こんな感じでウェブスクレイピングした。色付きセルを入力or選択後実行でデータ取得ができる。あとは煮るなり焼くなりお好きにしてください。, 初期設定では東京都のうち、東京、父島、羽田、練馬の四箇所であるが、データベースに都道府県コード、地域コード※1 を入れれば他でも対応できます。2行目の色なしデータを参照するようにしているので、コードを追加した場合は、2行目BとDのリスト範囲を変更すること。2行目CとEのVLOOKUPの範囲を変更するのを忘れないでください, ↓は実際作成したエクセルマクロです。今のところ使用期限2020年3月末でそれ以降はkillステートメントで開いた瞬間データが消える仕様になっております。もし有料版出すときはkill外します(気が向いたら), "https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/daily_s1.php?prec_no=44&block_no=47662&year=2020&month=2&day=4&view=", アドレスは1.気圧ありなしなどの観測情報の違いによるテーブルチェック→s1 or a1 .php2.都道府県コードチェック→prec_no=3 地域コードチェックblock_no=4 年月→year=   month=以上のように分類することで表示しているようである。, https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/daily_s1.php?prec_no=44&block_no=47662&year=2020&month=2&day=4&view=. 今回はQueryなのでURLを変えるだけですが、URLが変わってなくて怪しいなと思ったらたぶんPOSTで渡してます。開発者モードでPOSTを調べてみましょう。POSTになっても同じです。確かPOSTするAPIが純正でとれるはずなので同じようにやってみてください。. Github: https://github.com/CyberHacnoshuke, 「ソースコードを的確に調べてきれいにつなげる程度の能力」 今回は気象庁のデータサイトを例にします。データが見れる(表示されている)サイトにアクセスしてください。(気象庁ではここ) やることは二つあります。 2.2.1 やること①:urlの解析. みんな大好きVBA(Visual Basic for Applications)はエクセルに標準搭載のプログラム言語になります。皆さんもマクロ記憶などで業務の自動化を行なったりしているかと思います。, そんな、身近な言語を使用してWebサービスにアクセスして情報を引き出していこうと思います。具体的には気象庁が発行している気象情報のXMLデータを表示するマクロになります。, VBAでXMLファイルを操作するにはMSXMLオブジェクトというXMLデータを操作する何かを設定する必要があります。設定方法は以下のとおりです。, このプログラムではMSXMLオブジェクトによりXMLファイルを読み込みます。そして、各ノード情報をテキストボックスに表示するだけのシンプルなプログラムになっております。, 本日はMSXMLオブジェクトを使用してVBAでWeb上のXMLファイルを読み取ってみました。今回はお天気情報に限定しましたが、ほかにも防災情報などのウェブ上のXMLファイル操作に転用可能になります。, また、今回のサンプルコードは伊豆諸島北部のお天気情報を読み取りましたが、場所を変えたい場合は24行目の【XMLDocument.Load】で読み取るWebアドレスを変更してみてください。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, ブログ内で紹介した記事や電子工作関連の動画をUpしております。よろしかったら登録お願いいたします。, AVRなどのマイコンでレジスタ操作を行ったり自由にプログラムしたい方にオススメしたい一冊です。, 場所を変えたい場合は24行目の【XMLDocument.Load】で読み取るWebアドレスを変更してみてください。, 【ESP8266】天気予報API Weather HacksをハックしてOLEDに天気情報を表示させる, 【Arduino/ESP8266】コロナデータAPIからJSONデータを取り出してOLEDに表示する. SQL Server 2008 R2, MySQL, Microsoft Access. –気象データの取得 •気象庁防災情報xmlフォーマット形式電文の提供 •気象観測データファイルのダウンロード •気象予測データファイルのダウンロード •gpvデータのサンプルのダウンロード. やることは二つあります。, 試しに札幌の2017年の1月の日ごとのデータを見てみましょう。URLは以下の通りです。, URLの中の?より前の部分はサーバーへアクセスるための住所ですが、?より後ろはQueryと言われプログラミング的には「引数」、住所と対比して「手紙」「通信網」と例えることができます。 気象データを活用しよう(サンプル版) Last update 2019/12/21(ダウンロード先を Vectorに変更) 概要 地域と日付を指定すると、気象庁のHP「過去の気象データ」から、、気象データを自動取得してシートに反映させます。 Microsoft Excel シート、および LibreOffice Calc シート版をリリースしています。 合があったため、2020å¹´2月5日から3月19日までの風向風速データを欠測としました。(2020å¹´5月21日). カメラ:TOYO FIELD, Hasselblad 500C/M, Leica M6. vbaでxmlファイルの読み取りを行いテキストボックスに表示するマクロになります。今回は気象庁のお天気データになります。ほかのxmlファイルの読み取りに応用ができますので良かったらどうぞです。 気象庁ホームページから気象観測データをダウンロードできますか? 気象庁ホームページは、通常のブラウザで閲覧することを前提に各種情報を掲載しております。 