߉YTU,B ��(��m�L�j�d ����f��-�6v����{�$$e����\��ppן�=`��sQ�g)���Q�9�WJE�fҫb�f {�Σ,�%��R�!�W(բ��mſ7J�Ɗ�e���ʅ�6�"*�V�!I]Y��+ Cg�(� 5u�a�0"6�B�P�e�[WWFaX�l�C�r�ն# �H�P {��Z~�0�:7�N�\M�(k��;�'��f��ս���_�PG�t�u��y}�q�u x�㏠�+@���hvs��O���瑧G��Sصj[�z�@��z���y�\;��M�>�-�,� �� PK !

豊橋市でガラスのトラブル出張ガラス屋が豊橋市でガラスのお困りごとやご相談を承っております。お電話でのお問い合わせは一切無料です。緊急のトラブルでも専用の受付窓口で対応しております。ご予約の際はご都合… 政治-行政: 66.7%_法律-司法制度.訴訟手続法: 33.3% 000000439563_巡査看守試験準備書__法律研究会 編_井上一書堂_大阪_明42.7_監修 000000439636_文官普通及裁判所書記試験準備書__法律研究会 編_井上一書堂_大阪_明42.7_序

During that time, Hanita Coatings has earned a reputation of being an innovative independent manufacturer of window film products, with a range of energy-efficient interior and exterior solar control films marketed under the SolarZone brand..

Hanita Coatings has been developing solar control and security films for 30 years.

�U0#� L _rels/.rels �(� ��MO�0��H�����ݐBKwAH�!T~�I����$ݿ'T�G�~����;#�w����qu*&r�Fq���v�����GJy(v��*����K��#F��D��.W ��=��Z�MY�b���BS�����7��ϛז�� ?�9L�ҙ�sbgٮ|�l!��USh9i�b�r:"y_dl��D���|-N��R"4�2�G�%��Z�4�˝y�7 ë��ɂ��� �� PK !

院展同人展(銀座松坂屋)「黎明富士」。10月、浜奈寿会第6回展「笙を吹く宮人」、高島屋増築記念現代美術展「箕を持つ宮人」、玄皎会第8回展「曙梅」。昭和41年(1966) 3月、第1回神奈川県展(招待展)「曙梅」。7月、山種美術館開館記念展「双舞」。 本データベースは東京文化財研究所刊行の『日本美術年鑑』に掲載された物故者記事を網羅したものです。(記事総数 2,962 件), 読み:サトウ, ケイ*、 Sato, Kei*  洋画家、新制作協会創立会員の佐藤敬は、母親の病気見舞のため帰国中の5月8日別府市の自宅で死去した。享年71。明治39年10月28日大分県大分郡に生まれ、大正14年県立大分中学校卒業後上京、この年一時川端画学校洋画部で石膏デッサンを学び、翌年東京美術学校西洋画科に入学。在学中の昭和4年第10回帝展に「若き男の像」が初入選、翌年の第11回展に「本を持てる少女」が入選し、同年卒業(翌年卒業)の準備を一切整えて渡仏した。同6年サロン・ドートンヌに「首巻をせる婦人」が入選、帝展にも出品を続け翌7年の第13回展では「レ・クルン(道化者)」で特選を受けた。滞仏中は鳥海青児、海老原喜之助らと交友し同9年帰国した。同10年帝展改組にともなう第二部会の設立に参加、同展に「海辺裸婦」を出品し文化賞を受賞、新会員に推挙された。