f1マシンは美しい。その中でもひときわ美しいマシンというモノがある。今回取り上げるフェラーリ640は、1989年にフェラーリが走らせたマシン。そのボディラインもさることながら、ハイテクデバイスも搭載した当時としては最先端の1台だった。  しかし、日本人を一番興奮させたのは、第9戦ドイツGPだろう。予選で5番グリッドを獲得した片山右京は、絶好のスタートを決めてミハエル・シューマッハー(ベネトン)とデイモン・ヒル(ウイリアムズ)をパス。フェラーリ勢2台に次ぐ3番手に上がった。そしてその直後、フェラーリのジャン・アレジのマシンにトラブルが発生し後退……片山は2番手に上がった。シューマッハーには抜かれたものの、片山はヒルを抑え、3番手を堅持していた。がしかし、7周目にマシントラブルによりリタイア……片山が後日語ったところによれば、チームの作業ミスにより、スライドバルブが全て緩んだ状態でスタートしてしまったのだという。 このマシンもまた、実に美しいf1マシンである。 紅白で塗り分けられたそのカラーリングもさることながら、当時のトレンドであるハイノーズを採用。 1993年のF1グランプリを戦った1台のマシン、マクラーレンMP4/8。このマシンもまた、実に美しいF1マシンである。, 紅白で塗り分けられたそのカラーリングもさることながら、当時のトレンドであるハイノーズを採用。これはマクラーレンにとっては”二代目”のハイノーズマシンということになる(ハイノーズとはいえ、ベネトンなどに比べればかなり低いが……)。, エンジンは前年までのホンダV12から、コンパクトなフォードHBへと変更。マシン自体もコンパクトになった。ただこれは、マクラーレンが求めたモノではない。ホンダを失ったマクラーレンは、他の自動車メーカーからエンジンのワークス供給を受けようと試みたがこれは実現せず、当時多くのマシンが使っていたフォードHBを搭載したのだ。しかもフォードはすでにベネトンとワークス契約を結んでいたため、マクラーレンはカスタマー契約……しかしアイルトン・セナの活躍もあり、ブラジル、ヨーロッパ(伝説のドニントン!)、モナコと勝利し、イギリスGPからはワークス契約となった。, ドライバーは、シーズン開幕当初はセナと、マイケル・アンドレッティのコンビ。セナは前述の通り勝利を重ね、当時最強と謳われていたウイリアムズ(アラン・プロスト&デーモン・ヒル)を苦しめるも、アンドレッティはF1に馴染むのに苦戦。終盤3戦はミカ・ハッキネンがドライブしている(本来はアンドレッティとハッキネンのコンビでシーズンを戦う予定だったが、セナが1戦ごとの契約ではあったもののチームに残留し、ハッキネンがシートを”奪われる”ことになってしまったのだった)。, またアクティブサスペンションやセミ・オートマチックギヤボックスなど、ハイテクデバイスも多数搭載していた。, 結局、ポールポジション獲得数こそ1回のみだったものの、セナの手により5勝(ちなみに前年は3勝)。雨のヨーロッパGPで、他者をごぼう抜きにした伝説のドニントンパークでのレースは、あまりにも有名である。また、この年の最終戦オーストラリアGPが、セナのF1での最後の勝利ということになった。, なおこのスタジオショットは、2018年にオークションに出品されたシャシーナンバー6。セナが最後のモナコGPを勝った際に乗っていたマシンだ。落札したのは元F1のトップ、バーニー・エクレストンだった。, MotoGPバレンシア予選:好調の中上貴晶、3連続でフロントロウ! PPはモルビデリ, 予選4番手のアルボン、大事故が起きずに安堵「TVで見てたら楽しめたんだろうけど……」, ハミルトン、名コース台無しの路面に不満爆発「全くマシンのセットアップができてない」, アルファタウリ、ガスリー車のPU交換を申請も一転撤回。パルクフェルメ規則違反の疑い?, FP3までの好調から一転、フェラーリ勢はQ2敗退「午前とは感触が違った」とルクレール, F1 Imola: onboard with Marc Gene in the F2007, Sergio Pérez en el simulador vuelta en Portimao.  レースに”タラレバ”は禁物ではあるが、もし無事にレースを走りきっていれば、日本人が初めて表彰台の頂点に登っていたかもしれない。片山も後年のインタビューで、そう語っている。 開発. マクラーレンMP4-14 (McLaren MP4-14) は、マクラーレンが1999年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーである。