サラリーマンを経て2011年に独立。企業向けにWebマーケティングのお手伝いなど。 ということってありますよね。個人事業主(フリーランス)の場合[…], 確定申告が大好きなフリーランス。 1.1 業務で使っていることへの説明が必要; 1.2 スーツ代の経費計上は家事按分をすることが原則; 1.3 今後スーツ代も経費に認められる可能性も高くなると予想; 2 スーツ以外の身だしなみ関係の経費. だったんですが、青色申告を何度も経験するうちに大好きになりました。 税務署に聞いてみましたが、結論から申し上げますとスーツは経費になりません。(法人) ただこれは法人(私一人だけの会社ですが)についてですので、個人事業主などでは異なるかもしれません。 私は仕事上、白衣の下にスーツ(カッターシャツとズボン)を 面白いのは・・・ 普段スーツで仕事をしている個人事業主の方や中小企業の社長様から、「スーツ代は経費になりますか?」「制服は経費になるのにスーツが経費にならないのはおかしい!」という質問をよくいただきます。 実際に仕事に使っているものであれば、可能な限り経費として計上したいですよね。 「スーツの購入代は経費で落ちますか?」よく聞かれるこの質問。税理士でも経費で落ちるという人と経費で落ちないという人がいるようです。では、なぜ意見がわかれるのか?経費とするにはどうすべきかなどについて考えていきます。なぜ意見が分かれるのか?小林税理... 税理士の中には、スーツ代は必要経費にならなかったという過去の判例があることから必要経費で落ちないという意見もあります。, でもこの判例って、スーツ代を「家事費」だとは言ってなくて、「家事関連費」だと言ってるんですよね。, だとすれば、業務に必要な部分を合理的に区分できれば必要経費に算入できることになります。, あくまで私見ですが、家事関連費であるならば、そのスーツが業務に必要であって、必要な部分を合理的に区分できれば必要経費に算入できると考えます。, じゃあ、使用日数で按分したら使用日数5日のうち、業務で使用した日数5日だったら、全額必要経費になるんじゃないですか?, いいと思いますよ。だって、固定資産(例えばパソコン)なんかは、日数じゃなく「事業専用割合」で減価償却費を按分してるじゃないですか。, 逆に仕事では、毎日は使用しないが使用するときは長時間使用してて、全体の使用時間のうち95%が仕事、5%がプライベートの使用だったとして、数分にせよ毎日プライベートで使用してるからほとんど経費で落ちないとしたら納得できますか?, 確かに。使用という基準で考えたとき、業務でもプライベートでも使用していない日がある場合なんかに、単純に日数で按分したりするのはおかしいよな。, あと僕が、スーツ代が全額必要経費でもいいんじゃないかと思う理由としてH24に改正された特定支出控除の範囲が拡大され、衣服費も控除対象となったことです。, 特定支出控除の説明の前に、個人事業主(事業所得者)とサラリーマン(給与所得者)の所得計算の方法を確認してみます。, 専門書なんかでは、いろんな解釈がされていますが、一般的にはサラリーマンの概算経費というふうに考えてもらって構いません。, それで、上記のとおり給与所得控除は、給与の収入金額が決まれば金額が自動的に決まってしまいます。, ここでは特定支出控除について詳しく説明しませんが、特定支出控除の中に「衣服費」というのがあるんです。, 上記の留意点にあるようにスーツを着て仕事をするのが通常の職場であれば、スーツの購入代は被服費として給与所得者の経費として認められています。(勤務先の証明が必要), この被服費としてのスーツ代ですが、仮に休みの日にプライベートで着用したとしても、合理的に仕事部分とプライベート部分を按分するなどといったことは要求されていません。, 埼玉県出身、豊島区在住。個人の税理士事務所で約8年、大規模税理士法人で約12年勤務後、平成30年7月独立開業。クラウド会計ソフトfreeeと各種クラウドツールを活用して自由な働き方を支援します。freee認定の会計スペシャリスト・経理コンサルタント。, http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail5?id=18055, https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tebiki/2018/pdf/038.pdf. 仕事をする上で、身だしなみは非常に大切です。