たせないようにパスコースを防ぐことをディナイと言います。, 審判に暴言を言ったり、判定に対して執拗に講義をしたり、フェアプレー精神にのっとっていないファウルのことをテクニカルファウルと言います。, オフェンスがドリブルをしながら、ディフェンスを交わしてリングに向かって進むことをドライブインと言います。, ディンフェンスがオフェンスに自由にプレーさせないために罠をはってディフェンスすることをトラップディフェンスと言います。, トラベリングに関しては下の記事に詳しくまとめていますのでこちらをチェックしてください!, オフェンスからディフェンスへ、ディフェンスからオフェンスへプレーを切り替えることをトランジションと言います。, オフェンスとディフェンスの店舗が速い試合は「トランジションゲーム」と呼ばれています。, ボールを持ったときに「パス」「ドリブル」「シュート」の3つの動きに素早く対応できる構えをトリプルスレッドと言います。, トリプルクラッチは、空中でディフェンスを3人交わしてシュートを決めることを言います。, この半円のなかでは、審判はオフェンスのファウルであるチャージングを取ることができません。, 例えば、選手が審判に対してファウルを受けたことをアピールしてきたきに「ノーファウルです」というような使い方をします。, 彼の本名は「アービン・ジョンソン」というのですが、ノールックパスが上手すぎて「魔法のようだ」ということから「マジック」と呼ばれるようになりました。, 8秒以内に運べなかったら反則となり、攻撃が強制終了され相手のスローインから試合が再開になります。, 相手チームと体の接触があり、プレーを邪魔した場合のファウルをパーソナルファウルと言います。, バスケットカウントを決めると、そのシュート加点されて、さらにフリースローを一本打つことができます。, バックコートは、ハーフコートからコートを2つに分けて攻めていない方のコートのことを言います。, ドリブルしながらボールを体の後ろに回し、それに合わせて後ろ向きに回転することをバックターンドリブルと言います。, ディフェンスの裏をつき、リングに向かって走り込んでからパスを受けることをバックドアと言います。, バスケでは両手でドリブルをつくことはダブルドリブルという反則になりますが、一回だけなら両手でドリブルをついても良いルールになっています。, リバウンドが得意だったり、身長が高かったりする選手が任されるポジションのことをパワーフォワードと言います。, パワーフォワードについては下の記事に詳しくまとめていますのでこちらをチェックしてください!, バックボードに当ててからリングに入れようとするシュートのことをバンクショットと言います。, オフェンスに対してディフェンスが手を伸ばしてプレッシャーをかけることをハンドチェックと言います。, オフェンスの連携プレーの1つ。スクリーナーがスクリーンをかけた後にリングに向かって反転し、パスを受ける動きのことをプックアンドロールと言います。, 日本の芸能界で「さんま」「タモリ」「ビートたけし」がビックスリーと呼ばれているのと同じ感じです。, パスをもらった時や、ドリブルを止めたときに「1・2」とステップを踏んでから止まったときの「2」の方の足がフリーフットです。, 例えば、「右足→左足」とステップを踏んだ場合は2歩目の左足がフリーフットになります。, ブロッキングやチャージング、テクニカルファウルなど、相手を邪魔するような反則のことをファウルと言います。, 日本では5回ファウルをするとファウルアウトになりますが、NBAでは6回ファウルをするとファウルアウトです。, 例えば、チームのエースが2クォーター目までに4回ファウルしてしまった場合などはファウルトラブルです。, フリスロー以外で、試合中に打ったシュートの決まった確率を表した数字のことをフィールドゴールパーセンテージと言います。, フィンガーロールは、レイアップシュートなどを打つときに指先でボールに回転をかけて打つシュートのことを言います。, 一度フェイントを入れてから、相手の裏をかいて出すパスのことをフェイクパスと言います。, 後ろに飛びながら打つことで相手とのスペースを作り、シュートをブロックされずに打つことができます。, シュートを打ったあとはフォロースルーを残しておいた方が良いとよく言われるのですが、これは毎回同じフォロースルーで打つことでシュートに安定感を出すためです。, 試合終了や、クォーターの終了、ショットクロックの終了などを知らせるブザーが鳴った後や鳴った瞬間に入るシュートのことをブザービーターと言います。, ブザーが鳴ったあとに入ったシュートでも、ブザーが鳴る前にシュートを打つ人の手から離れていたのであれば得点として加算されます。, ちなみに、身長の大きい選手がフックシュートを極めると “ブロック不可能” と言われています。, その証拠に、フックシュートを極めた身長218cmのカリーム・アブドル・ジャバーという選手がいたのですが、彼はNBAの得点ランキングで歴代1位に君臨しています。