, エイドリアン・ニューウェイがマクラーレンで初めて一から設計したマシン。ダブルタイトルを獲得したMP4-13と外見はほとんど変わらなかったが、中身を大きく変化させてきた。, メルセデス・ベンツエンジンは、前年より低重心・軽量・コンパクトになり、ハイパワーエンジンに仕上がっていたものの、ピーキーでドライバビリティが良くなかった。また、新しく投入されたサスペンションもマシン挙動を神経質かつシャープにした。, 前年同様新車の発表は2月と遅く、シーズン開幕1か月前であった。ミカ・ハッキネンが新車発表直後のテストでトップタイムをたたき出したが、メカニカルトラブルも頻繁に発生しており、これがシーズンに影響することとなった。, テストの不安を払拭するかのように開幕戦からフロントローを確保し、決勝では1位・2位で走行していたが2台ともリタイアした。第5戦スペインGPから2台そろって完走できるようになったものの、第8戦イギリスGPのハッキネンのリタイア以外メカニカルトラブル絡みでリタイアしており、第2戦ブラジルGPでは、4周目で突然ギアが4速に入らなくなるトラブルも発生したが何とか復帰しハッキネンが勝利するなど、シーズンを通じて信頼性に悩まされた。だが、マシン以外にもチームのメンテナンスミス・戦略の欠如でタイトル争いを最終戦まで持ち込むこととなった。また、MP4-14はリアの不安定さが指摘されており、その神経質な挙動をデビッド・クルサードは嫌っていた[1]。最終的にドライバーズタイトルこそ、ハッキネンが守り抜いて2連覇を達成したものの、コンストラクターズタイトルはいくつかのリタイアやポジションダウンが響き、終始信頼性が高いF399を投入し、戦略が明確であったフェラーリにさらわれることとなった。, マクラーレン・MP4-14 | フェラーリ・F399 | ウィリアムズ・FW21 | ジョーダン・199 | ベネトン・B199 | ザウバー・C18 | アロウズ・A20 | スチュワート・SF-3 | プロスト・AP02 | ミナルディ・M01 | B・A・R 001, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マクラーレン・MP4-14&oldid=73610166.  しかしこの022は速かった。テストで初めて乗った時、片山右京も好印象を抱いたと語っている。 概要.  ティレルとしては初めてセミオートマチック・ギヤボックスを採用。ヤマハのV10エンジン”OX10B”は小型軽量であり、良好なマシンバランスの実現にも寄与した。 自動車関係の博物館ではなく、一般の、しかも一級の美術館に所蔵 されるのは、相応の評価ではないでしょうか。 1990年のフェラーリ・モノポスト641/2 F1グランプリの世界には「速いマシンは美しい」という言葉があ るそうです。  その後、佐藤琢磨や小林可夢偉が表彰台に上がり、日本のF1ファンを興奮させた。しかし、F1で優勝した日本人ドライバーはまだいない。1994年7月31日、ホッケンハイムに忘れてきたモノを誰かが取りに行かねばならない……のだろう。

 実戦でもティレル022は速さを見せ、開幕戦ブラジルGPでは片山右京が5位入賞。これは片山にとってもF1初入賞である。その後片山はサンマリノとイギリスで入賞。チームメイトのマーク・ブランデルは、スペインGPの3位表彰台を含む、全3回の入賞を記録した。 dメニューニュースを適切に表示するために、JavaScript設定をONにしてご利用ください。, 1994年のF1グランプリを戦った1台のマシン、ティレル・ヤマハ022。このマシンもまた、実に美しいF1マシンである。

1989年のF1グランプリを戦った1台のマシン、フェラーリ640。このマシンもまた、実に美しいF1マシンである。, 天才デザイナー、ジョン・バーナードの手による640。低く平たいノーズ、美しいラインを描くサイドポンツーン……コカ・コーラの瓶のような形状であるため、コークボトルと呼ばれた。, エンジンはフェラーリの3500cc V型12気筒。またセミ・オートマチック・トランスミッションを搭載しており、ハイテクデバイス搭載の走りともなった1台である。, ドライバーはナイジェル・マンセル(27号車)とゲルハルト・ベルガー(28号車)のコンビ。ただセミオートマはまだまだ熟成半ば。それ以外にも信頼性が大きく不足しており、数多くのリタイアを繰り返した。その数実に19回。