尾ぐされ病と言うものにかかってしまったようなので1日に約6gの塩を1日かけてゆっくり入れています 水槽内に栄養である硝酸塩が増えて、さらに、光合成を行うための光と二酸化炭素(CO2)があると茶ゴケ(珪藻)が増えていく要素が揃います。, 硝酸塩は、生体などの糞や餌などから発生するアンモニア→亜硝酸塩→硝酸塩の流れで増えていき、光は照明器具や水槽外の間接光なども考えられます。また、二酸化炭素(CO2)はやはり生体が発生させるので、水槽内にはある程度の二酸化炭素(CO2)がある状態になります。, 写真の茶ゴケ(珪藻)が発生した環境は、新規で水槽を立ち上げ、生体は小型カラシン系の3匹、照明器具は点灯させず、北側の弱い間接光が水槽に当たる状態で3週間後に発生してきました。, 通常、水槽にコケが発生するようになると、水替えをして水槽に溜まっている硝酸塩を水槽外に排出する事が効果的ですが、茶ゴケ(珪藻)の場合は水替えによって水道水に含まれるケイ素を水槽内に補充する事になる点には注意が必要です。, 茶ゴケ(珪藻)は光合成を行って増殖する事から、まずは、水槽内を照らす光について見直す必要があります。, また、照明以外でも水槽へ直射日光や間接光が、当たっていないかも見直す必要があります。, 次に、水槽内に溜まっている硝酸塩への対策になりますが、生長の早い水草を入れておくとそれを肥料分として消費してくれるようになるので、生長の早い水草を大量に植えるのは非常に有効です。, 陰性水草が多い場合は、陰性水草自体の生長速度が遅いため、水槽内で過剰になりつつある硝酸塩の吸収はあまり期待できないので、その場合は浮草を水面に浮かべておく事で水槽内の硝酸塩を吸収させて減少させる事が出来ます。, 水槽立ち上げ初期に発生する茶ゴケ(珪藻)の場合は、他のコケ(緑藻など)が現れだすと徐々に茶ゴケ(珪藻)の勢力が弱まっていずれ消えてしまいますが、ガラス面に表れてどうしても気になる場合には、メラミンスポンジなどで摺り取ってしまった方が早いです。, 水草の表面などに付着している場合などは、歯ブラシなどを使って摺り取ったりも出来ます。茶ゴケ(珪藻)を食べる生体は多くいるので、それらの生体を水槽に入れておくことである程度は対処することが出来ます。, 水槽に発生する茶ゴケ(珪藻)を食べてくれる、藻食性の生体は多くいますが、それ目的のみで入れてしまうと茶ゴケ(珪藻)が目立たなくなった後の飼育が逆に大変になる事があります。, 水草水槽などでコケ対策として飼育される機会が多いのが、ヤマトヌマエビやミナミヌマエビなどに代表される甲殻類です。エビなどにとっては、茶ゴケ(珪藻)は大好物でもあるので、水槽に入れるだけで相当な効果があります。, ただし、ガラス面などに付着している茶ゴケ(珪藻)は、あまり上手く食べれません。小型水槽の場合なら、体長が小さいミナミヌマエビの方が、存在感が目立たないのでオススメです。, ガラス面や石・流木、固い葉を持つ水草などに付着する茶ゴケ(珪藻)には、オトシンクルスがオススメです。ただし、他のコケもある程度は食べますが、人工飼料にも餌付けさせておかないと餓死する可能性もあります。, ガラス面や石、底床などに発生する茶コケ(珪藻)の対処には、貝類を入れるのもオススメです。ただし、ガラス面やレイアウト素材などに卵を産み付けてしまうことがあり、逆にその卵が気になってしまうことも。, 小型水槽の場合には、サイズが小さいコウモリカノコ貝がオススメですが、ショップによっては扱っていない場合もあります。, 60cm水槽以上なら断然フネアマ貝がオススメです。緑藻なども食べてくれますが、ガラス面と底床部分に接しているところにも潜っていくことがあるので、水草水槽の前景草を植えてある部分は掘り返されてしまうことも。