三菱自動車のアクティブギアシリーズラインアップされているデリカd5。黒ベースにオレンジのアクセントがカッコいいデザインとなっています!このデリカd5アクティブギアの価格や仕様、装備について紹介していきます。また、アクティブギアの口コミや評判 ・本革巻きシフトノブ アクティブギアはオレンジアクセントを外装や内装に使った特別仕様車で、SUVやミニバンを中心に展開されています。最初に設定されたのはミニバンのデリカで、2017年末には軽自動車のekカスタムにも設定されました。, 三菱自動車が販売するアクティブギアシリーズは、オレンジアクセントが各所にちりばめられた特別仕様車で、2017年末の時点では5車種にラインナップしています。2017年4月にミニバンのデリカD5から設定され、アウトランダーやRVRなどSUVを中心に展開されています。, そこで、アクティブギアが設定されている5車種の搭載装備やボディカラー、価格帯などを紹介します。欲しい車種にアクティブギアは設定されているのか、欲しい装備を搭載しているのかチェックしてみましょう。, デリカD5には2017年4月の一部改良で設定されたアクティブギアシリーズの第1弾モデルで、ディーゼルモデルがベースになっています。, ボディカラーは「ダイヤモンドブラックマイカ」「ウォームホワイトパール」のモノトーン2種と「アイガーグレーメタリック・ダイヤモンドブラックマイカ」の2トーンが1種の全部で3パターン用意されています。, ・オレンジエクステリア 欲しい車に手が届かない。, 2018ビックマイナーチェンジ 新型デリカの外観はこうだ!仕様や価格、変更点まとめ, デリカD5 ディーゼルとガソリン買うならどっち?燃費や性能、価格や税金(維持費)を比較, 新型デリカD:5の最新情報 2018年12月にマイナーチェンジ!フルモデルチェンジは2020年以降か, フロントバンパープロテクター[アンダーカバー(ダイヤモンドブラックマイカ)一体型], アッパーグローブボックス [ピアノブラック、DELICA文字(オレンジ)+デリカD:5イラストデカール], 専用シート生地スエード調人工皮革※3[グランリュクス®](撥水機能付・オレンジステッチ), パワーウィンドウスイッチパネル (ピアノブラック、フロントシート/セカンドシート).

デリカ d:5(delica d:5、デリカ ディーファイブ)は、三菱自動車工業が製造・販売しているsuv・ミニバン型の乗用車である。 フロントエンジンの1boxミニバンの先駆けともなったデリカスペースギアの後継車であり、世界で唯一のオールラウンダーミニバンをコンセプトに開発されている。 昨年4月の発売以来人気の高い特別仕様車「アクティブギア」に加えて、アウトドアレジャーに最適な特別仕様車「ジャスバー」が、4月25日の一部改良とともに発表された。アウトドアユースにぴったりなオプションパッケージが魅力。 Copyright © 2017-2020 COBBY All Rights Reserved.

デリカd5の内装・外装のカラーバリエーションについて紹介していきます。色別のメリット・デメリットも紹介!「どんな色がラインアップされているのか知りたい!」「デリカd5を購入したいけど、どの色が良いか迷っている!」という方はぜひ読んでみてくだ デリカ D:5(DELICA D:5、デリカ ディーファイブ)は、三菱自動車工業が製造・販売しているSUV・ミニバン型の乗用車である。フロントエンジンの1BOXミニバンの先駆けともなったデリカスペースギアの後継車であり、世界で唯一のオールラウンダーミニバンをコンセプトに開発されている。, 生産は「パジェロの町」岐阜県加茂郡坂祝町にあるパジェロ製造が担当[1]しており、2019年現在、唯一の自社製デリカでもある。, ボディには、世界販売戦略シャシを用いて設計される三菱・GSプラットフォームの小型車版PMを用いた。, ただし、本車種では、オフロードを走行できるRVとしての剛性を得るため、同プラットフォームに、リブボーンフレーム(ほ乳類の肋骨のように、ボディフレームの結合部の断面を確保することによって生まれた、環状型の骨格構造)と、アンダーボディに大型のクロスメンバー(剛性補強部品)と、低床設計を採用した。, 2007年度の自動車アセスメントの衝突安全性能試験総合評価は最高6スター(★★★★★★)を獲得した。, 当初は、4WDのみの設定で4B12型 直列4気筒DOHC16バルブ(MIVEC) 2,359cc(170馬力)が搭載された。その後、2WD(FF)モデルにはエンジンには4B12型が搭載されていたが、マイナーチェンジで燃費性能に優れた4B11型 直列4気筒DOHC16バルブ(MIVEC) 1,998cc(150馬力)が搭載された。後にさらに燃費性能に優れた4J11型 直列4気筒SOHC16バルブ 1,998cc(150馬力)へ変更された。, 2012年12月26日に 歴代のスターワゴンやスペースギアのディーゼルファンの要望に応える形で、4WD車にミニバン初のクリーンディーゼルエンジン 4N14型 直列4気筒DOHC16バルブICターボコモンレールDI-D 2,267cc(148馬力)を追加した。