同年滞欧作品展を開催、また、声楽家佐藤美子と結婚した。翌11年文展復帰に反対する猪熊弦一郎、脇田和、小磯良平ら同志と新制作派協会を創立、同年の第1回展に「独唱」「制作」を出品した。以後同展に出品を続けた他、戦後は同23年から26年まで美術団体連合展に、26、27、30年には秀作美術展に出品、同27年にはカーネギー国際美術展(ピッツバーグ)に「栗とマリモ」、第1回日本国際美術展に「裸婦」「森」を出品した。この間、同27年に再渡仏してパリに居住、以後パリを拠点に制作し、画風にも具象から抽象へ転じ、当時ドイツにいた脇田和、ニューヨークの猪熊弦一郎、パリの佐藤として知られた。同35年第30回ヴェニス・ビエンナーレ国際美術展に「凝結土(1958)」などを出品、翌36年第6回日本国際美術展に出品した「内部の皮」でK氏賞を受賞した。また、欧米各地でしばしば個展を開催、同40年、51年、53年に一時帰国した。同51年勲三等に叙され瑞宝章を受け、同年パリのジャック・マッソール画廊で回顧展が開催された。 ◆年譜明治39年(1906) 10月28日大分県大分郡に生まれる。父通、母祥子。大正5年(1916) この頃から絵を描くことに興味を示す。大正8年(1919) 3月、別府北尋常高等小学校を卒業。4月、大分県立大分中学校に入学。図画教師山下鉄之輔に指導を受ける。大正10年(1921) 山下鉄之輔の影響により、油彩を描くようになる。大正11年(1922) 父に美術学校志望を打ち明けるが、強く反対され、法律家になるようにすすめられる。この年は留年する。のち美術学校に進むことを許可される。大正14年(1925) 3月、大分県立大分中学校を卒業。上京し、川端画学校洋画部で一時石膏デッサンを学ぶ。夏、山下鉄之輔と耶麻渓(大分県下毛郡)に写生に行き、宇佐市から国東半島を廻って、はじめて富貴寺を訪ねる。大正15年昭和元年(1926) 4月、東京美術学校西洋画科本科に入学。昭和4年(1929) 10月、第10回帝展に「若き男の像」が初入選する。昭和5年(1930) 10月、第11回帝展「本を持てる少女」。10月25日、門司港出帆の日本郵船諏訪丸で、美術研究のためフランスへ出発する。11月はじめリュ・ド・ヴァンブ(Rue de Vanves)34番地に住む。やがてリュ・アルマン・モアザン(Rue Armand Moisant)6番地のアトリエに転居。昭和6年(1931) 3月、東京美術学校西洋画科本科を卒業。サロン・ドートンヌに「首巻をせる婦人」が入選。10月、第12回帝展「窓際」。昭和7年(1932) サロン・ドートンヌ「泉」、「猫と女」。10月、第13回帝展「レ・クルン(道化者)」、(特選)昭和8年 10月、第14回帝展「ル・ルツール(帰途)」。この頃、リュ・フランソア・ギベール(Rue Francois Guibert)のアトリエに転居。昭和9年(1934) 10月第15回帝展「西班牙婦人(スペイン婦人)」。この年帰国する。昭和10年(1935) 3月、東京府美術館開館10周年記念現代総合美術展に「レ・クルン(道化者)」を出品。帝展改組にともない7月の第二部会の設立に参加する。6月16日、木下郁夫妻の媒酌で、佐藤美子と結婚式をあげる。6月、佐藤敬滞欧作品展「レ・クルン」「ルクサンブルグの噴水」「道化役者」他。10月、第二部会展「海辺裸婦」を出品、文化賞を受賞し、新会員に推挙される。昭和11年(1936) 1月、日本水彩画会展に出品。4月、第二部会新進作家17人によるミニオン展覧会に出品。7月猪熊弦一郎、脇田和、中西利雄等と新制作派協会を創立する。11月、新制作派協会第1回展「独唱」「制作」。この年、横浜市鶴見区に住む。昭和12年(1937) 12月、新制作派協会第2回展「水の姿勢」「裸婦」。