, 30cmキューブ水槽を、底面ろ過方式で立ち上げた水槽です。新規立ち上げから約3週間で、ガラス面や底床のソイルに茶ゴケ(珪藻)が現れてきました。そこで、小型エビを入れてどれ位の期間で、茶ゴケ(珪藻)が消えてしまうか試しました。, 別水槽で繁殖し増えているルリーシュリンプ15匹を、この30cmキューブ水槽に。ルリーシュリンプは、レッドチェリーシュリンプの改良品種でミナミヌマエビと近縁なヌマエビです。藻食性は、ミナミヌマエビと同等くらいでしょうか。, 水槽にルリーシュリンプを入れてしばらくすると、ソイル部分に付着している茶ゴケ(珪藻)をツマツマして食べ始めました。ガラス面の茶ゴケ(珪藻)を食べようとしていますが、あまり上手く食べれていないです。, 実際、翌日にはソイル部分に目立っていた茶ゴケ(珪藻)は、ほとんど目立たないほど無くなっていました。, ルリーシュリンプがソイルの茶ゴケ(珪藻)を食べてくれたので、取り合えずレイアウト用の石を置いてみたところです。ガラス面には、茶ゴケ(珪藻)と薄っすら緑色の緑藻が見えます。, やっぱり、ガラス面に付く茶ゴケ(珪藻)などには、オトシンクルスや貝類がいいでしょう。もしくは、人力で摺り取ってしまう方が一番早いかもしれません。, 水槽立ち上げ初期に発生する機会が多い茶ゴケ(珪藻)は、しばらくすると勢力を失い目立たなくなりますが、逆に他のコケが目立ってきます。ただし、このようになってくると水槽のろ過が出来上がってきている状態を表しています。, 茶ゴケ(珪藻)は、弱い光が好みなので、長い時間弱い光が当たっていると増えやすくなります。ただ、見た目的にも汚いので、スポンジなどで摺ったり、茶ゴケ(珪藻)を食べる生体を導入するといいです。, 2012年夏に娘が2匹のミナミヌマエビを貰って来たのが事の始まり。 5 水槽内にできるコケ6種類とその対処法! (貝類はその他のコケもかじり取れたりしますネ), 茶ゴケを食べる生物への関連リンク: 熱帯魚の名前って独特なものがありますよね!, さて、話が横にずれました。サイアミーズ・フライングフォックスは、小さい時にはコケを食べてくれるのですが、大きく成長すると苔を食べなくなります。 ・サイアミーズフライングフォックス:食べるコケなど, 「成長の早い有茎草をチョイスする」、「二酸化炭素添加で光合成を促進させる」などにより効果を実感しやすくなります。, 水草は茶ゴケよりもケイ素を吸収するので、水草の勢いがコケより勝れば自然と茶ゴケは減っていきますね。, 「アオミドロ」は1本1本が糸状の形をしており、それが寄り集まるとモサッとした見た目のコケになります。, 色は濃い緑や薄い緑が多いのですが茶色などのタイプもあり、形状についてもよくウェーブするものやあまりウェーブしないものなど様々なタイプがあります。 ・石巻貝:食べるコケの種類や飼育のポイントとか。, 成長の早い水草を植えて二酸化炭素を添加しつつ、水草の成長を促すことによりコケにいく栄養を抑えることができます。, 単に水草を植えるだけでは効果は半減しますので、成長の早い水草+二酸化炭素がポイントです。, また二酸化炭素を添加すれば成長の遅いアヌビアス類も活性するため、コケが葉に付かなくなるようにもなるメリットがあり一石二鳥と言えるでしょう。, 水草の成長のためには適切な肥料も効果的ではありますが、不足している栄養を見極めずに使うと逆にコケの栄養となりやすいので要注意です。, 魚から出るフンやソイルから出た栄養が蓄積していき、日ごとに栄養レベルが上がっていくので定期的な水換えをすることで栄養レベルを抑えることが可能です。, 2週間に一度の水換えよりかは、1週間に一度の水換えの方が緑の斑点状ゴケを抑ることができます。