性に対し、特殊警棒様の物を見せた上、「誠意見せろ。」などと申し向け、暗に金品を要求し、その要... 1件~10件 (全42件) 1|2|3|4|5| >>.

石川逮捕の当時の心境を、被害者の長兄は, と述懐した。石川逮捕の2~3日前(5月20日頃)から石川が犯人に間違いないという信念を強くしていたという[105]。石川は、養豚場勤務の頃に被害者宅の近くで盗みの下見などを行っていたこともある[57]。, 警察は20日以上にわたって取り調べを行ったが石川は自白をしなかった。この間、6月9日には、佐野屋付近の茶畑に残された地下足袋の足跡と、石川宅から押収された地下足袋の大きさや特徴が、完全に一致することが確認された[107]。石川は「この地下足袋は兄のもので、自分には小さすぎて履けない」と言っていたが、捜査本部で石川に履かせたところ、無理をせずに履けることが判明した[107]。石川が事件の前後この地下足袋を履いて仕事をしていた事実も突き止められた[107]。, 6月13日に窃盗・暴行・恐喝未遂などの容疑で起訴された後、弁護士の保釈の申請が認められて6月17日に釈放されることになったが、釈放直後に警察は、強盗・強姦・殺人・死体遺棄容疑で再逮捕した。, 再逮捕された石川は、養豚場の元同僚たち2人が被害者を強姦・殺害した、ただし自分は脅迫状を書いて届けて死体埋葬用のスコップを盗んだだけである、という自白(3人共犯説)を6月20日に行った[注釈 25]。共犯の存在を匂わせるのは犯罪者が自らの責任を軽くする意図でしばしば行うこととされており、雅樹ちゃん誘拐殺人事件の犯人も最初は共犯がいるような主張をしたという[108]。, さらに、6月21日には石川が描いた少女のカバンを捨てた場所の地図に基づいてカバンが発見された。6月23日には単独犯行を自白した[注釈 26]。6月26日には自供に基づいて自宅から万年筆が発見された。さらに、7月2日、石川の自供に基づいて腕時計を捨てたとされる場所の付近から、時計が発見された。石川の自宅から発見されたノートのページの切り口が、脅迫状の紙面の切り口と一致するとも報じられた[109]。, 石川はI養豚場で働いていた頃から被害者とは顔見知りだった[73]。そのため、気安く冗談をとばして被害者をからかったが無視されたため逆上して犯行に及んだ、というのが当時の自供であった[73]。, 松本清張は「石川の自供からカバンが出てきた以上、犯人と断定してさしつかえないだろう」とコメントし、村岡花子は「捜査陣の長い間のネバリと自信の勝利」と称えた[105]。, 逮捕される前の石川は、警察による事情聴取に対し、事件当日の行動を以下のように語っていた[112][113]。, 石川の逮捕後、1963年5月25日の段階でも石川の親類や友人は「一雄は事件当日、屋根の修理に行っていた」と嘘をついていた[114]。しかし、後にこの申し立ては家族や親類や友人と口裏を合わせた上での嘘であることが露見した[115][注釈 27]。, 死刑判決後、自供を撤回してふたたび無罪主張に転じてからは、事件当日の行動はこうだったと主張し始めた[121]。, しかし無罪主張に転じてからのアリバイは家族の証言以外の裏付けがなく、遊園地でもパチンコ屋でも小学校でも荷小屋でも石川の姿は目撃されておらず、もともと家族と口裏を合わせてアリバイを偽っていた経緯もあり、裁判では事実と認定されていない。東京高裁判決における「石川うそつき論」[注釈 30]を非難している狭山弁護団の松本健男も、アリバイをめぐる石川の虚言については争っていない[124]。, カバン、万年筆、腕時計が石川の自供により発見されたことは、犯人しか知り得ない物証として各判決の決め手となった。そのため三大物証と呼ばれている。しかし、下記の点を根拠に冤罪説を主張する者もいる。, と述べ、発見された腕時計が被害者やその姉の使用品であることは間違いないとしている。