1 ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth

4 《強迫/Duress》

60 Cards, サイドボード(15) 4 《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》 ラヴニカのギルド プレビュー1日目、突然の衰微を彷彿とさせる新カード、《暗殺者の戦利品/Assassin’s Trophy》がお披露目されました。, 《暗殺者の戦利品/Assassin’s Trophy》 (黒)(緑)

4 新緑の地下墓地/Verdant Catacombs 4 廃墟の地/Field of Ruin 4 不屈の追跡者/Tireless Tracker, ソーサリー(9) 4 《ハシェプのオアシス/Hashep Oasis》 3 《蔦草牝馬/Vine Mare》 3 《顕在的防御/Blossoming Defense》

4 《茨の副官/Thorn Lieutenant》 4 花盛りの湿地/Blooming Marsh 4 《森林の墓地/Woodland Cemetery》, ●15 Sideboard 流刑への道と名誉回復を足して2で割ったらなぜか白黒ではなく緑黒になって突然の衰微の亜種みたいなカードが出来ました。 一番近い突然の衰微と比較すると以下の通りになります。 突然の衰微と暗殺者の戦利品にはどちらもメリットデメリットがあるので、それらを天秤にかけて最終的にどちらを取 … 4 致命的な一押し/Fatal Push, 土地(25)