昭和13年(1938) 11月、新制作派協会第2回展「人物」「雪」「月」。昭和14年(1939) 5月、新制作派協会満3年結成記念展(三昧堂)「人物」。11月、新制作派協会第4回展「椅子に寄る人物」「水災に就いて」「人物」。昭和15年(1940) 4月、佐藤敬近作展「座せる裸婦」「黒い帽子」等。9月、新制作派協会第5回展「暁」。10月、紀元二千六百年奉祝美術展「三人の家族」。昭和16年(1941) 5月、中支派遣軍報道部の報道班員として猪熊弦一郎とともに従軍、3ヶ月後帰国する。9月、新制作派協会第6回展「安陸戦趾」「安陸前戦」「黄色い鳥」「難民区にて」。昭和17年(1942) 海軍によって、フィリピン、クラークフィールドの海軍爆撃機の攻撃を記録画として制作することを命じられる。4月末、海軍の飛行艇でフィリピンに向う。セブを経てミンダナオ島、一週間後にマニラに到着。9月、新制作派協会第7回展「南方飛行」「コレビドール戦跡A」他。昭和18年(1943) 5月、新制作派協会会員春季展「少年航空兵」。9月、新制作派協会第8回展「火の玉」「沐浴」「白い衣」「焔」「蝉の羽(バリンタワック)」「印度少女」。昭和19年(1944) 神奈川県津久井郡吉野村に疎開する。昭和21年(1946) 9月、新制作派協会第10回展「草上」「読書」「肖像A」「肖像B」「午後」。昭和22年(1947) 9月、新制作派協会第11回展「人間(或は失楽園)」「裸婦」「人物」「子供」。昭和23年(1948) 5月、第2回美術団体連合展「子供」「壺」。9月、新制作派協会第12回展「裸婦A」「裸婦B」「扉」「花輪」「黒い猫」「窓辺」。昭和24年(1649) 5月、第3回美術団体連合展「画室」「絵」。9月、新制作派協会第13回展「裸婦A」「裸婦B」「赤い魚」「舞踏」。昭和25年(1950) 5月、第4回美術団体連合展「灰色裸婦」「横臥裸婦」。9月、新制作派協会第14回展「空」「ピアノ」「白と黒(壁画として)」。昭和26年(1951) 1月、第2回秀作美術展「ピアノ」。5月、第5回美術団体連合展「子供の時間」。9月、新制作派協会第15回展「ピアノと子供」「栗とたまも」「浴場」。昭和27年(1952) 1月、第3回秀作美術展「子供の時間」。2月、カーネギー国際美術展(ピッツバーグ)「栗とマリモ」。5月、第1回日本国際美術展「裸婦」「森」。5月13日、朝日新聞特派員として渡航、パリでファルギェール街シテ・ファルギェールのアトリエ村に住む。昭和29年(1954) 1月、佐藤敬個展(パリ、ミラドール画廊)「ノートルダム(バラ色)」「椅子」「モロッコにて」他。7月、在仏佐藤敬作品展(東京画廊)「影の反映」「ピカソのアトリエ」他。昭和30年(1955) 1月、第6回秀作美術展「セーヌ」。昭和31年(1956) 5月、佐藤敬フランス風景作品展(東京画廊)。5月、サロン・ド・メイ「切線」。9月、新制作派協会第20回展「作品A」「作品B」「作品C」。昭和32年(1957) 5月、サロン・ド・メイ「潜在」。7月、現代美術10年の傑作展「赤のノートルダム(1952)」。9月、新制作派協会第21回展、水彩「白い月」「金の月」「青い月」。昭和33年(1958) 9月、新制作派協会第22回展「夜の門」「黒い序説」「Temps des Visions」。昭和34年(1959) 3月佐藤敬個展(パリ、ジャック・マッソール画廊)に17点出品。9月、新制作派協会第23回展「朝の生」「昼の生」「夕の生」。11月、日本書道展(パリ、ジャネット・オスチーユ画廊)に出品。昭和35年(1960) 4月、佐藤敬個展(パリ、ジャック・マッソール画廊)に大作7点のタブローとグワッシュ10点を出品。6月、第30回ヴェニス・ビエンナーレ国際美術展「凝結土(1958)」「白亜紀(1959)」「風化(1960)」他。