トランスミッションはINVECS-II 6速スポーツモード付A/T。2019年2月15日に発売された改良モデルではトランスミッションが8速スポーツモードA/Tとなった。, サスペンションは、フロントに マクファーソンストラット式 リヤには、トレーリングアーム式マルチリンクを採用されている。先代 デリカよりもトレッドを拡大することにより、操縦安定性と乗り心地・旋回性能が向上した。, 従来のパジェロベースのデリカではなく、アウトランダーをベースとしていることから、同様の電子制御4WDを採用している。燃費のよい「2WD」、路面状況や走行条件に応じて、前後に駆動力を適切に配分する「4WDオート」、高い走破性が得られる「4WDロック」の3つを、ダイヤル式のドライブモードセレクターを採用し、走行中でも切り替えることができる。しかし機械式のローギア(トランスファ)を備えた歴代デリカから比べると、極悪路の走破性・脱出性には劣る。, ディーゼルエンジン搭載のシャモニーは、先代であるスペースギアでディーゼル車が廃止になった2002年以来12年ぶりの復活である。, 「CHAMONIX」と同様に、デリカシリーズ伝統の特別仕様車であったが、スペースギア時代の1998年6月以来設定がなかった。そのため、「JASPER」が設定されるのは約20年ぶりとなる。, http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/products/2012/news/detail4638.html, http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/products/2014/news/detail4744.html, http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/products/2014/news/detail4780.html, http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/products/2014/news/detail4803.html, http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/products/2014/news/detail4850.html, “ミニバン『デリカD:5』を一部改良し「ROADEST」にクリーンディーゼル搭載車を追加 冬の特別仕様車「CHAMONIX」を同時に発売”, http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/products/2015/news/detail4938.html, “『デリカD:5』の特別仕様車「ROADEST ROYAL TOURING」と「CHAMONIX」を発売”, http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/products/2016/news/detail5014.html, “ミニバン『デリカD:5』を一部改良 同時に特別仕様車「ACTIVE GEAR」を設定して発売”, http://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2017/detail5070.html, http://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2017/detail5132.html, “ミニバン『デリカD:5』を一部改良 同時に特別仕様車「JASPER」「ACTIVE GEAR」を設定して発売”, https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2018/detail5197.html, “オールラウンドミニバン 新型『デリカD:5』を東京オートサロン2019に参考出品 また、本日より予約注文を受付開始”, https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2018/detail5257.html, https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5280.html, “オールラウンドミニバン 新型『デリカD:5』に福祉車両「サイドムービングシート仕様車」を設定”, https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5320.html, “ジャパンラグビー