3 コジレックの審問/Inquisition of Kozilek 1 最後の希望、リリアナ/Liliana, the Last Hope, クリーチャー (13) 1 《英雄的介入/Heroic Intervention》 2 減衰球/Damping Sphere 1 自然のままに/Natural State 2 《ビビアン・リード/Vivien Reid》, とりあえず、これ以外の緑と黒の他のカードがよっっっぽど弱いという事態でも起きない限り、今後2年間はずっと使われ続けるでしょう。, 次期環境は今でさえブイブイに言わせているドミナリアの英雄、テフェリーをどうするか?という問題が出てきます。暗殺者の戦利品はそれに対する強烈な回答となりそうです。, 暗殺者の戦利品は言うまでもなく、ジャンドを始めとした緑黒デッキの救世主になる可能性が高いと思います。(当たり前ですけど), モダンはレガシーと違って不毛の大地がありません。そのため土地コンボのトロンが常にトップメタに居座っているせいで土地対策が欠かせません。, モダンのジャンドは全方位デッキとしての丸さが魅力で、大体のマッチで五分五分の良いゲームができます。ところが唯一土地だけは触るのが苦手で、トロンには苦戦を強いられてきました。, そのため土地コンボに腐りやすい突然の衰微が逆に土地コンボに有用な暗殺者の戦利品に置き換えられるとなれば、ジャンドのトロンに対する相性が劇的に変わるかもしれません。, ここ最近でも減衰球という強烈なトロン対策が刷られたばかりですが、あれは結局のところサイドカードでしかないため4積は無理でした。(設置できると超強かったですけど。), しかしメインから突っ込める対策カードとなると、意味合いが全く異なります。レガシーで死儀礼のシャーマンがドレッジとリアニメイトを隅に追いやったのと同じように、トロンとジャンドの相性差は今後はかなり変わってくるのではないかと思います。, これ以外にも暗殺者の戦利品は青白が使うジェイスとテフェリーを除去して主導権を握らせないようにしたり、血編み鬣のエルフのハズレ確率を減らしたり、様々な場面で活躍することが予想されます。, 仮に暗殺者の戦利品の対象範囲が4マナ以下とかであればまだ突然の衰微を使う理由もありました。しかし範囲指定無しの万能除去となると、土地を1枚差し出すデメリットも全然許容できるのではないでしょうか。, そのため現在モダンに存在する突然の衰微はラヴニカのギルド以降、ほぼ全て暗殺者の戦利品に入れ替えられてもおかしくはないと思います。, レガシーには不毛の大地が存在するので環境の主要デッキにトロンのような土地コンボがありません。, また、レガシーはカウンターが強く、モダンよりも低マナ圏のパーマネントで勝負するゲームが多いので、突然の衰微の方が環境的にはマッチしているようにも見えます。, 突然の衰微を暗殺者の戦利品に置き換えたせいで秘密を掘り下げる者や若き紅蓮術師に打った暗殺者の戦利品がカウンターされて負け―、みたいなゲームは十分あり得るでしょう。, 確かに相殺独楽全盛期やグリデル全盛期の環境だったら「打ち消されない」ことの価値が非常に大きかったのでその当時に暗殺者の戦利品があったとしても突然の衰微が優先された可能性はあったと思います。, それに近年は4マナ以上の強力なパーマネントも多数活躍しているため、暗殺者の戦利品の受けの広さにもかなりの魅力を感じます。精神を刻む者ジェイス、グルマグのアンコウ、騙し打ちを壊せる突然の衰微!って書くとなんだかとっても強そうに見えてきます。, ここから、モダンと同じようにレガシーでも突然の衰微はほとんどが暗殺者の戦利品に置き換わるのではないかと個人的には思います。(例えば、今まで突然の衰微2枚、大渦の脈動1枚だったデッキが、暗殺者の戦利品3枚、突然の衰微1枚みたいになる可能性は十分あると思います。), ただし、死儀礼のシャーマンが禁止になって以降、緑黒ベースのデッキは下火なので暗殺者の戦利品もそこらじゅうで頻繁に見るってことはなさそうです。, また、暗殺者の戦利品がどれだけ優秀なカードであっても単なる2マナ除去でしかありません。これを得たからといってレガシーの緑黒系デッキが劇的に強化され一躍トップメタに躍り出る・・・というのはちょっと考えづらいものがあります。, 結論から先に書くと、ゴブリン目線でいえば、突然の衰微が暗殺者の戦利品に置き換えられるのは若干プラス だと思います。, その理由は何といっても土地が提供されるという点。ゴブリンはとにかくマナ食いデッキなので土地が1枚増えることの有難みが他のデッキとは段違いです。, 例えばの話、今まで2ターン目に霊気の薬瓶に飛んできた突然の衰微が暗殺者の戦利品になったら、3ターン目はいきなりゴブリンの首謀者を走らせることができます。この変化はゴブリン的には相当有難いですよね。, 緑黒ベースのデッキとはリソースゲーの勝負になることが多いので、この傾向がより顕著に出ます。, また、ゴブリンは赤単ベースのデッキなので仮に暗殺者の戦利品が大流行して山を増やす必要性が出た場合でも基本に帰れを入れたいグリクシスコントロールのように、土地構成に負担をかけずともスムーズに基本地形を増やせます。, そしてこれはレアケースですが暗殺者の戦利品は打ち消し耐性が無いので、虚空の杯(2)でシャットアウトできてしまいます。2マナ圏が強い緑黒系デッキに対してこれは結構大きいですよね。, 唯一、暗殺者の戦利品の嫌な所として4マナ以上のゴブリンがラクに対処されてしまう、という点があります。これは従来の対緑黒においては4マナ以上が除去体制として働いていた点を考えれば大きな痛手です。, しかし霊気紛争で致命的な一押しが出た瞬間から4マナ以上=除去体制という考えも相当怪しくなっていたので、今更4マナ以上を除去できるカードが増えたからといって、状況はそんなに変わらないんじゃないかと思います。, 流刑への道以来、今までありそうでなかった相手に土地を与える超実用的なピン除去。しかもそれが突然の衰微のリメイクとくれば興奮しないわけがありませんよね。, 実際に使われてみないことにはその真価は分からないので、恐らく過大評価している部分はあると思います。しかし、それを差し引いても今後あらゆるフォーマットで見かけることになるのは間違いないでしょう。. 1 大渦の脈動/Maelstrom Pulse 対戦相手がコントロールしているパーマネント1つを対象とし、それを破壊する。それのコントローラーは「自分のライブラリーから基本土地カード1枚を探して戦場に出し、その後自分のライブラリーを切り直す。」を選んでもよい。, 大渦の脈動/Maelstrom Pulseの系譜である、黒緑の万能パーマネント除去呪文。幽霊街/Ghost Quarterや流刑への道/Path to Exileに似た、基本土地を与えるデメリットを持つ。, モダン以下の環境で競合相手となる突然の衰微/Abrupt Decayと差別化できる点が、除去範囲が「対戦相手がコントロールしているパーマネント1つ」と広く土地さえも破壊できること。下の環境へ行くにつれてウルザランド、ミシュラランド、カラカス/Karakasや暗黒の深部/Dark Depthsなど危険な土地が増えていくため、それらに対応できるようになった点は大きく、4マナ以上のものが多いプレインズウォーカーにも睨みが効く。ただし元々モダン以下では流刑への道や廃墟の地/Field of Ruinがよく使われている反動でどのようなデッキでも多少なりとも基本土地を採用することが多く、アンタップインのため相手ターンに使用するとテンポ・アドバンテージ差が大きくなりやすい。また突然の衰微の「打ち消されない」も決して無視できる特性ではないため、対抗したいデッキを想定した上で採用枚数を調整したい。, スポイラー公開時点から大きな注目を集め、モダンでジャンドなど黒緑系のデッキを強化したほか、レガシーでも使われる。スタンダードでは下の環境と比べると即除去しなければ致命的になるパーマネントが少なく、範囲の広い除去として他にもヴラスカの侮辱/Vraska's Contemptやゴルガリの女王、ヴラスカ/Vraska, Golgari Queen などが選べるためゴルガリ・ミッドレンジでも枚数は抑えられがち。ヴィンテージではBazaar of Baghdadに効くことから色が合うデッキにおいては他の除去に優先して採用されている。, ギルド会談/Guild Summitの2日目、ギルド/Guildの代表者達がギルドパクト庁舎で目にしたのはヴラスカ/Vraskaによって石にされたイスペリア/Isperiaだった(イラスト)。ギルドが協力しあうという希望は打ち砕かれた。, http://www.mtgwiki.com/wiki/%E6%9A%97%E6%AE%BA%E8%80%85%E3%81%AE%E6%88%A6%E5%88%A9%E5%93%81/Assassin%27s_Trophy.