このため、気象観測データのダウンロードには対応していません。 今回の主役はVBScriptです。インターネット経由で空港の気象情報を取り込み,取り込んだデータの中から気温と気圧をExcelシートに書き出します。Excelの起動,セルへの書き出し,終了もVBScriptにやらせます。VBScriptの中に書かれたExcel/VBAのコードが実行されていく様をご覧ください。VBScript恐るべしです。, インターネットにありそうでないものとして気象関係のデータがあります。天気予報はあっても,現在の気温や気圧のデータだけを提供しているところは意外に見つかりません。今回は,米海洋大気局(NOAA:National Oceanic & Atmospheric Administration)が提供している気象情報を取り上げます。NOAAは世界中の空港の気象データを,「METAR」(Meteorological Aviaion Report,定時航空気象実況通報式)と呼ばれるフォーマットで書かれたテキスト・ファイルとして配信しています。METARは,およそ30分に一度更新されます。空港によっては数時間に一度の更新だったり長時間更新されないこともありますが,まあサンプルとしては差し支えないでしょう。, では,METARの具体例を掲載してみましょう(リスト1[拡大表示])。この場合,10/08 Q1011の「/(スラッシュ)」の前部分が気温,Q1011の部分が気圧を表します(METARについては那覇航空測候所のサイト,http://www.okinawa-jma.go.jp/nakou/ryakugo2/newpage3.htmに詳解が掲載されています)。, サンプルのコードを見てみましょう(リスト2[拡大表示])。このコードを,test.vbsなどと拡張子vbsのファイル名にして「C:\foo」フォルダに保存します。サンプルは「C:\foo\Book1.xls」というファイルを使うので,あらかじめExcelファイルを用意して同じフォルダに配置しておきます。なおBook1.xlsには,A1セルに「日時」,B1セルに「気温」,C1セルに「気圧」と入力しておいてください。test.vbsをダブルクリックして実行させると,METARデータのダイアログが表示され,OKをクリックするとExcelが起動してデータが書き込まれます(図1[拡大表示])。, コードの中身を解説しましょう。まず,VBScriptでネットワーク上のドキュメントをHTTP経由で取得するには,リスト2の(1)のようにMSXML2.XMLHTTPオブジェクトを使います。指定されたURL(ここではNOAAのURL)に接続して,変数BUF内にドキュメントを取得できます。, 取り出してきたMETARデータは暗号のような状態なので,まず改行部で切り離して前半の日時を取ります。METARの日時はUTC(世界標準時)ですから,9時間を足して日本時間に変換します。改行以降のデータ部はスペース区切りのSSV(CSVのスペース版)になっています。これをスペースごとに分解して配列に取り込み,/(スラッシュ)が3文字目にあるものを気温,Qが頭に付いているものを気圧と識別させます。, 続いて,取り出したデータをExcelに書き出す処理です。オブジェクトとしてExcelのインスタンスを作っています。ExcelをVBScriptの支配下に置いてExcel/VBAを動作させるためです。セルに日時と気圧,気温を書き出す部分に注目してください。「xlSheet.Cells(x, 1).Value = ~」という表記が出てきますね。xlSheetというのはExcel起動時に作ったシート・インスタンスです。ここに「Cells(x, 1).Value」の形式でデータをセルに書き出しています。, VBScriptには,もちろんCells( )プロパティはありません。VBScriptからオブジェクトとしてExcelを作り出してやると,本来は持っていないExcel/VBAの機能も使うことができるようになるわけです。なおVBScriptの仕様としてSave(保存)を実行しかけたときに「RESUME.XLWを保存しますか?」のように聞かれますが,そのまま「はい」をクリックしてください。ちゃんとBook1.xlsが上書きされます。, 今回のサンプルをもとにすると,LAN内サーバーや外部特定サーバーからHTTP経由で情報を取得し,Excelに書き出していくといった業務アプリケーションも作成できます。気象情報を使ったのはあくまでヒント。今回のコードをどう改造させるかは皆さんのアイデア次第です。, 2020年11月24日(火) 14:00~17:25 2020年11月25日(水)14:00-17:25, 2020年10月1日に起こったシステム障害と、過去の東証関連記事をまとめました。最新情報を随時追加します。. # URLで年と月ごとの設定ができるので%sで指定した英数字を埋め込めるようにします。, "http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/daily_s1.php?prec_no=%s&block_no=%s&year=%s&month=%s&day=1&view=p1", #取ったデータをfloat型に変えるやつ。(データが取れなかったとき気象庁は"/"を埋め込んでいるから0に変える), #最終的にデータを集めるリスト (下に書いてある初期値は一行目。つまり、ヘッダー。), # 表の最初の1~4行目はカラム情報なのでスライスする。(indexだから初めは0だよ), #都市ごとにデータをファイルを新しく生成して書き出す。(csvファイル形式。名前は都市名), ほとんどのArm IPが試し放題でスタートアップは年会費無料!?Arm Flexible Access, http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/daily_s1.php?prec_no=14&block_no=47412&year=2017&month=1&day=&view=s1, you can read useful information later efficiently. 