, なお、1976年秋の証拠開示の結果、この品触れに載っていた側番号は確かに見本の時計のものであることが確認され、これにより「発見された時計は被害者のものではない」という弁護側上告趣意書の主張は誤りであることが判明した[125]。このことは「弁護側や、石川一雄の無実を信じて支援活動を続けている人びとにもショックを与え」た、とされる[126]。, と述べ、被害者または石川がペン習字の授業の後、インクを詰め替えた可能性を認定した。, この点につき最高裁は、脅迫状の筆跡や用字上の特徴と石川の特徴を比べた上で、両者の特徴は同一であると結論づけた。識字能力について石川自身は, と自称していたが、裁判所は、石川が14歳の時に3ヶ月間ひらがなや漢字を習っていたこと、顧客の氏名を漢字で書きこなしていたこと、報知新聞の競輪予想欄や読売新聞を読む力があったこと、友人から交通法規の本と自動車構造の本を借りて読んでいたこと[注釈 32]などを挙げて「他の補助手段を借りて下書きや練習をすれば、作成することが困難な文章ではない」と認定した。これに対し、狭山弁護団の松本健男は「常識的な判断過程では、石川は当時漢字が書けなかった、したがって漢字を多用した脅迫状を書くことはできないとすべきところを、判決は、確かに石川は逮捕後書いた説明文には漢字をまったく用いていないが、手本の『リボン』(ママ)をみて書いた脅迫状には漢字が多用されている、これは石川が本を見て漢字を練習して書いたからだというのである」[129]と非難しているが、そもそも裁判所は「被告人は教育程度が低く、逮捕された後に作成した図面に記載した説明文を見ても誤りが多いうえ漢字も余り知らない」[95]と述べているだけで、「石川は逮捕後書いた説明文には漢字をまったく用いていない」などと認定した事実は存在しない。 狭山事件42年ぶりの真実」と題した特集が組まれ、冤罪説の立場から石川のロングインタビューなどが放送された。, 2006年12月、石川は第18回多田謡子反権力人権賞を受賞した。石川は、現在も多くの支援者のもと、無罪を主張しつづけている。, 2010年5月13日、東京高裁、東京高検および石川の弁護側と三者協議が行われ、検察側は裁判所の証拠開示勧告を受けて、確定判決で殺害現場とされた付近の畑で農作業をしていた男性の捜査報告書や、石川が犯行を自白した際の取り調べ録音テープ9本などあわせて36点の新たな証拠を開示した[171]。, 2015年1月23日、東京高検は、事件当時の捜査によって得られ、検察庁に保管中の279点の証拠品名の目録を1月22日付で開示した。石川直筆の葉書などが含まれていると見られる[172]。東京高検による事件現場の航空写真112枚の開示を受け、弁護団が調査を始めたことが、2015年3月24日に報じられた[173]。, このように当人の発言はさまざまに推移しており、石川がいつ文字を覚えたのかは定かでない。逮捕前、歌好きの石川の手帳に漢字入りの流行歌の歌詞が書きつけられていたとの情報もある[201]。なお自らの氏名については、少なくとも1963年9月6日付の関源三宛の手紙で既に正しく漢字で書きこなしていることが確認できる[202]。, 1973年11月、新潟日報社内の過激派系の社員が「狭山事件の当初報道が、警察情報により、石川青年を真犯人としていたのは許せない」と編集局長たちを数回にわたり糾弾した[204]。1964年、狭山裁判の一審当時に新潟日報が共同通信の配信記事を使ったのが突如約10年もさかのぼり問題にされたものである[204]。, 過激派社員は「狭山事件の当初の報道が部落差別的でないというのなら、それを検討する場をつくれ。解放同盟の声を聞く機会をつくれ」と要求し、社内紛争に発展[204]。1974年3月には19人の社員が譴責などの処分を受け、1974年6月には暴力事件で社側が告訴する事態に発展した[204]。, 1974年5月16日、新潟日報上越支社で、狭山裁判の支援署名を取りに来た社員に対し、支社長が署名を保留しつつ「あの人たちの中に日本人以外の人が含まれているのか」と質問すると、「あの人たちは日本人か」という意味に取られ、部落解放同盟上越支部から糾弾を受けた[204]。