他にも、マンセルがカナダGP(ピットレーン信号無視)とポルトガルGP(ピットレーンでのリバースギヤ使用)で失格、サンマリノGPで大クラッシュして炎に包まれたベルガーは続くモナコGPを欠場、またポルトガルで失格になったにも関わらずその指示を無視して走り続けたマンセルには、次戦出場停止の処分が下るなど、完走したのはわずか9回だった。, ただその9回はいずれも表彰台。マンセルは2勝、2位2回、3位2回でランキング4位に。ベルガーも初入賞は第12戦イタリアGPだったものの、1勝2位2回を記録してランキング7位となった。速いが脆い……そんな1台だったと言えるだろう。, 2018年の鈴鹿モータースポーツファン感謝デーには、このフェラーリ640が登場。ジャンカルロ・フィジケラがドライブしている。, アルファタウリ、ガスリー車のPU交換を申請も一転撤回。パルクフェルメ規則違反の疑い?, 予選4番手のアルボン、大事故が起きずに安堵「TVで見てたら楽しめたんだろうけど……」, FP3までの好調から一転、フェラーリ勢はQ2敗退「午前とは感触が違った」とルクレール, F1 Imola: onboard with Marc Gene in the F2007, Sergio Pérez en el simulador vuelta en Portimao.

 1993年のティレルは非常に苦しんだ。シーズン序盤は使用3年目となる020を使用。この020は投入初年度の1991年には好パフォーマンスを披露することもあったが、さすがに3年目ともなると戦闘力不足は否めなかった。シーズン中盤にようやく投入されたニューマシン021も不発であり、片山右京とアンドレア・デ・チェザリスのコンビをもってしても、1度も入賞することができずにシーズンを終えた。  そして1994年シーズンにティレルが投入したのが、この022である。1990年から使ってきた”超ハイノーズ”+”アンヘドラルウイング”のコンビネーションは封印。低く細いノーズとなった。カラーリングも、前年の濃紺+白+赤の塗り分けから、白一色に変更。マシン形状もカラーリングも、実にシンプルだった。 記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がEsquireに還元されることがあります。, フォーミュラ1は私たちに、クルマの素晴らしさ…そこに宿る少年時代からの憧れでもある「流麗なるデザイン」、「速く走ることの競う本能的なカッコよさ」などの多くの魅力を共有してくれます。, そう、そこにはカタルシスがあります。かつては最前列に控えていた、生き残るための「闘争本能」にも似た何か…心に奥にある忘れかけた思いを駆り立てくれる…そんな気がしてなりません。中でも、そこで生まれる爆音はベートーヴェンの作曲した5番目の交響曲かのように、「生きることとは?」を教えてくれるかもしれない…そんな風に魅了されいる方も少なくないでしょう。だからこそ、F1会場にはいつも多くのファンが集まってくるのかもしれません。, かつてのF1人気に比べ、低迷の時代を迎えている昨今ですが、鈴鹿サーキットが発表した「2018年 F1日本グランプリ」の入場者数は、「3日間で16万5000人が来場」とのこと。下火だとは言え、これだけのファンが未だ集まるのです。忘れかけた本能を呼び起こされる…その快感を求めているのでしょうか⁉ これはプロ野球やサッカーJリーグにも勝るとも劣らない人気と言えるでしょう。, 2019年の FIA F1世界選手権シリーズ 第17戦である日本グランプリレースの開催日は、2019年10月11日(金)~10月13日(日)。開催会場はもちろん、鈴鹿サーキットです。まだ少し先ではありますがここで予習に意味の込めて、これまでのF1史上最も美しい音を持つエンジンをピックアップしました。ぜひとも、お聴きください。, チーム・ロータスが1962年に開発したフォーミュラ1カーであるロータス「25」は有名かもしれません。コーリン・チャップマン氏が設計し、レーシングカーデザインの分野にモノコック革命を起こしました。, そんな名車「25」の後継車として登場したのが「33」であり、1964年の第6戦ドイツから参戦。エンジンは、コベントリー・クライマックスFWMV-V型8気筒。ワークスのドライバー、ジム・クラークは1965年に2度目のワールドチャンピオン、そしてコンストラクターも併せてダブルタイトルを獲得しています。, フェラーリやロータス同様、名門チームのひとつに数えられていたブラバムが、1983年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーがこちらの「BT52」です。