特にクライアントと接する仕事をしている場合は、スーツ代や散髪代など、事業に関わりそうな支出があるかもしれません。これらはどんな条件下で経費として認められるのでしょうか。, 個人事業主でも、クライアントと打ち合わせをしたり、会食をしたりする際にスーツを着用するもの。仕事でしかスーツを着ない人もいるかもしれません。では、スーツ代は経費になるのでしょうか?, 所得税法には、「家事上の経費及びこれに関連する経費で政令で定めるもの」は必要経費に算入しないとあります。「家事上の経費」とは、プライベートの生活費のこと。, 「これに関する経費」とは、「家事関連費(仕事とプライベート両方に関係がある経費)」のことで、スーツ代を含む衣服代はこれにあたるとされています。つまり、スーツ代は経費として計上できないということです。, ただし、国税庁のウェブサイト には「この家事関連費のうち必要経費になるのは、取引の記録などに基づいて、業務遂行上直接必要であったことが明らかに区分できる場合のその区分できる金額に限られます」ともあります。つまり、明らかに仕事をする上で必要だと証明できれば、経費として計上できる可能性があるのです。, 特定支出控除というのは、給与所得者にのみ認められている控除。会社員がある特定の支出をした際に、基準となる金額を超えた場合は必要経費として計上してもよいという制度です。ある特定の支出には、「通勤費」「転居費」「研修費」「資格取得費」「帰宅旅費」に加え、2013年以後は「図書費」「衣服費」「交際費」が該当するとされています。, つまり、給与所得者に限ってではあるものの、法律の改正によりスーツ代も経費として認められるようになったのです。, それまで、衣服代は家事関連費として経費計上が難しいとされてきました。その認識が変わったことにより、個人事業主の経費に対する税務署の見方も変わってくると推測できます。, では、実際に個人事業主はスーツ代を経費にできるのでしょうか? 税務署に問い合わせたところ、「本当に仕事で使っているということが証明できれば、全額は難しいが計上してもいいのでは」という回答が返ってきました。, 事業割合で按分をし、かつその仕事をする上でのスーツの重要性を主張できれば、スーツ代が経費として認められる可能性は高くなりそうです。, たとえば、週休2日制の仕事の場合、一週間(7日)のうち5日は仕事、2日はプライベートとなります。よって、仮に14万円のスーツを買ったとすると、7分の5の10万円は経費に計上できる可能性があるのです。, 身だしなみにまつわる家事関連費には、散髪代も含まれます。これは、経費になるのでしょうか?, その基準は、業務上で必要かどうか。たとえば、芸能人は見た目を整え、かっこよくまたはきれいに見られるほど人気が出て、収入が増えるかもしれません。見た目が重要な仕事なので、散髪代の経費性も認められやすいでしょう。, 一方、飲食店の経営者は経費性を主張しづらいでしょう。飲食店の経営者の収入につながるのは、見た目ではなく料理の味と考えるのが一般的だからです。, スーツ代を含む家事関連費は、明確な区分さえできれば経費計上が可能です。また、何が経費に含まれるかは業種によって異なります。ただし、何が経費として認められるかは税務署の判断によるところも大きいため、所轄の税務署に問い合わせるのがよいでしょう。. 面白いのは・・・ この家事関連費のうち必要経費になるのは、取引の記録などに基づいて、業務遂行上直接必要であったことが明らかに区分できる場合のその区分できる金額に限られます。, ようするに、業務とプライベートをまたがって使用するようなものの場合、きっちり区分できる場合のみ、その区分できる金額を経費にできる、ということです。, たとえば自宅兼事務所の場合は家事按分という仕組みを使い、「間取りに対して40%ほどのスペースを事業に使っている」というふうに明確に区分し、家賃のうち40%のみを経費計上できます。, スーツを事業経費に出来ない理由として、スーツは(事業内容に関係なく)趣味性が強いものであるという点があげられます。また、スーツを着て飲み会に参加したり、仕事以外のプライベートな行事(結婚式や子供の卒入学式など)に参加する場合もあるんじゃないの?という判断をされます。, と言い張れば、まあどうにかなるかもしれませんが、かなり不毛な戦いになるんじゃないかな〜と、個人的には感じています。, 平成24年の税制改正で「特定支出控除」の適用範囲が広がり、給与所得者に限り衣服代も経費として認められるようになりました。(そもそも僕はスーツを着ない仕事なので)当時のこと知りませんが、, という触れ込みで広まったそうです。