, これを受け、6月28日、新潟日報社は編集局長名で「弁解書」を部落解放同盟上越支部に送付し、次のことを約束した[204]。, もともと新潟日報では、1970年6月、県教育界の堕落を批判した記事における「常識通じゃない特殊部落」との表現が部落解放同盟新潟県連から問題視され、糾弾に発展し、反省文の発表と社内研修会を経て、「部落」の語を「地区」と言い換えることが検討された経緯があった[204]。, 1974年10月、部落解放同盟主催の部落解放研究全国集会にて、「新潟日報社における、マスコミ労働者が、かつての狭山報道を中心に、内部から、マスコミのあり方をただしている闘争は注目に値する」と過激派社員が高く評価された[204]。ただし過激派社員は停職処分と告訴を受け、4人が逮捕されている[205]。, 1974年2月8日、読売新聞が西部本社版の紙面で東京高裁における狭山裁判の審理再開をとりあげた際、検察側の意見陳述を報道したところ、部落解放同盟の中間・遠賀地区協から抗議を受けた[206]。, と糾弾した[206]。要は、狭山事件の報道にあたっては常に部落解放同盟の主張に沿った解説を付けよとの要求であった[206]。
金原によると、千葉刑務所の周辺には週に約1回の頻度で部落解放同盟や中核派や社青同解放派などの支援団体の街宣車が訪れ、「冤罪事件に巻き込まれた石川さん!

碧南市松江町事故【車が信号無視】葉山想介くん(11)が意識不明の重体 窃盗(万引き)被疑者の逮捕(鈴鹿署) 11月12 狭山事件(さやまじけん)は、1963年(昭和38年)5月1日に埼玉県狭山市で発生した、高校1年生の少女を被害者とする強盗強姦殺人事件。「誘拐殺人事件」と呼ばれる場合もあるが[1][2][3]、誘拐罪では起訴されていない[注釈 1]。, 1963年5月23日、当時24歳の石川一雄が逮捕された。石川は被差別部落の貧農[6][7]の出身であり、養豚場勤務を経て、逮捕当時は鳶職の手伝いをしていた。, 石川は、のちに強盗強姦・強盗殺人・死体遺棄・恐喝未遂・窃盗[注釈 2]・森林窃盗[注釈 3]・傷害[注釈 4]・暴行[注釈 5]・横領[注釈 6]で起訴され、一審では全面的に罪を認めたが、一審の死刑判決後に一転して冤罪を主張。その後、無期懲役刑が確定して石川は服役した(1994年に仮釈放されている)。, 本事件については、捜査過程での問題点を指摘する声もあり、石川とその弁護団や支援団体が冤罪を主張して再審請求をおこなっているものの、袴田事件などとは異なり日本弁護士連合会が支援する再審事件(冤罪事件である可能性があるかどうか、などを基準に日弁連が再審請求を支援する事件)には含まれていない[8][注釈 7]。再審えん罪事件全国連絡会の加盟事件にも含まれていない[9]。, 石川が被差別部落の出身であることから、本事件は部落差別との関係を問われ、市民権運動の時代に大きな争点となった。部落解放同盟や部落解放同盟全国連合会などの部落解放運動団体や、中核派・革労協・社青同解放派などの政治党派の立場からは、この事件に関する裁判を狭山差別裁判と呼ぶ[10][注釈 8]。「差別裁判」と呼ぶのは、狭山弁護団の松本健男によると、事件や裁判の背景に「部落差別に起因する無学無知」[13]があったためであるという。しかし、満足な学校教育を受けなかった点については石川当人が「被差別部落出身だからというわけではなく、そんな時代でした」[14]と発言している[注釈 9]。「差別裁判」という呼び方には被差別部落の内部にも反対する意見があった[16]。, また、一審当時から「石川一雄君を守る会」(のち「石川一雄さんを守る会」)を通じて石川を支援していた日本国民救援会は冤罪説に立ちつつも, と述べ、やはり「狭山裁判差別説」を否定している[18]。