, とはいえ完全に出てこないようにする場合は数日置きの水換えが必要になるレベルなので、水換えついでに軽くガラス面掃除で保てるようであれば妥協してしまうのも手です。, 手動やコケ取り生物ではなかなか取れないのでこのコケのためにリセットを余儀なくされる人も多く、かなり厄介なコケ。, 「アオミドロ(糸状ゴケ)」によく似て、黒いものは「黒髭状ゴケ」に似ていますが、糸が短く球状にならないことで区別ができます。 そんな水槽で出る厄介なコケについて、種類を写真で紹介し、種類に応じた対策および食べる生物などの除去方法を解説していきます。, 水槽に発生するコケといってもいくつかの種類があり、それぞれ発生原因や対処法が異なります。, 「コケが発生したら水を綺麗に」と良く言われますが、例えば「茶ゴケ」と呼ばれるコケは水道水に含まれる栄養を主要分としているため、下手に水換えをすると悪化しますし、単に水換えで対応するのは不適切な場合があります。, 他にも「藍藻」と呼ばれるタイプは、コケ取りとして売られているエビ類が食べないという落とし穴もあります。, そのためコケ対処のためには発生しているコケを見分けた上で、それぞれにあった対処をするのが大事なのです。, 茶色い色をしていても見た目がフサフサしたものは種類が異なり、対処方法も異なるので気をつけましょう。 アクアリウム・水草初心者向け水草の植え方や種類ごとの育て方, 水槽の底砂やウィローモスなどに付着している緑色のべとべとした感じのノリ状のコケは藍藻(らんそう)です。藍藻は正確にはコケではなく原核生物のシアノバクテリアと呼ばれる細菌です。発生すると水槽の底の方に固まった感じで現れ、濃い緑色をしているのですぐに気がつくはずです。, 藍藻自体は熱帯魚や水草に悪影響を与える事はほとんどないですが、観賞目的の水草水槽や熱帯魚水槽では見た目がいいものではありませんので、できれば除去したいコケでしょう。, 藍藻の発生原因は底砂の汚泥や水質の悪化とされており、水槽内で循環がうまく行われていない場所など、水の淀みがあるような箇所に発生しやすいコケです。またろ過バクテリアの繁殖とも因果関係があり、ろ過バクテリアがしっかり活動している水槽では発生しにくいようです。よって長期維持している水槽での発生にはろ過フィルターの汚れやろ過能力低下なども疑ってみるとよいでしょう。, 底床内での発生に対しては長期維持をしていれば、どうしても避けられないコケでもあります。, ソイルの入れ替えにて対応する方法もありますが、長期維持したソイルはろ過バクテリアもしっかり繁殖しており、全交換をするのは得策とは言えません。そのような場合にはガラス面付近のソイルだけを入れ替えることにより見た目は全然変わってきます。, 新規の水槽などでは水草投入時の持ち込みなども考えられますので購入した水草を水槽投入前にしっかり確認するようにしましょう。, 藍藻の付着力は弱いので底砂についたものはプロホースなどの底砂クリーナーで吸い出すように除去し水草に付着したものは水草ごと取出し汲み置きをしたバケツなどで濯げば取れてしまいます。藍藻除去作業の際に水槽内でかき混ぜるようにすると細かくなり水槽内に散らばってしまいますので静かに除去することが大切です。, 藍藻をある程度取除いたら市販のバクテリアを投入するのも効果が見込める対策です。原因の一つがろ過バクテリアの繁殖不足という事もあり、ろ過バクテリアを補充してあげることで対策ができます。, このときエアレーションを行い、バクテリアの活動を活発にすることと水槽内の淀みをなくすように水流の見直しを行うことでさらに効果が望めます。