if(!node.addEventListener) ID: nvigA5rsvf, 2020/01/13(月) 00:53:10 西郷どん 篤姫 翔ぶが如く; ... 翔ぶが如く だけでは ... 1237 ななしのよっしん. document.getElementsByTagName('HEAD')[0].appendChild(oekaki_script);

内容は、斉彬の国入から王政復古まで収録されています。

2018年1月7日から放送されている、第57作目のNHK大河ドラマ。西郷隆盛が主人公の大河ドラマは「翔ぶが如く」以来18年ぶり、幕末の薩摩から描かれた大河ドラマとしては、「篤姫」以来10年ぶりとなる。, 主演は、「変態仮面」「俺物語!!」など役柄に応じて肉体改造をはじめ変幻自在にこなしカメレオン俳優として知られる鈴木亮平。脚本は鈴木の出世作ともなった連続テレビ小説「花子とアン」の中園ミホ、音楽は連続テレビ小説「マッサン」の富貴晴美が担当。, 原作者・脚本家両名曰く、西郷の様々な「愛」を描くと語っているが、その中にボーイズラブも匂わせていることが波紋を呼んでいる。また、林真理子は元々歴史小説家ではなく歴史小説執筆の経験が浅く、中園ミホもこれまで手掛けたドラマのラインナップとその評判などから、3年前の幕末大河最大の失敗作である「花燃ゆ」の二の舞を危惧する声があがっている。, また、ドラマ放送前からキャスティングのトラブルが相次ぎ、幾島役の予定だった斉藤由貴が不倫のスキャンダルで降板(代役は南野陽子)、ナレーションの市原悦子も体調不良のためやはり降板(代役は西田敏行)。また、島津斉彬役の渡辺謙も、不倫問題と妻・南果歩(皮肉にも、翔ぶが如くで西郷隆盛の最初の妻役を演じている)との離婚騒動が現在進行中と、配役でも前途多難な問題が続いている。, オープニング曲は、幕末大河にしては明るく伸びやかな音楽と映像が特徴で、翔ぶが如くとは真逆の印象を受ける。, 主要人物の配役の篤姫(2008年放送)と、翔ぶが如く(1990年放送)との比較付き。, 2019/12/15(日) 22:25:54 本サイトをご利用いただくにはJavaScriptを有効にするか、JavaScriptをサポートするブラウザにアップグレードしてください。, 奄美大島へ流された吉之助(鈴木亮平)を呼び戻そうと大久保正助(瑛太)が奔走する中、長期に渡って薩摩藩の実権を握り続けた島津斉興が、ついに大往生を遂げた。老練な斉興を印象的に演じたのは、「翔ぶが如く」(90)以来の大河ドラマ出演となった鹿賀丈史。大久保を演じた「翔ぶが如く」の思い出も含めて、本作を振り返ってくれた。, 最初にオファーを頂いたとき、斉興役と聞いて「僕もずいぶん老けたな…」と(笑)。「翔ぶが如く」も「西郷どん」も、日本が大きく動いた時代で、西郷を中心にした話というのは、やっぱり面白い。その中で、斉彬から西郷という中心ラインの外にいる斉興を、できるだけうまく表現したいと思いながら、嫌な親父を楽しく演じさせていただきました。, ドラマでは描かれていませんが、実は藩主として薩摩のためにいろいろなことをした人です。そういう自負もあったので、斉彬を中心とした新しい世代の動きから薩摩を守ろうとした。実質的には薩摩藩の最後の藩主ではないかと。もちろんその後、息子の斉彬が藩主になるのですが、精神的な意味では、最後の藩主だったという気持ちで演じました。, 長期にわたって藩主を務めた人間ですから、揺るぎない自信を持っていたに違いありません。しかし、その自信が斉彬の台頭によって揺らいでいく。その変化を大事に演じようと思っていました。, 第5回で斉彬に藩主の座を譲って隠居するので、そこで出番が終わりだと思っていたんです(笑)。そうしたら、第20回まで出るという話で。斉興もこうして生きていたということが分かると同時に、再び表舞台に立つその生命力やしつこさみたいなものを面白く演じられればと。やりがいがありました。, 台本を読んでみたら、単なる悪役ではない斉興の人間味みたいなものも感じられました。歴史上の人物でもありますし、そういう部分を少しでも出せたらと。亡くなるときも、天寿を全うしたという最期にしたいと考えました。