地裁審を担当した内田武文判事も1974年に「この事件の一審判決について、『差別裁判』だという声があったようだが、石川被告(ママ)が被差別部落の出身であることは記録のなかには全然出てこず、私も新聞報道で初めて知ったほどだ。一審は差別を受けている人であるかどうかなどの予見は一切持たずに審理を尽くした」[19]と発言している。, 石川一雄冤罪説に立たない革マルの立場からは、この事件に関する裁判を狭山無差別裁判と呼んでいる[20][注釈 10]。, 狭山事件に関しては、弁護側の見解に沿って記事を書かなかった新聞社が部落解放同盟等から吊し上げを受けた事例もあり(#狭山事件に関連する糾弾事件を参照)、マスコミの多くは、石川一雄を「元受刑者」ではなく「さん」「氏」付けで呼ぶようになっている。ただし、日本共産党においてはこの限りではない(歴史的経緯は#支援活動参照)。北九州土地転がし事件をスクープした『小倉タイムス』の瀬川負太郎もまた石川を敬称抜きで呼び、「冤罪かどうかさえ怪し」いと述べている[22]。石川の冤罪は何ら立証されていないが、支援者は石川を「冤罪被害者」と呼び、石川みずからもそのように自称している[23][24]。「石川一雄さんが無罪確定したと勘違いされている人が多い」との指摘もある[25]。, 石川冤罪説を朝日新聞や読売新聞に先んじて報じたのは『赤旗』編集局の吉岡吉典(のち参議院議員)であったが、吉岡は「石川一雄が犯人だという証拠も結構あるんだよ」とも発言していた[26]。また吉岡の公設第一秘書だった結城伸は「一週間狭山に泊まり込み、お兄さんの話や現場を隈なく歩いて綿密な取材をしました。当時・自衛官犯行説も根強かったようです。ただ、これは書けませんが、詳細を聞いてみると、私の印象では、『やはり石川さんが犯人ではないか?』という思いも捨てきれないんです」[27]と発言している。, なお、石川犯人説は当初から被差別部落や部落解放同盟の内部にも存在していたが[16][28][29][30]、『解放新聞』主筆の土方鐵は、「石川君が、かりに『真犯人』であったとしても、この事件はすぐれて、部落解放にかかわる問題である」と主張し、部落民にとって不利なことは全て差別であるとの「朝田理論」にその根拠を求めた[31][32]。土方はまた、在日韓国人少年による強姦殺人事件「小松川事件」[注釈 11]を引き、「石川君が、無実でなかったとしても、李少年と同様の本質をもつ事件なのだ」と煽動した[31][32]。, 逮捕当初から石川を支援していた部落解放同盟埼玉県連合会の声明も、「石川君のクロ・シロは別として」公正な捜査や裁判を求める、というものであった[34][32]。部落解放同盟埼玉県連合会の野本武一も「(石川がクロでも)根本が部落差別だから(冤罪プロパガンダを)やらなければならない」と主張した[28]。, 1971年6月27日、福岡県田川郡川崎町の部落解放同盟支部を全国狭山オルグ団が訪れた際には「君たちは石川青年が無実だといっているが、ほんとうにかれが犯人だったらどうするか」「部落には一日も学校に行っていない人はいくらでもいる。わしがおぼえた字は全部刑務所の中でおぼえた字だ」と反撥の声が多かった[35]。, 1981年に宮崎県延岡市の被差別部落で開かれた子ども会の「解放学習会」では、部落の児童たちから「石川さんが、ほんまに無実なのか、確信をもてない」との意見が出された。藤田敬一はこれを「正直いって私は、うれしかった。(略)この子どもたちは、自分の頭で考えようとしている。これは大切なことではないだろうか。先生や支部幹部の話をうのみにするのではなく、ほんとに石川さんが無実なのかどうか考えてみる。そのなかで確信をもちたいという。これは、たしかな自立の一歩であると、私は思う」[30]と肯定的に評価したが、のちに藤田は部落解放同盟から差別者と呼ばれて指弾された。, 1963年3月に発生した「吉展ちゃん誘拐事件」で警察は犯人を取り逃がしており(2年後の1965年に犯人検挙)、次いで起きた狭山での誘拐犯人取り逃がしについて強い批判を受けた。