4 《鉄葉のチャンピオン/Steel Leaf Champion》 対戦相手がコントロールしているパーマネント1つを対象とし、それを破壊する。 4 《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》

3 《キランの真意号/Heart of Kiran》, ●24 Lands

2019年7月現在、ジャンドの構成に大きな変化が起きています。それが闇の腹心を減らしてその枠にレンと六番を入れるという動き。 2マナpwなのに全ての能力でアドが取れる驚きの内容。さすがは『モダンホライゾン』産。 闇の腹心と比べると、

4 《緑地帯の暴れ者/Greenbelt Rampager》

2 《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》 1 《最古再誕/The Eldest Reborn》 3 《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》, ●6 Other Spell

日本時間9月2日、PAX Westにて新セットであるラヴニカのギルドの新カードが公開されました。その中でも軍勢の戦親分はゴブリンの熟練扇動者のリメイクとしてかなり強そうに見えます。ここでは軍勢の戦親分の可能性について考えます. 2 《自然の流儀/Nature’s Way》 1 喪心/Cast Down

1 滅び/Damnation

インスタント, 対戦相手がコントロールするパーマネント1つを対象とし、それを破壊する。それのコントローラーは、自分のライブラリーから基本土地・カードを1枚探し、そのカードを戦場に出し、その後自分のライブラリーを切り直してもよい。, 流刑への道と名誉回復を足して2で割ったらなぜか白黒ではなく緑黒になって突然の衰微の亜種みたいなカードが出来ました。, 突然の衰微と暗殺者の戦利品にはどちらもメリットデメリットがあるので、それらを天秤にかけて最終的にどちらを取るか?という話になりますね。, ここではスタン、モダン、レガシーという三つの視点で暗殺者の戦利品について考えてみます。, ただ、次期環境に残るであろう緑単にタッチ黒して雑に突っ込むだけでも十分活躍できそうです。, ●30 Creatures 4 《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》 3 《不屈の神ロナス/Rhonas the Indomitable》 3 思考囲い/Thoughtseize, インスタント(8) 1 強情なベイロス/Obstinate Baloth, 今まではジャンド・アブザンの陰に隠れていた純正BG(別称ロック)。それがMODERN CHALLENGEで1位になるとは。モダン環境に大きな変化が起きているようです。, まず、クリーチャー除去が大きく強化されました。そもそも黒緑デッキが色を増やしていた大きな理由が除去カード。致命的な一押しが出たとはいえ、4枚だけでは足りませんからね。, これらに比べて黒緑だけだと使いやすい除去が少なかった。四肢切断はライフペイが痛いし、突然の衰微は探査クリーチャー・ミシュラランドを潰せないからいまいち信用できない。, 次に、2色の利点はマナベースに余裕が出ること。そのため廃墟の地が採用しやすいのが強み。メインから特殊土地破壊が多く積めるため、トロンに対して優位を取れます。, さらに廃墟の地&暗殺者の戦利品で、最大8枚もの基本土地を相手に要求可能。モダンでは基本土地が8枚未満のデッキが多いので、後半からはデメリットなしの土地破壊・パーマネント破壊になることも多そう。かなり有利な状況を作れますね!, また、2色にしぼることで自分は基本土地を多く採用できます。このリストだと7枚。BG系デッキが増えて暗殺者の戦利品を撃ち合うことになっても優位に立ち回れるでしょう。, 暗殺者の戦利品によってパワーアップした黒緑系デッキ。その中でも純正2色のBGこそが1番強化されたと言えそうです。, グルマグのアンコウ! グリクシスミッドレンジがmo5-0! (2019年3月5日), ホロウヴァインがMODERN CHALLENGE6位入賞! (2018年12月02日), 暗殺者の戦利品をタッチした、青黒コントロールがmo5-0! (2018年10月2日), ナヤzooがModern Challenge入賞! 生皮収集家を採用! (2018年9月30日), グリクシスカラー! 黒入り弧光のフェニックスmo5-0! (2018年12月11日), 4色ジェスカイの隆盛コンボがMODERN CHALLENGE8位入賞! (2019年1月6日), 1 ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth, 屍肉喰らい! 黒単ゾンビがMODERN CHALLENGE 入賞! (2019年7月21日), 地核搾り! アーティファクト系マナ加速デッキがmo5-0! (2019年2月26日), ケイヤの手管! エスパーコントロールがGPベスト8入賞! (2019年7月28日), 2種のサヒーリコンボがmo5-0! 時を解す者、テフェリー! (2019年5月31日), https://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/modern-challenge-2018-10-07. 4 虚空の力線/Leyline of the Void 4 《花盛りの湿地/Blooming Marsh》