しかし!実際は適応基準額が高すぎたり節税効果があんまりなかったりで、現実的ではない、という話も多いです。, この裏技(特定支出控除)は、この給与所得控除の金額の半分以上を使った時にはじめて使える制度です。例えば年収500万円の人なら、給与所得控除は154万円です。, という条件をクリアする必要があります。このあたり、医療費控除の10万円というハードルにちょっと似てます。では、年間で77万円以上、これを全部、スーツでクリアしようとしたらどうでしょうか?, スーツ代を経費にするのは難しいのですが、事業でしか使わない衣服であれば経費になります。, たとえば作業服や制服。飲食店を経営しているとして、調理場で着る制服や長靴、コック帽やエプロンなどは経費として計上可能です。この場合の勘定科目は「消耗品費」でOK。, 個人事業主のスーツ代を経費にする方法はあるのか、と言われれば「家事按分で事業用とプライベート用をきっちり分ければ経費になる…かも」ということです。残念ながら確実に経費に出来る方法はありません。, 個人的には、作業服や制服が経費OKでスーツがダメってなんだか釈然としませんが、趣味性などを考えるとたしかに嗜好品に近い部分もありますね。だって、数十万円のスーツをたくさん買う人もいるんですよね?僕はパーフェクトスーツファクトリーとか言う所で2万円くらいのスーツしか買ったことがないので、よくわからない世界です。笑, いずれにしても、僕のようなウェブ系のフリーランスでラフな格好だったり、ジャケパンスタイルで活動してるような人は衣服代を経費にすることは出来ないですね。, 個人事業主フリーランスの人で、事業に車を使っているという人もいると思います。その事業用の車でスピード違反や駐車違反をしてしまった場合、罰金は経費になる[…], The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 花ちゃん確定申告が大好きなフリー[…], 「夏に向け事務所や職場を快適にするため、扇風機(サーキュレーター)の購入したい!」 会社の経費に落とすことができます。 スーツについては仕事でしか着ない人が多いでしょう。 実質に仕事着であれば、経費で良さそうなものですが、 税務上の「制服」という考え方は厳格に定められています。 通常のスーツを社員や役員に支給すると、 スーツや冠婚葬祭費は給与所得控除という概算経費で 「サラリーマンは、スーツ代や冠婚葬祭費用は必要経費にならないのに、オーナー社長や自営業者であれば必要経費になる」みたいなことが言われますが、実際には、給与所得者には「給与所得控除」という”概算の必要経費控除”が認められています。 スーツ代は家事関連費. こんにちは!no-suと申します。薬剤師として調剤薬局、病院でそれぞれ勤務経験があります。病院で関わったNST(栄養サポートチーム)での活動を通して栄養の重要さを知り、その勉強を続けています。栄養の重要性を少しでも知ってもらえるよう、また興味のある人には少しでもお役に立てるよう私の知っていることを綴っていこうと思います。, 税務署に聞いてみましたが、結論から申し上げますとスーツは経費になりません。(法人), ただこれは法人(私一人だけの会社ですが)についてですので、個人事業主などでは異なるかもしれません。, 私は仕事上、白衣の下にスーツ(カッターシャツとズボン)を着ていたり、営業の際はスーツを着ています。仕事上必要だから当然経費だよね、そう思っておりイオンで安いスーツを買った後、一応ネットで調べてみました。, すると経費になる・ならない・こうすればなる等々色々書いてありよくわからなかったので実際に税務署に聞いてみることにしました。, 個人事業主であれば他のサイトなどで載っているように、スーツも業務上必要と判断されたかもしれません。, また、按分(平日仕事をしている分のみ経費として計上可能など)も可能かもしれません。, 今回、税務署には法人担当の方がでてくれたので、法人と個人事業主で判断が異なったかもしれませんのでご注意ください。, 今回は、「スーツ代は経費にならないようですよ」という情報と「税務署に直接聞いたら早くて正確なことを教えてもらえますよ」ということをお伝えしたかったです。, 私にとって税務署は普段関わることがないので、こんなことで電話して質問したら怒られるかなと思い恐る恐る電話しましたが、ちゃんと丁寧に対応してくださって嬉しかったです。ぜひ皆さんも分からないことがあれば直接聞いてみることをお勧めします。