死体が発見された4日には柏村信雄警察庁長官が辞表を提出し、引責辞任した(10日)。埼玉県警は165名からなる特別捜査本部を発足させるも捜査は難航。死体発見の同日、特捜本部はI養豚場の経営者に聞き込みをおこなったところ、同養豚場からスコップが紛失していることを聞かされたため、この経営者に盗難の被害届を書かせた[51][52]。スコップの存在を知っていたのはI養豚場関係者に限られることや、I養豚場の番犬に慣れている者でなければスコップを盗み得ない状況にあったことから、警察はI養豚場関係者に的を絞り、特命捜査班を組織してI養豚場関係者に対する捜査を開始した。このとき捜査線上に浮かび上がったのは、以下の面々であった[53]。, このほか、石川一雄と同姓で元同僚のIT(当時21歳、1998年病死[57])も血液型B型だったと伊吹隼人は述べているが[57]、公判ではそのように認定されていない。, 時の国家公安委員長・篠田弘作は「こんな悪質な犯人は、なんとしても必ず生きたまま捕らえる」と発表した[69]。11日午後5時ごろ、I養豚場から盗まれたスコップが狭山市大字入間川字東里の小麦畑で発見された。このスコップは一見して農作業や土木工事に使われていたスコップではないことが明瞭であり、木部に食用の油が付着していたため、捜査当局はI養豚場の養豚用スコップと判断した[70][71]。そこでスコップに付いていた土を調べたところ、遺体を埋めた地点の土と同じものという鑑定結果が出たことから、遺体を埋めたときに使ったスコップと認定された。, 同月23日、遺体遺棄現場近くの被差別部落に住む石川一雄(当時24歳、血液型B型)が傷害や暴行や窃盗などの容疑で別件逮捕された。石川は養豚場時代から被害者と顔見知りだった[72][73]。逮捕とともに石川の自宅から押収されたゴム紐は、長さ約35センチ、直径約1センチの管状のもので、殺害現場と推定される雑木林の中で見つかった被害者の自転車の荷台のものと、大きさや形が酷似していた[74]。, 同日におこなわれたポリグラフ検査で石川は、手拭、タオル、首の絞め方など9項目について、犯人しか知らない点を質問された折に異常な反応を示している[75]。また、被害者の遺体には他人の頭髪が付着していたが、これについて石川の頭髪と比較し、精密検査したところ、特徴がよく似ていることが判明した[75]。, 石川の学歴について弁護側は「小学校5年修了」としているが、当時の新聞報道には、1951年に入間川の中学校に入学するもほとんど通学せず1954年に「義務年限終了」で除籍、とある[76]。小学校の指導要領には「他人との協調性に欠け責任感、正義感はまったくない」と書かれ、いたずらをするときは常に先頭に立ち、なにをしでかすかわからない性格とされていた[77]。除籍と同時に保谷の鉄工所に勤めたが旋盤で指を切断する事故を起こし退職したという[76]。, 石川はその他、農家の子守奉公や靴屋の店員見習いなどの職を転々としている。1958年3月には東鳩の製菓工場の臨時工員としてビスケットの不良品を選り分けて箱に詰める仕事をしていたが、むら気が強く「いやになると選り分けしないままめちゃくちゃに詰め込んでいた」と同僚は言う[76]。, 東鳩時代、最初の1年は野球選手として活躍していたが、やがて狭山から通勤する友人に誘われて不良の仲間に入り、2年目からは素行不良で欠勤が続き、競輪や競馬やパチンコ[78]やマージャンといったギャンブルに入れ込み、給料のほとんどを注ぎ込み[79]、とりわけ競輪に熱中していた[76]。無断早退して競輪場に行ったこともある[76]。金につまると新宿の血液銀行で一度に人の二倍ほどの血を売り、その金を競輪に使っていたこともある[80]。, 1960年から1961年にかけて女子工員とトラブルになり、最終的には会社の製品を無断で持ち出したことが発覚して1961年9月5日に懲戒解雇となった[76]。