5 沼/Swamp 2 草生した墓/Overgrown Tomb 12 《森/Forest》 モダンホライゾンで新たなゴブリンが登場しました。その名も飛び道具の達人。宝石の手の焼却者のリメイクであるこのカード。レガシーのゴブリン的には一体どうなのか?検討してみましょう。, 基本セット2021で超強そうな新ゴブリン、人目を引く詮索者が公開されました。ボガートの先触れ、鏡割りのキキジキと合わせることで無限コンボをいとも簡単に簡単に成立させる詮索者。2枚コンボで3ターン目に決まるとなればこれがモダン、レガシーのゴブリンをどれだけ強化するのか。実に楽しみです。, 軍勢の戦親分の登場から約半年・・・灯争大戦でまさかの2度目のラブルマスターのリメイクに、ブリキ通りの重鎮、クレンコが登場しました。いやービックリしました!ここでは早速新クレンコの可能性について、たっぷり考察してみました。, 【ラヴニカのギルド】削剥をリメイクしたゴブリンが登場!その名もゴブリンのクレーター掘り!, 【基本セット2021】超強そうな新ゴブリン、《人目を引く詮索者/Conspicuous Snoop》が公開!!!, 【MOモダンリーグ】9月27日(金)エンバレス城によってモダン・ゴブリンがまた強化!禁止改定後の環境について考察, 第14期レガシー神挑戦者決定戦とEternal Weekend Asia2019に参加してきました, 【MOモダンリーグ】7月12日(金)ゴブリンの首謀者の力で5-0 モダン・ゴブリンについて考察(前編). ラヴニカのギルドでは削剥をリメイクした新ゴブリン、ゴブリンのクレーター掘りが登場しました。ゴブリンの損壊名手に続いて、2セット連続でのレガシーレベルのゴブリン登場に驚きと興奮を隠せません。さっそくこれについて考察してみます. 2 集団的蛮行/Collective Brutality

4 ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil 3 大爆発の魔導士/Fulminator Mage 4 暗殺者の戦利品/Assassin’s Trophy 4 タルモゴイフ/Tarmogoyf 2 生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force 2 黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang

2 森/Forest デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/modern-challenge-2018-10-07より, プレインズウォーカー(5) 3 漁る軟泥/Scavenging Ooze 先週の記事で、私は《秋の騎士》が、最も近い位置にいる《暗殺者の戦利品》を越えて『ラヴニカのギルド』の中でモダン最強のカードだと説明した。新しいセットが解禁されてから最初の週に、《暗殺者の戦利品》は最初のトロフィーを手にした、それもメインデッキに4枚積みだ!今日は、JisOrangeがその先週末Modern Challengeに優勝した時の黒緑Rock、《暗殺者の戦利品》がこのアーキタイプをどう強化したか、そして《 … 3 風切る泥沼/Hissing Quagmire Assassin's Trophy / 暗殺者の戦利品 (黒)(緑) インスタント. 今まではジャンド・アブザンの陰に隠れていた純正bg(別称ロック)。それがmodern challengeで1位になるとは。モダン環境に大きな変化が起きているようです。 その理由は暗殺者の戦利品。 まず、クリーチャー除去が大きく強化されました。

.

バスケ ドリブル練習 小学生 4, ギルティ 阿部亮平 Snowman 56, 御代田 移住 ブログ 4, 怪傑 えみちゃんねる 2019年11月 4, 仲悪い 芸人 アメトーク 51, 佐藤健 衣装 カーディガン 6, ポケモンホーム Gts 伝説 9, ペダステ キャスト 炎上 29, 太平サブロー 右 と シロー 7, あつ森 アセロラ 家 8, 西武40000系 50 番台 30, ダイソン 扇風機 本体 操作 25, 翔 名前 かける 18, 鉄骨 副資材 とは 10, ゴレンジャー 缶切り 仮面 7, ラブ ジェネレーション 名シーン 29, 動体 視力 ゲーム 無料 ゲーム 4, 新造船 お祝い 返し 14, 水 胃 滞留時間 15, ヤクルト1000 自販機 千葉 30, イーガールズ Aya 結婚 4,