, コケ対策生体として有名なヤマトヌマエビやミナミヌマエビなどがこの藍藻を好んで食べてくれますので水槽内に数匹入れておくと発生の予防にもなります。ただ発生原因である水質の悪化と水の淀みを改善しない限り藍藻が発生しやすい環境には変わりありませんのでコケ取り屋のエビ達に頼りきりにならずに水質の維持に努めるようにしましょう。, 明るい緑色の糸状コケ対策 水槽内に発生する厄介なコケ。その中でも糸状コケに対する発生原因や対処方法についてご紹介いたします。また糸状コケに効果のあるコ[…], コケ取り生体を入れているのにコケが無くならない5つの理由・原因 水槽のコケ対策にコケ取り生体を入れるのは今や多くのアクアリストに知られている方法の一つ[…], 水槽やビオトープに発生するコケ アオミドロ対策 除去と駆除 水槽やビオトープに発生する緑色の藻アオミドロの除去方法・駆除方法についてご紹介いたします。[…], スポット状のガラスに付くコケ対策 水質が安定してきた水槽などでもガラス面に気がつくとスポット状のコケが付着していることがあります。水槽の環境にもより1[…], どっちがお勧め⁈オトシンクルスとサイアミーズフライングフォックス 混泳や大きさ・寿命 どっちがおすすめシリーズ前回はヤマトヌマエビとミナミヌマエビにつ[…]. 藻を食べる生体を飼育することで、藻の予防につながります。詳しくは後述します。 水槽の藻を食べてくれるおすすめの魚は? エビ類. 部分を捨てています。 えさかと疑いましたが全て食べているので…どうすればいいでしょうか。, おそらく茶コケかと思われます。 コケ掃除と砂利掃除の基礎を解説した動画です。, トロピカでは、より解りやすくアクアリウムのポイントをご覧いただける動画をどんどん配信予定です。 アクアリウムをやっているとミズミミズを目にすることがあるのではないでしょうか?なぜ、発生するかを考え れば適切な駆除・抑制の方法が分かるはずです。ミズミミズが増えて困るという人に役立ててもらえれば幸いです。 ミズミミズに害はあるの? 餌は2日に一回(夜)に与えて、沈没した餌やフンは見つけたら直ぐに取るようにはしています、活性炭入りの小型のぶくぶく空気を出してくれる子とバクテリアを増やす石、底砂はグラスサンドです… そんなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください!, トロピカではYouTubeチャンネル『トロピカチャンネル』を公開しています。 見た目も可愛く、女性や子どもにも人気があります。, 見た目は玄人向けになりますが、個人的にはノーマルのオトシンクルスよりもこちらがお勧めです。 塩水は汚れたら全換水で保ちます。1週間を目途に行ったら、0.5%→0.3%→0.1%→0というように、元の水質に3日程かけて戻してあげると良いですよ。, アクアリウムを運用するにあたり避けられない問題の1つにコケがあります。特に、コケも植物の1種なので水草がよく育つ環境ではコケも繁殖しやすく、水草にコケが生えてしまうと枯れる原因になるので早期に対処しなければなりません。ここでは、主に水草に生えてしまったコケに対する対処法と、コケを食べてくれる生物などをご紹介します。, コケの発生はアクアリウムにおいて避けては通れない問題です。現在では、コケの発生を抑制するための添加剤が多数発売されていますが、育成したい水草に悪影響を与えることもあるので、コケ対策を薬剤に頼り切るになることは危険です。抑制剤に頼らずともコケが生えにくい淡水水槽を作るための方法についてご紹介します。, 掃除してもしてもはえてくるコケ、 あなたのコケ掃除方法間違っているかもしれません!! 水草水槽.com アクアリウム専門のYouTubeチャンネル『アクアリウム大学』も配信中!