昭和36年(1961) 4月、佐藤敬個展(パリ、ジャック・マッソール画廊)「囮(1957)」「石の誕生(1958)」他。5月、第6回日本国際美術展「内部の皮」、(K氏賞)。9月、新制作派協会第25回展「凝結天」。昭和38年(1963) 5月、第7回日本国際美術展「石の分裂」昭和40年(1965) 3月、佐藤敬個展(ニューヨーク、ワールドハウス画廊)「心の風景(1963)」「夜は漂う(1963)」「凝結した夜想曲(1963)」他。4月19日、帰国。5月、第8回日本国際美術展「結晶天」。8月3日、長女真弓とパリに出発する。10月、「化石の黒(1964)」「空間運行(1965)」。昭和41年(1966) 3月、第1回ジャパン・アート・フェスティバル「化石の黒(1964)」「人間の壁(1965)」「空間運行(1965)」。6月、近代日本洋画の150年展(神奈川県立近代美術館)「赤のノートルダム(1952)」「風景(1956)」「内部の皮(1960)」。9月、新制作派協会第30回展「昨年の旅で(サッカラ)」「″(かいろ)」他。昭和42年(1967) 5月、第9回日本国際美術展「流転化石」。昭和43年(1968) 6月、佐藤敬個展(カンヌ、カバレロ画廊)「神話の壁」「終りなき人間の壁1」「終りなき人間の壁2」等。昭和44年(1969) 5月、第9回現代日本美術展「内部の皮(第6回日本国際美術展)」。昭和45年(1970) 3月、「二重空間」。4月、佐藤敬個展(パリ、ジャック・マッソール画廊)にグワッシュと油絵を出品。昭和47年(1972) 1月、佐藤敬個展(カンヌ、カバレロ画廊)「青いピラミッド(1971)」「赤いピラミッド」「四幕物1」「太陽の蝕」他。10月、ヨーロッパの日本作家展に「四幕劇1」他。昭和48年(1973) 5月、佐藤敬個展(パリ、ジャック・マッソール画廊)。6月、展「結晶天(1965)」。昭和49年(1974) 4月、佐藤敬個展(ローマ、セッティミアーノ・アートセンター)「空間の通力」「四幕物」「太陽の蝕」他。昭和50年(1975) 12月、ラッカーゼ、ザック、佐藤敬三人展(ルクセンブルグ、ポール・ブルック画廊)。昭和51年(1976) 9月14日、パリより帰国。9月22日、新制作派協会満40周年祝賀パーティ(帝国ホテル)に別府より上京、出席する。10月18日、パリへ出発する。11月3日、勲三等に叙され、瑞宝章を授けられる。11月、佐藤敬回顧展(パリ、ジャック・マッソール画廊)。昭和52年(1977) 5月、佐藤敬個展(ルクセンブルグ、キュター画廊)。9月、に「内部の皮(1960)」「結晶天(1965)」。昭和53年(1978) 1月、(国立国際美術館9「内部の皮」「切線」。4月11日、母親の病気見舞のため帰国。5月8日、午後2時半、急性心不全のため別府市中央町5―17の自宅で永眠。9月、第42回新制作展「スペイン婦人(1931)」「本質について(1960~63)」「人間の壁(白)(1964)」「四幕物2(1970)」「″3(1970)」「″4(1970)」「二重空間(1970)」「空間の通力(1973)」が遺作コーナーに陳列される。昭和54年(1979) 2月、佐藤敬遺作展(パリ、ジャック・マッソール画廊)(パリ、吉井画廊)。4月、佐藤敬を偲ぶ展(東京、吉井画廊)。4月、第33回サロン・デ・レアリテ・ヌーベル(パリ、ルクセンブルグ美術館)カタログに物故者として紹介される。8月、佐藤敬遺作展(大分県立芸術会館)に油彩画60点、水彩画4点、墨彩画7点、グワッシュ11点、版画1点。計83点が陳列される。本年譜は広田肇一、後藤龍二編「佐藤敬年譜」(「佐藤敬遺作展」図録所収、大分県立芸術会館、昭和54年)を参照した。