, 石川は土工を経て、1962年10月末頃[81]から1963年2月28日まで[82]約4ヶ月間I養豚場に住み込みで働いていた。そして同養豚場の経営者家族や従業員たち27人中21名の血液型を検査したところ、B型は石川ただ1人であった[83][84]。さらに、その27人中14人の筆跡を鑑定したところ、石川の筆跡が脅迫状と一致するという結果が出た[84]。, 石川の当時の性格は短気にして粗暴と評され、物を投げる癖があり、同僚の目の前で、パンを焼く大きな窯(かま)に生きた猫を放り込んだこともある(動物虐待)[76]。普段は暗い感じで「つかれる」が口癖であったが、酒を飲むと人格が一変[76]。19歳のときには入間川駅前で不良同士の喧嘩から短刀で刺され、腹膜に達する傷を負ったこともあるが、腹を押さえて自力で病院まで歩いていった[85]。このため、左下腹に大きな傷跡があった[76]。当時はとても一人歩きできない寂しい場所だった薬研坂を、石川は夜遅くなっても平気で歩いていたと同僚はいう[76]。1962年の暮には、テレビ番組で犯人が刑事に次々と犯行を自供しているのをみて、友人に「バカなヤツだ。オレだったらどんなに突っ込まれても否認してみせる」と発言したこともある[86]。, 石川には前科はなかったが、13歳の時、列車の転覆事件の容疑者と目され、連行されて取り調べを受けたことがある[注釈 24][87][88]。また、14歳の頃、友人と共に狭山市柏原の民家から鳩を5~6羽盗み、狭山警察署で取り調べを受け、父親と一緒に浦和の裁判所に呼び出されたが起訴猶予になったことがある[89]。さらに、その翌年頃、狭山市入曽の農家の物置から俵を3俵盗み、やはり狭山警察署で調べられ、浦和の裁判所に呼び出されて起訴猶予になったこともある[89]。, 養豚場を辞めた理由は、他人に借りたオートバイを壊してしまい、修理代を月給から引かれるのが気に入らなかったことだった[90]。その後しばらくは金銭問題による家庭内の不和から実家に帰ることができず、自動車の中で寝たり、山の中で寝たり、友人宅に泊めてもらったりしていたが、3月10日頃に所持金を使い果たしてどうしようもなくなり、詫びを入れて実家に戻してもらったという[91]。ただし実家に戻ってからも兄とは折り合いが悪く、兄から「家を出て行け」と言われたほか、姉の婚家に「どうしたら一雄を家から追い出せるか」と相談されたこともある[91]。, 石川の人となりについて、石川の元婚約者は自分の父親に対し「あまりしゃべらん陰気なひと」と語っていた[92]。「これまでにも人をなぐったり、詐欺、盗みを働いたりしてふだんから地区内の"きらわれ者"だったという。多くの知人たちは『とにかく不気味な男だった』といっている」との報道もある[93]。なお石川は満足な義務教育を受けていなかったが知的には正常で、知能指数は100だったことが確認されている[92]。, 被害者の死体が見つかった5月4日ごろ、石川はいち早く現場に駆けつけ、不安と恐怖におののく人々をよそに「こんなに人が集まるのならアイスクリームでも売ったら儲かるだろうな」と笑っていた[94]。, 本事件の犯人の血液型がBであると新聞などに報じられた頃、石川はI養豚場の経営者から血液型を尋ねられ、本当はBと知りつつAと偽ったことがある[95]。また、5月1日のアリバイについては、兄の鳶職の手伝いをしていたから自分は大丈夫だ、とも偽っていた[95]。(事件当日の行動については#石川一雄のアリバイ参照), 石川はまた、事件の数年前の国体予選では入間川地区代表のリレー選手を務めていた[96]。5月2日夜の行動について、石川の家族は「家で寝ていた」と証言していたが、石川の自宅は風呂場伝いに家族に隠れて外出できる構造だった[97]。, 共同通信社は、逮捕前から有力容疑者が石川であるという情報を入手しており、逮捕前日の22日、工事現場で働いていた石川を撮影している。また警察は、報道陣に対して逮捕当日から「筆跡などで石川が犯人であることに確信がある」と発表した。