水槽の底砂やウィローモスなどに付着している緑色のべとべとした感じのノリ状のコケは藍藻(らんそう)です。藍藻は正確にはコケではなく原核生物のシアノバクテリアと呼ばれる細菌です。発生すると水槽の底の方に固まった感じで現れ、濃い緑色をしているのですぐに気がつくはずです。

水槽メンテナンス, アクアリウム, コケリウム, 水草, テラリウム, コケ, コケ対策, コケ・水槽のお掃除, 水草・レイアウト, アクアリウム初心者, 東京アクアガーデンの水槽掃除のプロがこっそりと教える、水槽に効果的なコケ(苔・藻類)対策。, 実際に発生したコケの画像を多数紹介しているので、一目瞭然です。 成魚になっても3~4センチと小型のため、水草を食べてしまうことも限りなく少なく、価格もそれなりに安価で使いやすいです。 そんな、水槽内の苔を食べる貝も沢山いますが、今回は最強の苔取り貝の一つと言われるフネアマ貝。緑藻・珪藻・藻など、黒髭苔以外には効果があるフネアマ貝の飼育条件・水温・水質・能力・コケ取り能力・注意点を紹介します。 i-aquarium.net. コケ取り方法について細かく書いた別記事もありますので、ご参考ください。, また、意外と忘れがちですが、水槽を掃除する時に清掃道具のメラニンスポンジからも移る場合がありますので、コケをうつさないためにも、メンテ道具は必ずきれいにしましょう。不安な場合はメラニンスポンジを熱湯に数分付けておけば大丈夫です。, 下の記事では、メンテナンス道具について詳しく記載しています。普段からのメンテナンスを効率良く定期的に行なって、コケの生えないアクアリウムライフを送りましょう。, なお、余談ですが、水槽内にウォータースプライトやペトナムスプライト、マツモなどの成長が早い水草を多めに入れておくのもコケ対策には有効です。水槽の水換えのサイクルも長くすることができますので「水換えが面倒かな……」という方は、参考にしてみてください。, ※記載されている情報は各ショップ販売時の情報に基づいています。価格などは時期により変動する事がございますのであらかじめご了承ください。, 綺麗な苔のご紹介や活用方法の記事もあります!

(後述する「短いフサフサしたコケ」もチェックしてみて下さい), 富栄養化とは魚のフンや食べ残し、肥料過多などでコケや微生物が食べれる養分が多い状態であり、アオミドロは栄養レベルが相当高くないと繁茂しません。, 水槽によって富栄養化になっている原因はそれぞれですが一般的には以下のようなものが挙げられます。, 富栄養化を解決しない限りはいくら除去したところでいくらでも生えてくるので意味がありません。, 水槽環境によって富栄養化になる原因はそれぞれなので、自身の環境を見直し、富栄養化になりえるものを解消することが第一です。, アオミドロは相当富栄養化じゃないと生えないコケなのですが、そうなる理由として最も多いのが「肥料過多」。, 肥料を使っている場合はまず添加を止める必要がありますが、固形肥料の場合は砂利から全て取り除く必要があります。

モチロン併用したほうが効果はあります。, アオミドロを食べる生物への関連リンク: そんな、水槽内の苔を食べる貝も沢山いますが、今回は最強の苔取り貝の一つと言われるフネアマ貝。 緑藻・珪藻・藻など、黒髭苔以外には効果があるフネアマ貝の飼育条件・水温・水質・能力・コケ取り能力・注意点を紹介します。 上記に取り上げた通り、水槽内の厄介なコケは、いろいろな条件から増えていきます。そんな、コケの原因のほとんどは水の汚れです。汚れをなくすためには日々の水槽メンテナンスと清掃を心がけることが大事になります。 綺麗な水槽を保つのは普段の観察が大事です。 金魚や熱帯魚の水槽では美観を損ねるコケが付きもの。 コケには種類があり、対策方法も異なります。 そんな水槽で出る厄介なコケについて、種類を写真で紹介し、種類に応じた対策および食べる生物などの除去方法を解説していきます。 コケにあった対処が重要 その形状から「糸状ゴケ」や「トロロ状のコケ」とも言われることも。, コケの中では成長スピードが最も早く、何か糸状の藻が生えてきたと思ったら一週間後にはモッサリしていることもあるほどです。, またガラス面や葉の表面など短くカーペット状に生えるものは一般的なアオミドロではなく、対処法が異なるので要注意。, アオミドロは1本が長く、あまり足場を必要としませんし、一箇所がひっかかりさえすれば伸びるので見分けるのは難しくありません。