トップリーグ「三菱重工相模原ダイナボアーズ」のサポートカーとして『デリカD:5』を提供”, https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5330.html, “オールラウンドミニバン『デリカD:5』と、軽ハイトワゴン『eKクロス』『eKワゴン』が「2019年度グッドデザイン賞」を受賞”, https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5369.html, “三菱自動車、ラグビーニュージーランド代表チーム公認の特別仕様車「ALL BLACKS Edition」を発売”, https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5375.html, https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5386.html, “オールラウンドミニバン『デリカD:5』のアウトドアを楽しむ特別仕様車「JASPER(ジャスパー)」を発売”, https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2020/detail5428.html, デリカD:5|乗用車|カーラインアップ|MITSUBISHI MOTORS JAPAN, STANDARD|デリカD:5|乗用車|カーラインアップ|MITSUBISHI MOTORS JAPAN, URBAN GEAR|デリカD:5|乗用車|カーラインアップ|MITSUBISHI MOTORS JAPAN, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=三菱・デリカD:5&oldid=77228759, 特別仕様車「CHAMONIX」で採用されていた2列目キャプテンシートの7人乗り仕様を一部グレードに標準設定するほか、同じく「CHAMONIX」で採用されていた電動パワーシートやシートヒーターも一部グレードにオプションとして追加設定された。さらに、助手席電動スライドドアを装備した「M-Power package」を追加。また、「ROADEST」には4WD車に「カスタマイズパッケージB」を追加。, 今回は「G-Navi package」をベースに、「CHAMONIX」の専用装備やMMCS(, 2WD車の「C2 G-Power package」をベースに、装備を厳選しながらも7インチワイドディスプレイ, 「G-Power package」をベースにした特別仕様車「EXCEED II」を発売。, 同年2月に発売された「EXCEED」のバージョンアップ仕様で、今回は4WD車も設定される。「EXCEED II」の4WD車は2WD車と同等の特別装備と厳選装備に加え、16インチタイヤと, 「M」に助手席側電動スライドドアとキーレスオペレーションシステムを追加し、視認性に優れたシンプルなメーターに変更。「G-Power Package」に運転席側電動スライドドアを装備した。また、「G-Premium」に標準装備されているMMCSには地上デジタルテレビチューナーと外部機器を操作できるリンクシステムを追加し、サイドアンダーミラーを廃止した(MMCSは「G-Power Package」にもメーカーオプションで装備可能。また、マルチアラウンドモニター装着時にはサイドアンダーミラーが省かれる)。さらに、, スタンダードグレードの「M」をベースに、「ROADEST」の専用パーツを装着した特別仕様車「ROADEST Limited Edition」を発表(7月15日販売開始)。, 今回は木目調の採用範囲を広げ、センターコンソールリッドとパワーウィンドウスイッチパネルにも採用。さらに、7インチワイドディスプレイHDDナビゲーション(MMCS)を標準装備した。ボディカラーはオプションカラーのウォームホワイトパール/クールシルバーメタリック、クールシルバーメタリック/ミディアムグレーマイカ、ブラックマイカの3色(うち2色は2トーンカラー)を設定する。, クリーンディーゼルエンジン車の最上級グレード「D-Premium」をベースに、外観にクロムメッキのフロントグリルとスパッタリング(メッキ)仕様の18インチアルミホイールを、内装にはベージュの本革シート(運転席パワーシート・運転席/助手席シートヒーター付)、本木目&本革巻ステアリングホイール、木目調パネル(インパネセンター、フロアコンソールリッド、アッパーグローブボックス、パワーウィンドウスイッチ)、リラックスルームイルミネーション(ホワイト天井照明)を採用することで上質感ある内外装とした。また、ベースグレードではメーカーオプション設定となっている後席9インチワイド液晶ディスプレイ(リモコン付)+音声・映像入力, ガソリン車のベーシックグレード「M」をベースに、ステアリング・ホイールとシフトレバーに本革巻を、インパネセンター、アッパーグローブボックス、フロアコンソールリッド、パワーウインドウスイッチに木目調パネルを採用して上質感あるインテリアに仕上げるとともに、5本スポークタイプのアルミホイールと, クリーンディーゼル車はエンジン制御の改良を行うことで発進加速性能やアクセルレスポンスを向上。