, ボールを片手でもって、フックシュートを打つように出すパスのことをフックパスと言います。, ボールを持っている選手に強いプレッシャーをかけるディフェンスのことをプレスと言います。, 基本的に、2人以上のディフェンスが1人の選手に対してプレッシャーをかける時にプレスという用語を使います。, オフェンスに対して自由にプレーさせないように、ディフェンスが体を寄せたり手を伸ばしたりすることをプレッシャーと言います。, レイアップを打つ時に、オーバーハンドで上に高く上げてブロックを交わすようにして打つシュートのことを言います。, ディフェンスがオフェンスの進行を体で妨げたるファウルのことをブロッキングと言います。, オフェンスがシュートを打った時に、ディフェンスがカットすることをブロックショットと言います。, ハーフコートからコートを2つに分けて、自分たちが攻める方向のリングがあるコートのことをフロントコートと言います。, ドリブルを体の前で床についてチェンジすることをフロントチェンジドリブルと言います。, スモールフォワード、パワーフォワード、センターの選手たちの総称をフロントラインと言います。, ドリブルしながら、一回止まるフリをして一気に相手を抜き去る技をヘジテーションと言います。, ボール運びや、ゲームメイク、仲間への指示出しを任されるポジションのことをポイントガードと言います。, ポイントガードについては下の記事に詳しくまとめていますのでこちらをチェックしてください!, パスをキャッチする時に、ボールの方に自分から向かいながらパスをキャッチすることをボールミートと言います。, ディフェンスがディナイをするときは、このライン上に手をかざしてパスコースを防ぎます。, ポストアップは、オフェンスがディフェンスに対して背を向けて、ボール保持者に対して正対し、パスを受けようとすることを言います。, 基本的に、下の図のペイントエリアにライン付近でそれをすることをポストアップと呼んでいます。, シュートを打つフリをするようにボールを上にあげることををポンプフェイクと言います。, ジョーンディフェンスの形を取りながら、ボールを持っている選手に近いディフェンスの選手が常にマッチアップするゾーンディフェンスのことをマッチアップゾーンと言います。, 1人の選手に対して、1人のディフェンスがつくことをマンツーマンディフェンスと言います。, 身長の低い選手が身長の高い選手をディフェンスしていたり、身長の高い選手が身長に低い選手をディフェンスしていたりすることをミスマッチと言います。, スリーポイントラインよりも内側で、ゴール下よりも外側のシュートをミドルシュートと言います。, 基本的に、下の図の赤い部分で打つシュートのことをミドルシュートと言う場合が多いです。, ユーロステップはドリブルを止めて左右に1・2ステップを踏み、ジグザクに動く技のことを言います。, ディフェンスにあまり力を入れずに、速攻などの素早いオフェンスに力を入れるスタイルのことをランアンドガンと言います。, このスタイルを取るチームが試合をする時は、攻守の切り替えがとても速くなる傾向にあります。, リングの右側からレイバックを打つ時は右手になりますが、リーチバックでは左手で打つということです。, ちょっとわかりづらいとおもうので、レイバックとリーチバックの違いを分かりやすく解説してくれている動画を貼っておきますのでチェックしてみてください。, 汗を拭いたり、ファッション面でおしゃれにするために、手首または前腕当たりにつけるバンドのことをリストバンドと言います。, 「リバウンドを制す者は試合を制す」と言われるほどリバウンドは大事だと言われています。, ディフェンスがボールをカットしたり、キャッチミスをしたり、リバウンド争いなどでコートに転がり、どっちのチームのボールかわからないことをルーズボールと言います。, レイアップを打つ時に、上に高くあげてブロックされないように打つシュートのことをループシュートと言います。, 上に高くあげて、ディフェンスにカットされないように出すパスのことをループパスと言います。, 1・2とステップを踏んでから、ボールを下から出すようにして打つシュートのことをレイアップシュートと言います。, レイアップシュートと違って、リングの裏側に回り込み後ろ向きで打つシュートのことをレイバックシュートと言います。, ただ、バスケは常に進化していて、今後もどんどん新しい用語が登場してくると思います。, メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。, 「スポーツ以外のことも経験してみたい!」との思いから、スポーツと真逆のIT会社に就職。, Copyright c 2018 spozuba.com. ハンドタップの選定・通販ページ。ミスミ他、国内外3,324メーカー、2,070万点以上の商品を1個から送料無料で配送。豊富なcadデータ提供。