, 調剤薬局、病院での勤務経験を活かして少しでもお役に立てる情報を発信していければと思います。, 営業などの業務上スーツを着ないといけないんですが、スーツ代って経費にすることはできますか?, これは法人(私一人だけの会社ですが)についてですので、個人事業主などでは異なるかもしれません。. ついて生じた費用」という要件の解釈について、従来の判例・通説が示し (名城 '15) 64-4-65 論説 一般対応の必要経費該当性にかかる東京高裁 平成24年判決の意義とその射程範囲 伊川正樹 1 東京高判平成24年9月19日判時2170号20頁。 普段スーツで仕事をしている個人事業主の方や中小企業の社長様から、「スーツ代は経費になりますか?」「制服は経費になるのにスーツが経費にならないのはおかしい!」という質問をよくいただきます。 実際に仕事に使っているものであれば、可能な限り経費として計上したいですよね。 所得税決定処分取消請求事件 昭和49年5月30日  京都地方裁判所 http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail5?id=18055 (下の「全文」のPDFをクリックすると全文をダウンロードできます。)A 4で40枚ほどありますので、余程暇な方以外は読まないことをオススメします。, ・家事費・・・プライベートな費用なので必要経費にするのは100%ムリ。・家事関連費・・・プライベートと業務に必要な部分が混在しているから、一部は経費として認めてもいいような経費(例:自宅兼事務所の家賃や水道光熱費など), ・個人事業主(事業所得者)総収入金額-必要経費(実額の経費)=事業所得・サラリーマン(給与所得者)給与等収入金額-給与所得控除(収入に応じて自動確定)=給与所得金額, 今回の内容は、あくまでも私見であり法律の規定に基づくものではありません。ご参考程度にお願いします。, クラウド会計ソフトや各種クラウドツールを活用して、中小企業者や個人事業主の方とリアルタイムな情報共有や密なコミュニケーションを取りることで、高品質な税務・会計のサポートを行っています。. The following two tabs change content below. 目次. (経費として認められるか?)」について解説します。税務調査 スーツ代は経費にならないと指摘 スーツ代は、税務調査で調査官が必要経費として認められないとして指摘する定番のものです。「仕事では必ずスーツを着用しています。 MENU. 確定申告をする時、どれが経費になるのか悩みますね。今回は個人事業主(自営業フリーランス)の人が仕事用のスーツを買った場合、スーツ代は経費になるのかについてご紹介。フリーランスのスーツ代は経費になるんでしょうか? !経営Q&A|お問合せ|. ということは、スーツの判例を引用して「必要経費にならない」と解釈するのかといえば、そうではありません. 「スーツの購入代は経費で落ちますか?」よく聞かれるこの質問。税理士でも経費で落ちるという人と経費で落ちないという人がいるようです。では、なぜ意見がわかれるのか?経費とするにはどうすべきかなどについて考えてい ・過去にスーツが経費にならなかった判例があるから。・スーツはプライベートでも着られるから。  など, ・業務に必要で、仮にプライベートでも利用するにしても業務に必要な部分を合理的に区分していれば必要経費になる。・特定支出控除の改正で被服費も入ってきたから、経費にならないとおかしい。   など, ◆6 給与所得を有する者がその使用者から受ける金銭以外の物(経済的な利益を含む。) でその職務の性質上欠くことのできないものとして政令で定めるもの 以下、省略, 所得税法施行令第21条 (非課税とされる職務上必要な給付)   法第9条第1項第6号(非課税所得) に規定する政令で定めるものは、次に掲げるものとする。  ◆1 省略  ◆2 給与所得を有する者でその職務の性質上制服を着用すべき者がその使用者から支給される制服その他の身回品  ◆3 前号に規定する者がその使用者から同号に規定する制服その他の身回品の貸与を受けることによる利益  ◆4 省略, 所得税基本通達9-8(制服に準ずる事務服、作業服等)  専ら勤務場所のみにおいて着用する事務服、作業服等については、令第21条第2号及び第3号に規定する制服に準じて取り扱つて差し支えない。, ・勤務場所で職務を行う上で着用すること・プライベートでは使用しない又は着用出来ないものであること・原則、その職場の全員を支給対象とするものであること, 例)・会社の制服扱いにする。