, センターパネルの色をピアノブラックに変更。「ROADEST」系グレードはアッパーグローブボックスもピアノブラックに変更した。, 「M」と「ROADEST」系グレードを除く全グレードに、本木目&本革巻ステアリング・ホイールや木目調パネル(インパネセンター、アッパーグローブボックス、フロアコンソールリッド、パワーウィンドウスイッチ)によりインテリアの高級感を高める「ラグジュアリーパッケージC」をメーカーオプション設定に追加。, Premium系グレード(「G-Premium」・「D-Premium」)に標準装備されていたエレクトリックテールゲートをPower package系グレード(「G-Power package」・「D-Power package」にメーカーオプション設定した(10月中旬生産分より対応)。, 特別仕様車「CHAMONIX」の第6期モデルを発表(2015年2月16日販売開始), ベースグレードをクリーンディーゼル車の「D-Power package(8人乗り仕様)」に変更し, 一部改良並びに特別仕様車「CHAMONIX」の第7期モデルを発表(12月17日販売開始), 電動スライドドアにワンタッチ開閉スイッチを採用。また、カスタムモデル「ROADEST」にはクリーンディーゼル車の「ROADEST D-Power package(4WD車のみの設定)」を追加した(なお、「ROADEST D-Power package」の追加に伴い、「ROADEST G-Premium」は廃止となった)。, 特別仕様車「CHAMONIX」は2014年12月発売の第6期モデルと装備内容に大きな変更は無いが、第6期モデルでは標準装備だった7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーションMMCSの設定が見直され、装着有無の選択が可能となった。, 燃費の偽装があり実際よりも良い数値を届け出していた旨を発表。これにより、当分の間、製造および販売を停止。同時にホームページも一時閉鎖。, 現行モデル(2015年11月一部改良モデル)において燃費の修正を行った。これにより燃費基準ラベルも変更となり、ディーゼル車は「平成27年度燃費基準+10%」達成に、ガソリン2WD車は「平成27年度燃費基準+5%」達成に、ガソリン4WD車は平成27年度燃費基準未達成(燃費基準ラベルなし)となった。, 特別仕様車「CHAMONIX」の第8期モデル及び「ROADEST ROYAL TOURING」を発表(「ROADEST ROYAL TOURING」は同日より販売開始、「CHAMONIX」は11月10日販売開始), 「ROADEST ROYAL TOURING」は「ROADEST D-Power package」をベースに、外観はアルミホイールはベース車にメーカーオプション設定されているスパッタリング仕様を標準装備。内装は、セカンドシートをキャプテンシートに変更してベース車の8名乗車から7名乗車とした上で本革シートを採用。運転席と助手席にシートヒーターを装備し、更に運転席にはパワーシート(スライド、リクライニング、ハイト、チルト)も装備した。また、7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーション「MMCS」、後席9インチワイド液晶ディスプレイ(リモコン付き)+音声・映像入力, 「CHAMONIX」の第8期モデルは、ホワイト天井照明を変更し、第7期モデルのリラックスルームイルミネーションをルーフビームガーニッシュに変更。そのほかの特別装備内容やボディカラーは第7期モデルと同一である。, 一部改良及び特別仕様車「ACTIVE GEAR」を発表(一部改良モデルは同日より販売開始、「ACTIVE GEAR」は4月27日販売開始), 従来は「G-Premium」、「D-Premium」に標準装備されていたACパワーサプライ(AC100V)を「M」を除く全グレードに拡大して標準装備。, ボディカラーはシルバー系カラーにおいて、「クールシルバーメタリック」と入れ替えで新色の「スターリングシルバーメタリック」を設定した。, 特別仕様車「ACTIVE GEAR」は、「D-Power package」の7人乗り仕様をベースに、外観はフォグランプベゼルとウィンカー付電動格納式リモコンドアミラーをオレンジに、フロントグリルと前後バンパーアンダーカバーをダイヤモンドブラックマイカ、18インチアルミホイールをブラックとし、サイドには専用ピンストライプとイラストデカールを、テールゲートには専用デカールをそれぞれ装着した。ボディカラーはモノトーン色は「ダイヤモンドブラックマイカ」のみ、2トーンは「アイガーグレーメタリック/ダイヤモンドブラックマイカ」と本仕様車限定の「ウォームホワイトパール/ダイヤモンドブラックマイカ(オプションカラー)」の3色展開とした。