, 印象的だったのは、やっぱり第4回で斉興と斉彬がロシアンルーレットまがいのことをする場面。あそこは、謙さんが素晴らしい芝居をなさっていたので、僕もそれを受けて断然やる気になりました。あのとき、斉興は自分の頭に当てたピストルの引き金を引けずに投げ捨てるわけですが、実はそのとき、スーッと涙が流れてきたんです。カメラ位置の関係で画面には映っていませんが。そういう緊迫感の中で、俳優同士のぶつかり合いもあって、充実した芝居ができました。, 【2.5次元インタビュー】『A3!』陳内将&本田礼生、大ヒットゲーム初の舞台化に「いい作品になる予感」, 【2.5次元インタビュー】和田雅成、「僕たちがたどり着きたかった場所」を描いた舞台『刀剣乱舞』最新作への思い, ヒロインを中心としたユニークな群像劇が相次いで公開された。沖田修一監督の『おらおらでひとりいぐも』と武正晴監督の『ホテルローヤル』だ。  『おらおらでひとりいぐも』の原作は、芥川賞を受賞した若竹千佐子の同名小説。タイトルは宮沢賢治の「永訣 … 続きを読む, 第149回直木賞を受賞した、桜木紫乃の自伝的代表作を映画化した『ホテルローヤル』が11月13日から公開される。本作は、北海道・釧路湿原を背に建つラブホテルを舞台に、ホテルの一人娘とホテルを取り巻く人たちの人間模様を描いた作品。桜木自身を投 … 続きを読む, NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月8日放送の第三十一回「逃げよ信長」は、織田信長(染谷将太)が、越前の朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)との戦に挑む金ヶ崎城の攻防を軸に展開。浅井長政(金井浩人)の裏切りで窮地に陥った信長 … 続きを読む, 『超高速!参勤交代』シリーズの脚本家・土橋章宏が、実在のパラカヌー日本代表選手との交流に着想を得て、オリジナルストーリーとして脚本を執筆。『キセキ -あの日のソビト-』などの兼重淳監督がメガホンを取った『水上のフライト』が11月13日から … 続きを読む, 学園ギャグマンガ『ハイスクール!奇面組』を舞台化した「舞台『ハイスクール!奇面組3』~危機一髪!修学旅行編~」が11月18日(水)から上演される。第3弾となる今回は、高校生活最大のイベント、修学旅行でのドタバタが描かれる。本シリーズには初 … 続きを読む, 瑛太「大久保ファンを増やしたい」 大久保役は「自分と違うからこそ演じる面白さがある」, 「この作品は私の人生の中で、ものすごく大事なものになりました」二階堂ふみ(愛加那)【「西郷どん」インタビュー】, 「皆さんに奄美のことを知っていただけるのが本当にうれしいです」里アンナ(里千代金)【「西郷どん」インタビュー】, 「僕と(鈴木)亮平の関係そのままの感覚でやってみました」谷田歩(木場伝内)【「西郷どん」インタビュー】, 【映画コラム】ヒロインを中心としたユニークな群像劇『おらおらでひとりいぐも』と『ホテルローヤル』, 【インタビュー】映画『ホテルローヤル』波瑠 ラブホテルを舞台にした群像劇「見てくださった方の背中を押せる作品になればいいなと思っています」, 【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十一回「逃げよ信長」光秀、義昭らの魅力を引き出す駒の存在, 【インタビュー】映画『水上のフライト』中条あやみ「私の中でも、人生を変えてくれるような作品になりました」, 【インタビュー】「舞台『ハイスクール!奇面組3』~危機一髪!修学旅行編~」和田まあや(乃木坂46)「一緒の空間で、一緒に笑えたらいいなと思います」, ゆりやん、減量成功で「生きるのが楽になった」 きっかけは「太っているのに飽きたから」, 「ルパンの娘」深田恭子と橋本環奈と山本美月に囲まれて 「瀬戸康史くんは令和一のモテ男か」, 「危険なビーナス」安蘭けいの迫力ある演技に反響 ディーン・フジオカ演じる勇磨の出生の秘密も明らかに.

node.dispatchEvent=function(e){this["on"+e.type](e);}; function standardize(node){