, エンジンはKKK製シングルターボを搭載したBMW直4ターボエンジン「M12/13」。開発当初からレース中の給油作戦を念頭に設計されており、燃料タンクは容量が縮小され、コクピット後方の高い位置に据付けられていました。, エンジン、ギアボックス、リアサスペンションを合わせて1つのモジュールとし、予選と決勝の間にスムーズに交換できるよう工夫もされていました。  そんな「BT52」もまた、最高のサウンドを奏でてくれます。, 最近、ルイス・ハミルトン選手によって常勝中のメルセデスですが、F1史上初期である50、60年代もその実力を見せつけていました。, そこで1954年と1955年のF1世界選手権で使用したフォーミュラ1カー、「W196」をご覧ください。12戦中9勝を記録し、ファン・マヌエル・ファンジオが2年連続ドライバーズチャンピオンを獲得した名車です。, 直列4気筒を縦に2基並べ、中央から駆動力を取り出す方式の「W196」のエンジン。垂直方向から53度寝かせて、搭載されていました。ではここで、パイロットのすぐ目の前に置かれた8つのシリンダーが奏でる感動のシンフォニーをお聴きください。, 1992年にランボルギーニ製エンジンを搭載し、F1に参戦していたミナルディ「M191B」。参戦中は、目立った結果を出していません。, しかしながら、そのエンジン音は表彰台に上がってもいいほど心に響く調べです。なぜならその音源は、ランボルギーニ製V型12気筒だからです。, 1974年に活躍した「312B3」をベースにつくられ、1975年から1980年まで使用されたのが「312T」になります。設計はマウロ・フォルギエリ氏。彼が1975年シーズン用に用意してあったものになります。, その後も改良を受けながら使用され続けた「312T」シリーズは通算27勝を挙げ、4度のコンストラクターズタイトルと3度のドライバーズタイトルを獲得した名車となりました、, そうして1981年に、「312T」はフェラーリ初のターボ付き車両である「126CK」に置換されたのでした。 それでは、そのエンジン音をお聞きください。非常にユニークです。, ルドルフ・ウーレンハウト氏によって設計されたグランプリ・レーシングカーである「W154」。1938年から1939年のグランプリ・シーズンで実戦投入され、ルドルフ・カラツィオラ選手は1938年にヨーロッパ選手権を制しています。, 「スーパーチャージャーを搭載するマシンのエンジン排気量を最大で3000ccに制限する」という1938年のルール変更によって、メルセデスがそれまで使用していた5700ccの「W125」でのグランプリ参戦が不可能となったために開発されたのが「W154」になります。, ホンダが1965年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラカーである「RA272」。, そしてその年の最終戦、メキシコGPでは高地対策として中村良夫監督が入念なエンジンセッティングを行い、予選は3位に。決勝では全周回トップで回ったリッチー・ギンサー 選手がチェッカーフラッグを受け、見事優勝。ホンダにF1初勝利をもたらしたのでした。, 「DFV」とはF1マシンではなく、単にエンジンを指します。このエンジンは、コスワースによって開発・設計されたレーシングエンジンであり、そのF1での活躍は2018年までで通算155勝という空前の成績をモータースポーツ史に刻んでいる名品でもあります。, 実際、フォードからの主に開発費などの支援によって「フォード・コスワース」と2つの名前を冠しています。F1で一線を退いてからも、F3000用のエンジンとしてさらに活躍。, それではコスワースによって開発され、ロータスからマクラーレンまでの60年代70年代にFormula1でならしたエンジン音を、ぜひともお聴きください。, マクラーレンが1988年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーであり、1988年シーズン開幕戦から最終戦まで使用され、そのマシンを駆る故アイルトン・セナ選手は圧倒的な強さを見せ、全16戦中15勝を記録。, 自身初のドライバーズタイトルとマクラーレンにコンストラクターズタイトルをもたらしました。, エンジンはホンダの「RA168E」。 V型6気筒のIHIツインターボ。排気量 は1494ccでした。, スクーデリア・フェラーリが、1987年のF1世界選手権用に開発したフォーミュラ1カーです。 