内装は専用シート生地として座面と背もたれにスエード調人工皮革を採用し、オレンジ色のステッチを施したボーダーキルティングを立体的に処理したほか、アッパーグローブボックスはピアノブラックにオレンジの「DELICA」の文字及び「デリカD:5」のイラストデカールを配し、パネル類(インパネセンター・シフトインジケーター・パワーウィンドウスイッチ)や本革巻ステアリングホイールなどにピアノブラック塗装やオレンジのアクセントを施した。また、ディーラーオプションとして、専用パーツで構成された「ACTIVE GEAR コンプリートパッケージ」を設定した。, なお、2016年10月発売の特別仕様車「ROADEST ROYAL TOURING」はベースグレードと同様の改良を受けて継続販売される。, 外観は第8期モデルのウインカー付電動格納式リモコンドアミラー、アウタードアハンドルに加えてフォグランプベゼルにもメッキが施され、クリアタイプのメッキリアガーニッシュも装備。18インチアルミホイールにはダーククローム調塗装が施された。ボディカラーはモノトーンは第8期モデルと同じだが、2トーンは「ウォームホワイトパール/スターリングシルバーメタリック」のみとなった。, 内装はシート生地を撥水機能付の専用スエード調人工皮革に変え、シルバーステッチも施されたほか、アッパーグローブボックスとパワーウインドウスイッチのパネルを第8期モデルの木目調からピアノブラックに変え、新たに、アルミペダル(アクセル、ブレーキ)とルームマップランプ(フロント、大型)を装備した。, 機能面では運転席をパワーシート(スライド、リクライニング、ハイト、チルト)に変更した。, また、第9期モデルはデリカD:5の発売10周年記念車を兼ねるため、ボディサイドに「10th Anniversary」ピンストライプ&デカール(メッキ調)を装着、内装のセンターパネル部に「10th Anniversary」ロゴを配した。, フロントフェイスが変更され、フロントバンパープロテクター(アンダーカバー一体型)が新たに採用された。なお、今回の改良に伴う車両本体価格の変更はない。本改良に伴いローデストは廃止。, 「JASPER」は「D-Power package」の8人乗り仕様をベースに、外観はテールゲートに「JASPER」デカール、ボディサイドに山並みや鹿が描かれたサイドストラップ&デカールが装着されたほか、フォグランプベゼル・ウインカー付電動格納式リモコンドアミラー・アウタードアハンドルをメッキに、18インチアルミホイールをダーククローム調塗装にそれぞれ変更された。内装はシート生地に撥水加工付の専用スエード調人工皮革(ブラウン&シルバーステッチ)を採用。アッパーグローブボックスとパワーウィンドウスイッチパネルがピアノブラックに変更され、アッパーグローブボックスにはサイドデカールと同デザインのイラストデカールも施された。装備面では運転席をパワーシート(スライド、リクライニング、ハイト、チルト)に変更され、7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーション(MMCS)の選択を可能にした。さらに、カーゴフェンスやシートバンジーコードなどの専用パーツを組み合わせた「JASPER コンプリートパッケージ」をディーラーオプションに設定した。ボディカラーは今回の一部改良に伴い標準車への設定が廃止され本仕様車専用色に変更された「ディープシーグリーンマイカ/アイガーグレーメタリック」をはじめ、「アイガーグレーメタリック/ダイヤモンドブラックマイカ」、「ウォームホワイトパール/スターリングシルバーメタリック」の2トーンカラー3色を設定した。, 特別仕様車「ACTIVE GEAR」は、ベース車同様にフロントバンパープロテクター(アンダーカーバー一体型)が採用されたことに伴い、ディーラーオプションの「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」において、フロントバンパープロテクター(ダイヤモンドブラックマイカ、オレンジの「DELICA」ロゴ入り)をフロントバンパープロテクターデカール(「DELICA」ロゴ、オレンジ)に変更。専用シート生地スエード調人工皮革(座面・背もたれ面)に撥水機能が追加された。, 2018年度中に新型モデルの発売計画を発表し、同日より予約注文の受付を開始。また、東京オートサロン2019へ参考出品することも発表された, 新型はディーゼルモデルのみの設定となり、従来型の上級グレードに相当するモデルのみに体型を絞った。内外装の豪奢化と併せ、従来のミドルクラスとラージクラスの中間に位置するポジションから、ラージクラスに照準を合わせた。, 外観にはフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」が採用され、ヘッドライトは縦型形状のLEDマルチとなり、LEDポジションランプも搭載。リアコンビネーションランプはリアゲートガーニッシュとの連続性を持たせ、テールランプを外側まで光らせるデザインに変更された。