ハンドタップを始め、fa・金型部品、工具・工場消耗品の通販ならmisumi-vona。 タップシュート . 教えてください!! excelを使ったアマゾン出品価格調整s/wアリウープ ... アリウープ. バスケには様々なシュートの打ち方があります。 その中でも、最も基本的なシュートと考えられているのがレイアップです。 漫画スラムダンクによって、庶民のシュートと広まりました。 レイアップシュート … 初めて金属加工に携わる新入社員さんなどは、このタップの違いに気付かないことも多いですが、私達は無意識に使い分けしています。 私が駒沢公園などでプレイしていた十数年前は、アメリカ人も日本人もアリウープとタップシュートは明確に分けて使用していましたが、 中学だとアリウープはやりませんが、まわりのひとはアリウープと言っています。 私はスラムダンクの中でアリウープと書いてあるのを見て覚えました。, Copyright ©2020 OKWAVE, Inc. All Rights Reserved. 2020 All Rights Reserved. どちらが正しいか、それともどちらでもいいのか スクープシュートとの違いは、スクープシュートがアンダーハンド(下手から)であるのに対して、フローターシュートはオーバーハンド(上手から)打つ点です。 ... タップシュート. NBAを観ていても、現地の実況でダンクしてないのに「alley-oop!」と言っていることは聞いたことありませんが、 この記事ではバスケのシュートの種類を初心者でも分かるようにイラストや動画付きで解説していきます!, コート上で3ポイントラインより内側から打つシュートは2ポイントシュートになります。, コート上で3ポイントラインより外側から打つシュートは3ポイントシュートになります。, シュートを打つ時にファールをもらうと、フリースローをもらえて誰にも邪魔をされずにシュートを打つことができます。, また、テクニカルファールのときや、チームファウルが5個を超えたときもフリースローがもらえます。, 3ポイントラインより内側でファールをもらうと「2本のフリースロー」を打つことができます。, なので、2ポイントシュートも決めて、1本のフリースローも決めると3点取ることができます。, 3ポイントラインより外側でファールをもらうと「3本のフリースロー」を打つことができます。, フリースローについては下の記事に詳しくまとめていますので、こちらを参考にしてください!, アウトサイドシュートは、一般的にスリーポイントライン付近からのシュートのことを言います!, 「あのチームはアウトサイドシュートが得意なチームだから、ディフェンスはしっかりプレッシャーをかけよう。」, ミドルレンジシュートは、ペイントエリアからスリーポイントラインの内側から打つシュートのことを言います。, 明確な距離とかが決まっていなのですが、だいたいそれくらいの距離から打つシュートのことです。, 「ゴール下シュートって簡単なんでしょ?」と思われがちですが、これが意外と難しいんですよ〜。, 接戦でのプレッシャー、相手ディフェンスからのプレッシャーなどで、NBA選手でも外すことがあります。, レイアップシュートは、バスケを始めた時に1番最初に教わると言ってもいいくらい超基本的なシュートです。, 基本中の基本ですが、試合中はディフェンスのブロックを避けながら打たなくてはいけないことが多いシュートでもあります。, レイアップシュートのコツや打ち方などについては、下の記事に詳しくまとめていますので、そちらをご覧ください!, 通常のレイアップシュートを右手で打つ場合は「右足→左足」とステップを踏んでから打ちます。, ですが、ワンステップレイアップは2歩目を踏まずに「右足→レイアップシュート」という流れで打つものです。, ほとんどのディフェンスは「2ステップ踏んでからレイアップを打つだろう」と思っているので、, ワンステップにすることでディフェンスのタイミングをずらせて、ブロックを回避できるというメリットがあります。, あと、速攻の時にディフェンスから追いつかれる前にレイアップを打ちたいときにも使えます。, 普通のレイアップよりは、試合で使う頻度が少ないですが習得しておいた方が良い技です。, ワンステップレイアップについても下の記事にまとめていますので、そちらを参考にしてください。, レイバックシュートは、普通のレイアップを打つ流れでゴールに近づき、そのままゴールを通過して裏側から後ろ向きに打つシュートです。, パスをキャッチするタイミングによってレイアップを打つのが難しい時や、普通にレイアップを打ってもブロックされそうな時などに使うことが多いかな。, これもレイアップと同じく基本の技なので、初心者にはレイアップの次に教えるシュートです。, リングの右側からレイバックを打つ時は右手になりますが、リーチバックでは左手で打つということです。, ちょっとわかりづらいとおもうので、レイバックとリーチバックの違いを分かりやすく解説してくれている動画を貼っておきますのでチェックしてみてください。