V6ターボエンジンのバンク角は、前年までの120度から90度へと変更され、シリンダーブロックの材質もアルミ合金から鋳鉄に改められています。, レッドブル・レーシングが、2013年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーです。 エンジンはルノーの「RS27-2013」。排気量 2400ccのV型8気筒エンジンの調べは、V6ハイブリッド優勢であった日々に聞くと、頭に鋭く刻まれる快音ではないでしょうか。, ロータス「43 BRM」は、1966年シーズンのために故コリン・チャップマン氏によって設計されたF1マシンです。, 重く不安定な「BRMエンジン」によって悩まされましたが、1966年シーズン第8戦の米国グランプリにて優勝をはたします。, スクーデリア・フェラーリが2001年のF1世界選手権参戦用に開発したF1マシン。2001年の開幕戦から最終戦まで、実戦投入されました。 エンジンは「 Tipo050」。 V型10気筒であり、排気量は2998cc.そして当時のドライバーは、ミハエル・シューマッハ選手とルーベンス・バリチェロ選手です。, ウィリアムズが2003年のF1世界選手権に投入したマシンです。デザイナーはパトリック・ヘッド氏、ギャビン・フィッシャー氏、アントニア・テルッツィ氏。 エンジンは自然吸気によるV型10気筒の「BMW・P83」を使用し、排気量は2998ccに。ドライバーはファン・パブロ・モントーヤ選手とラルフ・シューマッハ選手および マルク・ジェネコン選手。2003年シーズンのコストラクターズランキングは、フェラーリから11点差の2位に、モントーヤ選手がミハエル・シューマッハ選手とキミ・ライコネン選手に次ぐ、ドライバーズランキング3位となっています。  それではエンジン音をお聴きください。「多くの人がこの音で恋に落ちた」という話もあるほど色っぽい音色です。, エンジンはプジョーとの複数年契約を1年で打ち切り、この年からメルセデス製V10エンジンを搭載しています。, そしてここにもう一つの記録的なV10エンジンをご紹介しましょう。マクラーレンが2005年のF1世界選手権に投入したF1マシンになります。, ウィリアムズが1991年のF1世界選手権参戦用に開発したF1マシン「FW14」に対し、翌年の1992年にアクティブサスペンションを搭載したのが「FW14B」になります。 エンジンはルノーの排気量3500cc、V型10気筒「RS3B」 。それでは、最大馬力 770馬力を叩き出す音色に酔いしれてください。, 1937年のグランプリ・シーズンに参加するため、ルドルフ・ウーレンハウトによって設計されたレーシングカーであるメルセデス・ベンツ「W125」。, 故ルドルフ・カラツィオラ選手はこのマシンで、1937年のAIACRヨーロッパ選手権を制しています。その他、この「W125」を使用したドライバーは、選手権において1位から4位までを独占しました。 このメルセデス「W125」の轟音を、皆さん聞いたことがありますか? それは感動的な轟音ですが、「映像だけスローモーションなのか?」と思ってしまうかもしれません。ですが、それは忘れてください。, バンク角60度のV型12気筒エンジンを搭載し、390PSほどのパワーを発揮していたのですが、「MS10」に搭載されていたコスワースのV型8気筒エンジンよりも、その出力は劣っていました…。結果、レースでの勝利はありませんでした。, スクーデリア・フェラーリが、1995年のF1世界選手権参戦用に開発したF1マシンであるフェラーリ「412T2」, 1995年の開幕戦から、最終戦まで実戦投入され、当時のドライバーはジャン・アレジ選手とゲルハルト・ベルガー選手になります。, 最大約600馬力を繰り出すエンジンは、排気量2,997.343ccのV型12気筒「Tipo044/1」です。, 櫻井貴史不定期連載第4回 NO PAIN NO GAIN=痛みなくして得るものなし, 「ランボルギーニ × ヨウジヤマモト」 世界1台のクルマが誕生!【YY CarLife】, This content is created and maintained by a third party, and imported onto this page to help users provide their email addresses. 美しきF1マシン:「日本人が”夢”を見た、白い流星」ティレル022(motorsport.com 日本版) 1994年のF1グランプリを戦った1台のマシン、ティレル・ヤマハ022。