一方「彼が犯人だという確信はあるか」との記者の質問には、竹内武雄副本部長(狭山警察署長)は「これが白くなったら、もうあとにロクな手持ちはない」と答えたという[98]。, 逮捕直後の石川は「警察が犯人を逃がしておきながら、こんなところに入れやがって、お前なんか出たら殺してやる」と中勲(刑事部長)に食ってかかった[99]。脅迫状の筆跡と石川の筆跡の一致については「同じ日本語だから似ているのが当たり前だ」と、一致の事実を認めた上で開き直った[99]。「何度同じことを訊くんだ」と取調官に突然手を上げたほか、鉛筆を投げたり、そっぽを向いて鼻歌をうたったりした[100]。調べ室に置いてあった被害者の写真をこなごなに引き裂いたこともある[101]。, また石川の母の証言によると、5月3日朝に石川は起床できず昼頃まで寝ていたというが、5月3日早朝は犯人が佐野屋付近で身代金を奪い損ねて逃走した日だったため、逃げ疲れて寝込んでいたものと警察では解釈した[99]。石川は競輪が好きで少なくとも3万数千円[102]の借金があったため、金に困っての犯行と思われた[103]。競輪好きの石川は西武園競輪場にもたびたび足を運んでいたため、脅迫状の中の文言, (もし車で行った友達が時間どおり無事に帰って来なかったら子供は西武園の池の中に死んでいるからそこへ行ってみろ)と結びつくと解釈された[104]。石川の逮捕前、『毎日新聞』1963年5月9日付第13版は「警察の字を刑札などと間違えているのに、西武園はちゃんと書いてるんで、競輪マニアじゃないかという説もある」と報じていた。石川は当時、雅樹ちゃん誘拐殺人事件に異常な関心を示していた[102]。

.

蚊取り器 屋外 強力 7, Spotify 再生回数 増やす 13, ホルヘ アントニオ イバニェス 4, ザ ベストテン Tbsチャンネル 4, Manda Ginza 口コミ 4, Ark テイム値 上がらない 6, 乃木坂 動画 Nogibingo 55, 波乗りジョニー Fx 手法 47, アド街 Bgm 洋楽 18, 家政婦 のナギサさん キャスト 28, 県庁 小論文 テーマ 14, 荒野行動 コア メンバー 34, You Are Romantic 意味 6, 堀ちえみ 舌癌 手術 7, 大阪府 夏休み 小学校 4, ダウンサス 工賃 激安神奈川 25, 中川大志 広瀬すず 対談 4, 岡山 甲子園 2020 6, 池乃めだか カニ ば さ み 4, きり丸 過去 小説 29, 鬼滅の刃 オメガバース 夢小説 14, 雪の降る街 オフ会 とは 12, キャプテン翼 英語 タイトル 8, ノルウェイの森 考察 ラスト 25, 塾の先生 好き 高校生 7, キャンプ 寝床 コット 35, デレステ 総選挙 課金 5, フェイスマスク 日焼け 手作り 9, マイクラ エリトラ 地形 読み込め ない 47, Cereal Magazine 蔦屋 5, マイクラ Switch 走れ ない 6, 老猫 後ろ足 が動かない 19, グラブル ソリッズ 強い 41, おとめ座 Ab型 2020 4, アイアム冒険少年 伊沢拓司 名言 51, 全国高校サッカー 選手権 染野 4, 日本政策金融公庫 審査期間 コロナ 13, フォーリミ ターミナル 意味 8, 2ルームテント ペグ 長さ 14, ヒルナンデス 収録 場所 5, 恋人も濡れる街角 歌詞 意味 4, 潮騒 歌詞 山下達郎 9, Xflag パスワード 何桁 4, 小野恵令奈 バー 麻布十番 35, 人 見 絹枝 染色体 13, 乃木坂工事中 リアルタイム Youtube 5, Pinterest 元画像 削除 12, 女芸人 つまらない なぜ 47, 桜丘高校 青山高校 違い 4, バレエ シニヨン 横分け 15, Key Of Heart 歌詞キンプリ 59, 手紙 英語 より 恋人 19, テレ東 ゴルフ番組 岡田 4, おはスタ 中川大志 最終回 4,