, 強いていうなら、リングからけっこう離れたところで踏み切ってしまった時に打つことがあるって感じかな?, スクープシュートは、ブロックを避けるため、上に高くあげながら打つレイアップのことです。, ちなみに、私はバスケで全国ベスト8までいっていますが、このシュートを使いこなせる人をみたことがないですね。, NBAのスターであるステフィン・カリーという選手はこのシュートを使いこなしているんですよね〜。, カリーがやっていると、簡単そうに見えますが、実際にやってみると超難しいですからねw, スクープシュートが下から打つのに対して、フローターは上から打つという違いだけですね。, フィンガーロールは、ディフェンスにカットされないように、片手でボールを持ってレイアップを打つことです!, 例えば、ボールにこんな回転をかけなてレイアップを打った場合はフィンガーロールと言います。, 2 : ディフェンスにぶつかりながらレイアップに持ち込む!(これがパワーレイアップ!), そして、このシュートは決まったので、2点が入って、1本のフリースローをもらうことができました。, 逆に、上のシーンで体をぶつけにいかなかったら、ディフェンスにブロックされて終わりですね。, NBAの凄いダンクをまとめた動画を貼っておきますので、興味のある方はご覧くださいー!, 中でも「馬場雄大」という選手と「渡辺雄太」っていう選手のダンクはマジで凄いですよ。, ・NBA選手のアリウープやばすぎ…1人アリウープや超遠距離アリウープをまとめました!, あと、空中でパスをキャッチしたときに、ダンクができない距離だったり体勢だったりしたらタップシュートを打ちます。, バスケの神様と言われているマイケル・ジョーダンが初めてこのダンクをしてからレーンアップと呼ばれるようになりました!, まぁ、これについてはかなりの身長とジャンプ力がないとできないので、日本人には無理でしょうねw, だって、マイケル・ジョーダンって身長が198cmもあって、垂直跳びで1m22cmも飛ぶんですよ!, フックシュートは、ディフェンスにブロックされないように体の横から打つシュートのことを言います!, 基本的に、背が高くてセンターをやっている人が使うシュートだと思ってもらって大丈夫です。, で、フックシュートが得意な人は、試合中にこのシュートしか打たないくらいの頻度で使います。, どれくらいブロック不可能かというと、かつてカリーム・アブルジャバーというフックシュートを極めて選手がいたんです。, あのマイケル・ジョーダンよりも、コービー・ブライアントよりも、得点を取った人なんです。, 身長が218cmもあったので、フックシュートを打たれると誰もブロックできなかったんです。, 実際に彼のフックシュートをご覧ください。もはや「これ反則じゃね?」と思ってしまいますよw, さっきの動画でカリーム・アブルジャバーが打っているのが、ほぼスカイフックだと思ってもらって大丈夫です。, なんでかっていうと、2mを超える身長の人がスカイフックをすると、リングの上から投げ下ろされる感じになるから。, ベビーフックは、フックシュートやスカイフックよりも速いシュートモーションで打つことを言います!, ターンアラウンドシュートは、リングに背を向けた状態から振り返って打つシュートのことです。, 下がることでデフェンスとの間にスペースが生まれるので、ブロックを回避することができます。, アップアンドアンダーは、シュートフェイクをしてから1歩踏み込んで打つシュートのことです!, シュートフェイクがアップしているように見えて、1歩踏み込むのが下から(アンダー)行っているように見えるのでこう呼ばれています。, ギャロップステップシュートは1歩目で飛んで、大きく踏み込んでから両足で着地して打つシュートです!, 動画を用意したのでこれを見てください。このシュートをギャロップステップシュートと言います。, ユーロステップシュートは、簡単に言うと「3歩」歩いているように見えるシュートですw, ジャンプシュートは、ジャンプして最高到達点に達したときに打つシュートのことを言います。, ジャンピングシュートは、ジャンプしてから最高到達点に達する前に打つシュートのことを言います。, パスをもらった後に、ドリブルとかをしてしまうとミートシュートとは言わないので注意してください。, プルアップシュートは、ドリブルでリングに向かってから、ドリブルを止めて打つシュートのことを言います。, メリットとしては、ディフェンスはそのままリングに向かってくると思っているので、ブロックに飛ぶことができないことです。, ただ、前に進んでいる勢いを止めてからのシュートになるのでかなり難しいシュートではあります。, あと、ディフェンスにプルアップシュートを打つことがバレバレな場合はブロックされます。, 例えば、パスをもらってからシュートを打つふりをしてディフェンスが飛んだとしますよね。