, ボディカラーはモノトーンは黒系を「ダイヤモンドブラックマイカ」から「ブラックマイカ」に差し替え、新規開発色となる「エメラルドブラックパール(オプションカラー)」を設定する替わりに「アイガーグレーメタリック」を廃止(2トーン専用色へ移行)。2トーンはモノトーンの変更に伴い「アイガーグレーメタリック/ダイヤモンドブラックマイカ」を「アイガーグレーメタリック×ブラックマイカ」に差し替え、「エメラルドブラックパール×アイガーグレーメタリック」を追加して5色に拡大された。, 内装はインストルメントパネルのデザインが一新され、水平基調をベースにサバ杢(原木が二又に分かれるサバ部分)柄の立体木目を採用。シート生地はエンボスを施した, 2.2Lディーゼルエンジンは型式は「4N14型」と変更はないが、コンロッドやピストンなどを新設計し、三菱車では初となる, 新たに設定された「URBAN GEAR(アーバンギア)」は外観に専用のフロントメッキグリルやフロントバンパーを採用するとともに、リアバンパーは, グレード体系が刷新され、「M」・「G」・「G-Power Package」・「P」の4グレードに拡大。「URBAN GEAR」は「G」と「G-Power Package」の2グレードを設定。, なお、新型モデルに移行したのはディーゼル車のみ(大幅なマイナーチェンジの扱いとなるため、車両型式は従来通りCV1W型)で、ガソリン車については、装備内容が見直され、グレード体系を「M-Limited Package」と「G-Limited Package」の2グレードに整理された上で継続販売される。また、新型モデルに関してはWLTCモード走行による排出ガス並びに燃料消費率に対応している。, 福祉車両「ハーティーラン」の新車種として、「サイドムービングシート仕様車」が設定され、発売された, 2列目の左シートが電動で車いすの座面と同じ高さまで回転・スライドダウンする構造となっており、前後シートスライドとリクライニングも電動で操作可能としたほか、シート組み込み式の, 「G」と「G-Power Package」に設定されており、車両本体価格や架装費用が, 「G-Power Package」の8人乗り仕様/ブラック内装/ボディカラー:ブラックマイカをベースに、フロントグリル・スキッドプレート(フロント/リア)・フォグランプベゼル・ポジションランプガーニッシュをボディカラーと同じブラックマイカとした。, 本仕様車専用のパッケージオプションとして、チーム名のロゴマークとシルバーファーンの, 300台の限定販売で、「ALL BLACKS Complete Package」は300セット限定となる。, 予防安全技術「e-Assist」が機能強化され、誤発進抑制機能(前進時)を追加。また、「G」・「M」を除くグレードには助手席側のフロントドアやスライドドアと連動して自動で展開・収納する電動サイドステップ(LEDステップ照明付)が標準装備された。, 「URBAN GEAR」には、既存の「G-Power Package」の装備内容に加え、BSW/LCAとRCTAを追加し、さらに、自動防眩ルームミラー(マルチアラウンドモニター付)も標準装備した最上級グレード「P Edition」が新たに設定された。, なお、「ALL BLACKS Complete Package」は2020年4月時点でもまだ完売しておらず、誤発進抑制機能(前進時)と電動サイドステップ(LEDステップ照明付)の標準装備化を反映しないまま継続生産されている。, 第1期モデル(2018年4月発表)からの変更点として、ベースグレードが「G」に変更され、外観はフロントグリルとポジションランプガーニッシュにアイガーグレーメタリック塗装を採用。内装はシート生地(, 専用ディーラーオプションパッケージ「JASPER コンプリートパッケージ」は第1期モデルに続いて設定されており、レッドのマッドフラップは「JASPER」ロゴ入りメタルプレートを追加、フロアマットはカラーをブラック×ダークブラウン、「JASPER」ロゴはメタルエンブレムにそれぞれ変更され、吸・遮音機能を追加。フロントバンパープロテクターデカールとシートバンジーコードを廃止する替わりにエンジンフードエンブレム(マットグレー)を追加した4点となった。, ボディカラーは第1期モデル同様に2トーンカラーの設定となるが、第1期モデルから引き続き設定される「アイガーグレーメタリック/ダイヤモンドブラックマイカ」に加え、歴代「JASPER」のテーマカラーであるグリーンを踏襲した「エメラルドブラックパール/アイガーグレーメタリック(有料色)」、新設定となる「ウォームホワイトパール/アイガーグレーメタリック(有料色)」となった。, 車内のスイッチでFF(前輪駆動)/4WD-AUTO(四輪駆動)/4WD-LOCK(四輪駆動センターデフロック)の切り替えが可能な電子制御4WDは, 「デリカ」は荷物を運ぶ車(=Delivery Car)の略で、当代はその「デリカ(, なお、2WD(FF)モデルの「C2」とは“Casual 2WD”の略でより身近で使い勝手の良い2WDという意味を込めており、.