このマシンもまた、実に美しいF1マシンである。 1993年の… エイドリアン・ニューウェイがマクラーレンで初めて一から設計したマシン。ダブルタイトルを獲得したmp4-13と外見はほとんど変わらなかったが、中身を大きく変化させてきた。. マクラーレンが2005年のf1世界選手権に投入したf1マシンになります。 エンジンはメルセデスのV型10気筒「FO110R」。 排気量は 3000ccです。 7upカラーは美しい・・・フジフイルムもスポンサーしてましたよね。 また、ミハエル・シューマッハがf1デビュー時に搭乗したマシンとしても記憶されている。 マクラーレン・ホンダmp4/4.4/5 説明不要の第2期honda黄金期のマシン。  なおこの年の活躍により片山には、翌年のベネトンのシートがオファーされたという。1995年のベネトンといえば、シューマッハーが王座に就き、チームメイトのジョニー・ハーバートも2勝を挙げたシーズン。ハーバートの代わりに、片山がベネトンを走らせていた……そんな可能性もあったのだ。. たかがレーシング・カー、されどレーシング・カー。 自動車関係の博物館ではなく、一般の、しかも一級の美術館に所蔵 されるのは、相応の評価ではないでしょうか。 1990年のフェラーリ・モノポスト641/2 F1グランプリの世界には「速いマシンは美しい」という言葉があ るそうです。 You may be able to find more information about this and similar content at piano.io, TOMMYXLEWISコレクション2020年春の新作はサステナブルな要素が大きく前進, 【感激】伝説のF1ドライバーの圧倒的運転技術 ― 1957年のオンボード映像で振り返る, 伝説のF2001が約8.5億で売却!― M.シューマッハが操った伝説のフェラーリF1マシンの行方.  マシンをデザインしたのは、ハーベイ・ポスルズウェイト。後にホンダがF1にワークスチームとしての復帰を目指した1999年、テスト用として登場させたホンダRA099をデザインすることになる人物である。彼は前年F1にデビューしたザウバー最初のF1マシンC12をデザインしており、ティレル022にもその面影が色濃く残っている。  このレースの結果を見れば、フェラーリのゲルハルト・ベルガーが優勝。2-3位にはリジェの2台が入った。ヒルは1周遅れ、シューマッハーも結局エンジントラブルによりリタイアしている。優勝したベルガーも、ギヤボックスにトラブルを抱えていた。 車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2018(2):「速いマシンは美しい!」と何度でも言おう (4/4) [関伸一/関ものづくり研究所,MONOist] F1マシンランキング:来年の中国GPで、通算1000レース目を迎えるF1世界選手権。その間に、幾多のマシンがサーキットを駆け回ってきた。その中から、motorsport.comのグローバル版編集部が、独断と偏見で”ベスト50マシン”を見た目で選んだ。

.

東福岡高校 野球部 銀太 5, Mg エピオン 改造 4, ケンウッド ドライブレコーダー アプリ 6, 岡田奈々 かわいい 女優 4, 倍 賞 千恵子の 旦那 4, ガキの使い 動画 2020年1月12日 10, 宮本 亜 門 放射線 7, ミラティブ 友達限定配信 やり方 Iphone 5, 村上信五 マンション 六本木 27, アマデウス カルテット ルーマニア 7, セーラームーン 実写 現在 46, サンダル 足の裏 黒くなる 15, タイ 関税 ゴルフクラブ 6, 松下 洸平 ファースト キス 22, 逆鉾 寺尾 仲 27, Matcha Japan 7, ジャンカラ 高校生 コロナ 4, 有理数 無理数 交互 4, Vivi Miu 可愛くない 5, レクサス Rx 10系 後期 15, 2ch 乃木坂 まとめ 8, 翔 名前 かける 18, 東急ハンズ アプリ カード 連携 5, エクレシア シク 買取 26, ロジャー 懸賞金 語呂合わせ 9, ムンディ ファーマ だい さく 14, アンビシャス 歌詞 パラライ 25, 配線 プラスマイナス 逆 8, コトブキ飛行隊 キリエ パンツ 38, 二目 鹿の子編み マフラー 6, モンスト ソロモン 壁紙 5, 2017 年 紅白歌合戦 嵐 5, リボーン 映画 興行収入 13, Usen タイムレコーダー Web 管理画面 5,