, ディフェンスとのスペースを作ることができるので、ブロックされずにシュートを打つことができるのがメリットです。, 下の記事にジョーダンやコービーのフェイダウェイを分解しながらコツを解説しているのでチェックしてみてください。, かなりかっこいいですが、滞空時間が長かったりボディバランスがよくないとできないシュートですね。, アービングのダブルクラッチ動画を貼っておきますので、参考にして練習してみてください!, クラッチシュートは、残り時間がわずかのときに、試合を決めるようなシュートのことを言います。, あと、そのようなプレッシャーのある場面で試合を決めるようなシュートが得意な選手のことを「クラッチシューター」と呼んでいます。, 他にも、レブロン・ジェームズとかカイリー・アービングとかもクラッチシューターと言われています。, ブザービーターは、試合終了やクォーター終了、24秒終了のブザーがなったと同時に入るシュートのことを言います。, 例えば、残り0.3秒でシュートを打った場合、ボールが空中にあるときにブザーがなったら、そのシュートが入るとカウントされます。, 3点プレイは、ファールをもらいながら2点シュートを決めて、その後のフリースローも決めることです。, 4点プレイは、ファールをもらいながら3点シュートを決めて、その後のフリースローも決めることです。, スプラッシュって「泥や水をはね散らすこと」って意味なんですけど、スウィッシュをするとネットがこのように跳ね返ります。, これが、水が弾けている様子(スプラッシュ)と似ているから、スプラッシュとも呼ばれています。, スリーポイントシューターは、シュートの中でも特にスリーポイントが得意であり、試合中に何本も打つ人のことを言います。, でも、ボールがリングに当たると24秒がリセットされて、もう1回24秒間オフェンスをすることができます。, 逆に、シュートを打ってもエアーボールしてしまった場合は24秒がリセットされません。, ショットクロックについては下の記事に詳しくまとめていますので、そちらをチェックしてください。, あとは、シュートを打つ前にファールがあったと審判が判断したときはノーカウントになります。, ゴールテンディングは、シュートが最高到達点に達して落下している時に、ディフェンスが空中でボールを触ることです。, これをしてしまうと、反則になってしまい、そのシュートが入ったこととしてカウントされます。, これはディフェンスがボールを触らなかったら、そのシュートが入っていたかもしれないですよね?, ダブルクラッチやループシュート、フローターなどはタフショットに分類されるシュートです。, トリプルスレッドは、「シュート」「パス」「ドリブル」の3つができる姿勢でボールを持つことを言います。, なので、小学生とかを指導する時に「ボールをもったらトリプルスレッドをしようね」と教える感じですかね。, 長年バスケをやっている人で、パスをキャッチする度にトリプルスレッドをする人はいませんw, 例えば、スリーポイントシューターだったら、この図の青い部分がシュートレンジになりますね。, スリーポイントが苦手な人で、ミドルシュートが得意な人だったら、これがシュートレンジになります。, スリーポイント・ミドルシュートが苦手な人で、レイアップやゴール下しか入らないなら、これがシュートレンジになります。, 最初のスリーポイントが打てる人に対しては「彼はシュートレンジが広い」と言ったりします。, 逆に、後のスリーポイントが苦手な2人に対しては「シュートレンジが狭い」と言います。, かなりの種類のシュート解説していきましたが、バスケをやりながら覚えていけば大丈夫ですよ!, メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。, 「スポーツ以外のことも経験してみたい!」との思いから、スポーツと真逆のIT会社に就職。, Copyright c 2018 spozuba.com.

.

ウィッチャー3 序盤 アビリティ 30, 海技士 口述試験 服装 6, マツコ会議 ゆうたろう 現在 9, 〆 書き方 封筒 40, ダブル アクション ウラタロスセリフ 11, ホットペッパービューティー 口コミ 返信ない 6, 青い鳥 合唱 指導 5, 三田線 混雑 時間帯 31, 約束 中国語 台湾 4, コロナ 就活 なんj 53, 2歳 新 馬 戦 2020 20, すとぷり 小説 シェアハウス 7, ヴィン ディーゼル 死亡 24, 容姿端麗 意味 使い方 4, リッキー 紅蘭 結婚 5, 人魚の眠る家 ラスト 更地 35, 鉄腕dash ジャニーズ 後輩 13, 泉里香 有吉 ファン 4, ポケモン Bw 15番道路 かい りき 4, マトリックス 意味 スピリチュアル 16, 海の声 楽譜 ウクレレ 7, ボルダリング 保持力 トレーニング 28, Hy Mステ 動画 20, 高校サッカー 歴代出場校 大阪 8, 大学 授業再開 いつ 4,