.

イノシシ 止め刺し 槍 11, 私のおじさん 韓国 キャスト 4, ベビメタ ボーカル ブチ切れ 13, スプレッドシート タスク管理 アドオン 14, ゲド戦記 アレン 強い 10, Juliet ユミ 整形 45, マイクラ 統合版 パーティクルコマンド 41, レベッカ メンバー 現在 23, ハルカミライ 歌詞 みどり 4, キンプリ 雑誌 売り切れ 7, 韓国ドラマ ヘチ の キャスト 4, フクロウ カラス いじめ 17, 新サクラ大戦 アニメ つまらない 11, 重岡 大 毅 腹痛 小説 30, ポケモンgo スイッチ 接続できない アンドロイド 43, インスタ グラマー Lim 28, 二ノ国 ヨキ 正体 7, 日野 駅 事件 6, Lgbt 企業 求人 8, 雨樋 計算 エクセル 8, ウォーグル 育成論 ダブル 9, 影山 山口 会話 4, 紀里谷 和 明 ミニマ リスト 服 33, モンスト 魂の紋章 おすすめ 13, Ipad Mini 4 マイク位置 21, 三島 うなぎ 団体 5, ジャニーズ ペンライト 電池交換 ドライバー 13, Ecosystem 後藤 病気 17, 目黒蓮 壁紙 高画質 6, 加地亮 嫁 カフェ 14, U14 北海道選抜 野球 38, 半沢直樹 花 原作 18, カイリュー 色違い レイド 41, エースコンバット 4 機体 7, 野田 ゼミ 料金 7, 水戸黄門 16部 31話 4, 東西南北 英語 記号 9, シャチに 食い殺される 少年 21, ラファモ もも 痩せた 11, 今日から俺はアニメ 全話 動画 7, 歌い手 みーちゃん 深澤翠 19, アルファード 20系 純正ナビ 更新 14, クリープハイプ ベース かっこいい曲 27, メンバー 不 和 とは 4, 女子 高校生 ミスコン 栃木 10, ニュース番組 芸人 いらない 6, Sbi証券 Cm 女優 15, ゲーム配信 Pc やり方 22, 市立 西宮高校 生徒数 7, リアム ノエル 違い 13, 高橋克典 津川雅彦 親戚 5, ボルダリング 保持力 トレーニング 28, レベッカ トーマス 声優 5, ヒロアカ 爆豪 人気 なぜ 54, デュエマ 殿堂解除 一覧 24, 日弁連 副会長 歴代 42, 車 中泊 天井収納 4, オードリーヘップバーン 名言 短文 4, 蒙古斑 消えない スピリチュアル 55, 注力 類語 ビジネス 14, 遠藤 コロコロpk 海外の反応 7, テレワーク 自宅 集中できない 4, 彼氏 キス した ことない 4, マツダ3 ドライブレコーダー 純正 7, ハリー王子 メーガン 離婚 49, 運動後 食事 太る 7, 琵琶湖ホテル 朝食 ブログ 9, ドラクエ2 大灯台 落ちる 7, 宙船 歌詞 解釈 7, レミゼラブル 子役 オーディション 2021 5, Az ガンダム 塗装 4, サクラダ リセット 大コケ 8, 宝塚音楽学校 受験 ドキュメンタリー 5, 折式 奥二重 できない 5, ウイイレ ワンパ Cf 13, Ffmpeg 画像 音声 結合 15, 真 女神転生デビルサマナー Map 6, 画像データ量 計算 モノクロ 27, 弘中 若林 いじり 5, ホリック 実写 ひどい 7, ピロリン酸 シンチ アミロイドーシス 5, 銀 狼 映画 5, サン テレビ 韓国ドラマ 10, Ark 移動速度 150 28,