(遮光を続ければ見た目が弱々しくなりますが、すぐに元に戻ります), 僅かな光でもコケは生きながらえるので、うっすら明かりが入ってしまわないように注意しましょう。, 遮光するための道具など手間はかかってしまいますが、デメリット無しで全てのコケを一掃できるのが完全遮光です。, 投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。, ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。, 富栄養化を取り除かない限りは増えるスピードが尋常じゃ無く、コケ取りを入れても焼け石に水!, 水草を入れることでもケイ素を処理できるものの、活発に成長させないとあまり効果はない, イシマキガイなどの貝類が食べてくれるが残りやすく、少し生えている程度なら効果は低い, 完全に0にしてしまうのは困難。ある程度抑えつつ水換えついでにガラス掃除で維持するのが良い, 照明時間を減らしつつ、COの添加を行うなどして水草の成長に合わせて「栄養(汚れ)」、「照明」をコントロールする, ミナミヌマエビが食べてくれるが硬いもの古いものは食べない。どちらかというと生えたて・予防目的として。. https://tropica.jp/2018/06/15/post-16968/, どじょうを飼っている水槽に薄茶色のふんみたいなものがついています。糞は取っているのに…

YouTubeのチャンネル登録はこちらからです。, 緑色のフサフサした長いコケで、枝分かれせずに一直線に成長していきます。水槽内に出来ると見た目がとても悪いコケでもあります。, アオミドロは長い糸状のコケなので、ピンセットや歯ブラシで取り除けます。しかし、それでは根絶させることが難しいので、アオミドロを食べてくれる生き物を入れて駆除します。, アオミドロは光合成を盛んにして増殖しやすいコケなので、持ち込まないことが大前提です。コケを食べてくれる生き物を水槽内に入れておけば、コケが増えすぎて困ることはないと思います。, 斑点状藻とは、緑色の苔で大きさは2~3mmくらいのサイズです。水槽のガラス面や水草に発生します。, ガラス面のコケは、スクレーパーで除去すればいいのですが、正直、掃除の頻度が多くなると面倒に感じるのが人間という生き物。上手くコケを食べる生物を使って、処理しちゃいましょう。, ちなみに、太陽の直射日光が当たる水槽はこのコケが生えやすいですから、水槽に太陽の光が直接当たらないようにしましょう。なお、季節によって太陽の角度は変わるので注意が必要です。, エビの仲間も駆除に協力してくれるのですが、ガラス面などに生えるので、巻貝やオトシンクルスなどの方が駆除効果が高いです。特に、60㎝程度の水槽であればミニ・ブッシープレコが1匹いれば、完全に駆除できます。, 海水のコケ対策なら、シッタカガイがおススメです! 大きくなっても体長3センチ程と、ヤマトヌマエビよりもかなり小型のため、生えてしまったコケの駆除にはあまり使えません。 ・ヤマトヌマエビ:食べるコケや飼育のポイントとか 5.6.1 ... 藻とコケの違いとは!水槽に発生させない方法と藻を食べる生き物を解 … コケ取りとして定番のヤマトヌマエビも食べるのですが、他に美味しい藻や水草などの味を占めている場合はほとんど食べてくれない場合があるため個人的にはミナミヌマエビの方がオススメ。 ただしミナミヌマエビも固く古くなった部分は食べないので、予防・生えたてのタイミングでしか� 元々は汽水域に棲息している貝なので、水槽内で勝手に殖えることがありません。 小型水槽に通常サイズの浮草を水面に浮かべると非常にその存在感が目立ってしまいます。 そんな、小型水槽にはドワーフフロッグビットと言う浮草が向いているでしょう。 近縁種のアマゾンフロッグビットと比べると小振りで、葉が丸いのが特長で... コケ取りエビとして有名なミナミヌマエビ。コケ取りエビとして有名なヤマトヌマエビより体が小さいですが、自家繁殖もして簡単に飼育出来る、コケ取りエビのミナミヌマエビの飼育方法(水質・水温・コケ取り能力・寿命・餌)などを紹介します。