・会社の制服なので、社長以外の他の従業員にも制服を支給する。・会社の業務以外で利用しない又は出来ないための措置を施す。(会社で着替えるようにするなど)・さらに制服なので、そのスーツを着用していることで、その会社の従業員であることが判別できるようにする(同一デザインのスーツを毎日着用させるなど), クラウド会計ソフトや各種クラウドツールを活用して、中小企業者や個人事業主の方とリアルタイムな情報共有や密なコミュニケーションを取りることで、高品質な税務・会計のサポートを行っています。, 上記の規定は、会社がスーツを支給するのではなく、スーツ代を支給して、役員や従業員に自分の好きなスーツを購入させるといった場合には適用されず、スーツ代の支給を受けた人の給与所得となります。, 確かに、スーツ代支給して「好きなスーツ買ってきていいよ。」では、会社の事務服とは言い難いもんな。, 上記の法令や通達の取り扱いから検討するに、社長のスーツ代を会社の経費に落とそうと思ったら、, 埼玉県出身、豊島区在住。個人の税理士事務所で約8年、大規模税理士法人で約12年勤務後、平成30年7月独立開業。クラウド会計ソフトfreeeと各種クラウドツールを活用して自由な働き方を支援します。freee認定の会計スペシャリスト・経理コンサルタント。, https://www.nta.go.jp/law/shitsugi/gensen/03/27.htm. スゴイ確定申告.bizでは「フリーランス目線」を大切にわかりやすさを重視!, サラリーマンを経て2011年に独立。企業向けにWebマーケティングのお手伝いなど。. 個人事業の場合、高額な着物やドレスは事業使用割合で一部必要経費算入が認められる場合があるのです. 過去の判例から経費にならないという意見. 1 スーツ代を経費にする時に準備しておくこと|個人事業主の場合. また、祈祷料、宅配便代、電子機器代、事務用品代、カード年会費、スーツ代、作業着代、廃品処理代、備品代、自転車代、コンタクトレンズ代及びコンタクトレンズ購入に際しての診察代も、支出先が明らかであるものは必要経費に算入すべきである。 なお、その他の経費のうち、家族に対� 特定支出控除とは? 衣服費とは? ということは、スーツの判例を引用して「必要経費にならない」と解釈するのかといえば、そうではありません. 確定申告をするにあたり、どれが経費になってどれが経費にならないのか?っていうのは悩ましいポイント。今回は個人事業主(自営業フリーランス)の人が仕事用のスーツを買った場合、スーツ代は経費になるのかについて。確定申告の仕訳・勘定科目についても解説します。, 結論から言いますと、残念ながらスーツ代は経費として認められない可能性が非常に高い、と言われています。税理士の見解としても半数以上は「スーツ代は無理」と判断するそうです。(税務署の窓口で聞けばほぼ100%「無理です」と言われる), 個人の業務においては一つの支出が家事上と業務上の両方にかかわりがある費用(家事関連費といいます。)となるものがあります。 個人事業の場合、高額な着物やドレスは事業使用割合で一部必要経費算入が認められる場合があるのです. (例)交際費、接待費、地代、家賃、水道光熱費 仕事をする上で身だしなみは大切です。特にクライアントと接する仕事の場合は、スーツ代や散髪代など、事業に関わりそうな支出があるかもしれません。これらはどんな条件下で経費として認められるの …

.

グラブル 金剛晶 相場 34, ナンバーワン コピー機 評判 11, Fgo 抑止力 考察 30, Ricoh Sp3700 トナー交換 8, 大門未知子 倒れる 小説 15, Cod Mw 途中抜け ペナルティ 20, ウルトラマン 掛け声 素材 6, Tokyo Mx 受信レベル低下 2019 5, 鉋 裏すき 直し ルーター 15, Mac ゲーム 無料 オフライン 33, 弱虫ペダル キャラ 身長 5, エッセイ テーマ 書きやすい 7, ドクターx 2019 動画 9tsu 36, エンジン チェック ランプ 診断機 6, 春茶 グッズ パーカー 31, フッ素コート 水筒 茶渋 38, デリカ D:5 シフトパネル 13, Spoon 用語 幽霊 9, Bリーグ アリーナ ランキング 6, エレナ ディズニー Dvd 順番 7, 弔辞 紙 どこに売ってる 5, スーツ 視聴率 2話 13, 乃木坂46 選抜発表 動画 10, Pubg 射撃モード 設定 18, ツインソウル 前世 親子 39, Gpif 水野 テスラ 6,