今回は気象庁のデータサイトを例にします。データが見れる(表示されている)サイトにアクセスしてください。(気象庁ではここ) やることは二つあります。 2.2.1 やること①:urlの解析. 以降『気象庁xml』 試しに札幌の2017年の1月の日ごとのデータを見てみましょう。 試しに札幌の2017年の1月の日ごとのデータを見てみましょう。 http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/daily_s1.php?prec_no=14&block_no=47412&year=2017&month=1&day=&view=s1 Why not register and get more from Qiita? VBAでもウェブスクレイピング出来ると聞いてやってみた。 ・取得できる情報 指定した場所の指定した年月の過去の日ごとデータ 気象庁|過去の気象データ検索気象庁|過去の気象データ検索www.data.jma.go.jp ↑のリンクを実際に開いたらこんな感じ エクセルマクロを実行すると・・・・ こん … 一次元の配列を縦にバァーっと連なっているだけです。, GoogleColaboratoryではファイルを生成しても仮想サーバー上に生成されるだけです。仮想サーバー上にあるデータをダウンロードしましょう。, 途中で「このサイトからの連続のファイルダウンロードを許可しますか?」みたいのが出てくるので許可を押してください。これでローカルにダウンロードできたはずです。, こんかいは特定のサイトがスクレイピングできるかどうかを判断しそのサイトの規則性を見出して連続でスクレイピングしてみました。急いで書き上げたので至らなかったところもあるかと思います。ぜひ、質問してください。 もう一つ。それは、サイトがしっかりスクレイピングできる構造になっているかどうかです。僕自身、スクレイピングをするのは初めてでしたので、適しているかどうかをはっきり区別できるわけではありませんが。(区別の仕方は次項で), 今回は気象庁のデータサイトを例にします。データが見れる(表示されている)サイトにアクセスしてください。(気象庁ではここ) admin のすべての投稿を表示, "URL;https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/monthly_a1.php?prec_no=55&block_no=0552&year=", "URL;https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/daily_a1.php?prec_no=55&block_no=0552&year=", EXCEL VBAで気象庁ホームページから風向風速,降水量,気温,日照時間のデータをダウンロードする, 感度,特異度,陽性的中率,陰性的中率,陽性尤度比および陰性尤度比とそれぞれの95%信頼区間を計算する, VBScriptの正規表現でパスワードに半角英数字と半角記号が使用されているか検証する, National Institute of Health and Nutrition, Standard Tables of Food Composition in Japan 2010, the Japanese Society for Dialysis Therapy. よって、後ろのQueryを編集すればほかのサイトが取れるはずです。検証してみたところ都市はprec_no(都道府県の番号)とblock_no(都市の番号)の二つで管理され省略は不可でした。年月日などはyear(年)、month(月)とday(日にち)の三つで管理され日にち以外の二つは省略不可でした。最後にサイトのテンプレートです。気象庁ではご存知の通り、表示するデータを変えることができます。風や日照時間だけにしたりだとかいくつかのテンプレートが用意されています。これはviewで表され、省略するとs1が与えられています。s1のViewは一番多くのデータを表示していたので今回はこれを使います。, 今回は引数をURLに明記するかたちで渡すQueryがつかわれていましたが、完成度が高いサイトではよくPOSTがつかわれます。通信網を使い、文字では表現できないデータ(ファイルなど)を直接押して引数を渡します。それを使ってサイト上で画像を加工したり、パスワードを送ったりします。(パスワードをURLで明記したらやばいでしょ)

.

キジバト 鳴き声 意味 4, 運転代行 料金 千葉 6, アンナチュラル 小説 怪我 41, あつ森 アセロラ 家 8, 伊良部秀輝 修学 旅行 6, サイラムザ アブラキサン 副作用 16, 漫画 ネタバレ 最終回 5, 湘南乃風 昔 の曲 6, 高校サッカー 歴代出場校 大阪 8, セレナ 車中泊 段差 4, 聖心女子大学 アナウンサー なぜ 23, 流山おおたかの森 B35 街区 商業プロジェクト 9, In Accordance With Along With 違い 13, ロジクール トラックボール Mx Ergo 4, 8月 誕生石 ペリドット以外 4, まとわりつく 剣盾 技レコード 11, キャロウェイ スチール ヘッド フェアウェイ ウッド レフティ 5, Dior 代引き できない 16, 野良 子猫 お腹 パンパン 14, 配線 プラスマイナス 逆 8, プロスピ 福田 覚醒 6, 桐蔭学園 進学実績 推移 8, ユナ ジョンヒョン 熱愛 20, Hkt 青春体育部 Youtube 12, Planet Express 使い方 14, 丸山隆平 自宅 西麻布 32, 長く短い祭 ピアノ 無料 5, Kinki Kidsl Album 4, マスコミ 取材 断り方 34, Ldh Cl チケット 購入方法 13, ティア レオーニ 画像 19, 職場恋愛はないと 言 われ た 7, 米長 永世 棋聖と みかん 対決 25,