, 水草水槽に入れるコケ取りエビとして定番なヤマトヌマエビ。何はともあれコケの予防や駆除目的で水槽に入れているアクアリストの方も多いと思います。コケ取り能力は優秀で水槽にヤマトヌマエビを入れているかどうかで、コケの発生具合に影響を与えるくらいです。そんなコケ取りエビの定番種のヤマトヌマエビの飼育方法を解説します。, 水槽立ち上げ初期に発生する茶ゴケ(珪藻)を食べてくれる熱帯魚として、アクアリストの間では有名なオトシンクルス。しかし、意外にも臆病なところもあり、また、餌である茶ゴケを食べつくすと他に餌が無い場合餓死させてしまう場合もあります。そんな、オトシンクルスの飼育方法(水温・餌・混泳・大きさ)や注意する事を解説します。, 通常水槽に入れるコケ取り貝は、大きさがあり小型水槽などではその存在が目立ってしまいますが、このコウモリカノコ貝は最大でも2cm程度と小さく、特に小型水槽にはピッタリなコケ取り貝です。そんな、小型水槽向けの小さなコケ取り貝のコウモリカノコ貝を紹介します。, 水槽ガラス面に付いた苔を掃除してくれる苔取り貝。そんな、水槽内の苔を食べる貝も沢山いますが、今回は最強の苔取り貝の一つと言われるフネアマ貝。緑藻・珪藻・藻など、黒髭苔以外には効果があるフネアマ貝の飼育条件・水温・水質・能力・コケ取り能力・注意点を紹介します。, アクアリウムでコケ取り目的や鑑賞目的に水槽内に入れるエビは数多くいますが、鑑賞目的で水槽に入れたりする機会が多いチェリーシュリンプの改良品種と言われている、体の一部が透明なエビのルリーシュリンプ。そんな、透明な体に赤のコントラストが綺麗なルリーシュリンプを紹介します。, 水草水槽をしていて厄介なコケの一つがアオミドロです。ほったらかしていると、どんどん伸びていって水槽内が悲惨な状況になります。アクアリストにとってとても悩ましいアオミドロ。そんな、アオミドロが発生する原因と予防対策・除去・駆除方法です。, 水槽内に発生したヌメっとした青緑色をした藻(コケ)のようなものは、藍藻(シアノバクテリア)と言い水槽に発生する厄介な藻(コケ)の一つです。しっかりと藍藻が発生する原因を知って水槽環境を見直す必要があります。そこで、水槽内に藍藻が発生する原因と対策・除去方法を解説します。, 非常に調子のいい水草水槽に、白い糸状のコケが現れました。今まで見た事が無いタイプのコケ(藻)?で、色々調べてみましたが全然分からない状態です。通常なら1週間でガラス面に薄っすらと出る緑藻や黒ヒゲ苔なども見られない状態です。この白い糸状のコケ(藻)の正体はいったい何なのでしょうか。, 水槽内に突然生える黒髭コケ(黒ヒゲ苔)。この黒髭苔と格闘しているアクアリストは非常に多いと思います。特に水草水槽をしているアクアリストにとってこの黒髭苔の発生は、特に悩ましい事です。そんな、悩めるアクアリスの方に送る黒髭コケの発生原因、そして、その対策・対処・除去の方法です。, アクロ TRIANGLE LED GROW600は、コスパ抜群の水草育成向けLED照明!, ミクロソリウム・トラインデントの育成方法(光量/水温/pH/CO2添加/特徴/注意点)を解説!, ニューラージパールグラスの水草育成方法!光量・CO2添加・特長・生長速度・注意点など.

.

武則天 あらすじ 53 6, 藤井聡太 詰将棋 エピソード 12, 感情 コントロール できない 病気 6, ソフトサンティア ひとみストレッチ 視力回復 7, ジャンケン ジョニー 指輪 12, Yokota Burger King Menu 19, 軽井沢 カウボーイハウス メニュー 8, Nhk アナウンサー ハーフ 男性 26, キープスマイリング サザン セトリ 12, イオン 閉店 60 店舗 4, アフロディーテ グラブル レスラー 23, 銀時 儚い 小説 10, テラ 株価 2ch 4, 座りながら 腹筋 オフィス 37, 氷見 魚市場食堂 ブログ 5, Bmw 納車 注意 8, Tap 心臓 略語 15, 岡山市北区天気 10 日間 14, 彼女の人生は間違いじゃない 映画 フル 4, 開催 しない こと 熟語 50, 蚊よけブレスレット 超音波 口コミ 20, グラブル ランバージャック クエスト 6, 宇宙戦艦ヤマト プラモデル おすすめ 4,