, 読み:クラカズ, タツオ*、 Kurakazu, Tatsuo*  洋画家、日展参与、創元会常任委員の倉員辰雄は、5月5日急性肺炎のため東京都阿佐谷の河北病院で死去した。享年78。明治33年1月11日福岡県八女郡に生まれ、中学明善校卒業後台湾銀行に奉職したが、大正11年退職後上京し翌年川端画学校に学び、同13年東京美術学校洋画科に入学、岡田教室に学び昭和4年卒業した。卒業の年第10回帝展に「風景」が初入選、同10年第二部会で「崖」が文化賞特選、翌11年文展鑑査展に「巖」で選奨(翌年この作品で昭和洋画奨励賞を受く。)、ついで同12年改組第1回文展に「嶺」、翌年の第2回展に「嶽」で連続特選を受賞した。同16年創立された創元会々員となった。同29年第10回日展を最初に5回審査員をつとめ、同33年日展会員、同35年日展評議員、同51年日展参与となった。この間、同37年より翌年にかけて渡欧した。日展出品作には、他に「小梨咲く」(33年)、「上牧早春」(35年)、「萠え」(51年)など。, 読み:ヤスダ, ユキヒコ*、 Yasuda, Yukihiko*  日本画家安田靫彦は、4月29日心不全のため、神奈川県中郡の自宅で死去した。享年94。本名新三郎。明治17年2月16日東京市日本橋区の老舗料亭「百尺」の四男として生れた。父松五郎。母きく。病弱な少年期をすごすが、父の没後店舗を人に譲り、一家は根岸御院殿に転居した。近くに上野公園があり、博物館や、共進会ですぐれた美術品に接する機会も多く、その感動が画家への志を決心させることになった。明治31年1月14歳の時、小堀鞆音の門に入り、10月創立された日本美術院展に「家貞」を出品し、初入選となる。この年同門の磯田長秋、小山栄達らと研究会紫紅を結成し、研究をつづけたが、同33年10月今村紫紅を知り同会に迎え、会名を紅兒会と改めた。紅兒会はのちに速水御舟をも迎えるが、はからずも日本画壇に大きな足跡をのこすに至る俊才が集り、研鑽をつんだことは、近代日本画発展の上にその意義はきわめて大きいといわなければならない。明治34年東京美術学校日本画科選科に入学し、1年足らずで退学した。明治40年、日本美術院の研究会で岡倉天心に知られ、茨城県五浦の研究所に招かれ、またその推挽によって、翌年10カ月間篤志家による奈良古美術見学の機会が与えられた。天心にはその後も折々薫陶を受けたが、大正2年天心没するに及び、翌3年門下の横山大観、下村観山の日本美術院再興に際し、同人となり経営者に加わった。作品は、第1回に初入選以来院展に出品をつづけ、再興後は院の中枢的存在として活動をつづけた。そのほか初期文展でもしばしば受賞し、また紅兒会にも多くの作品を送った。制作のほか昭和14年には法隆寺壁画保存会委員となり、またそのための模写事業にたずさわり、戦後は21年に国宝保存会委員、22年正倉院評議会会員、同25年文化財専門審議会委員、26年東京国立近代美術館評議員となるなど、美術行政面にも尽力している。さらに、昭和19年以降26年まで東京美術学校(現東京芸術大学)教授となり、後進の育成にもつとめた。他方良寛の書についても造詣深く、その研究家としてしられるが、古陶に対する関心も深く、東洋古陶、土偶などの蒐集も数多い。作品は歴史面、花卉が最も多く、雅致深く、品格あるその画面は、ふく郁たる花の香りにたとえたれる。代表作、「夢殿」(1912)、「孫子勒姫兵」(1938)、「黄瀬川の陣」(1940)、「王昭君」(1947)など。昭和23年文化勲章受領。日本芸術院会員 ◆年譜明治17年(1884) 2月16日、東京日本橋区に松五郎、きくの四男として生まれる。本名新三郎。生家は江戸時代から続いた料亭「百尺」で、父はその三代目、養子であった。10月、母きく死去。初代松五郎の妻の妹松井きくに育てられた。明治29年(1896) 日本橋区小網町にあった私塾甲津学舎で『四書』の素読や『日本外史』を学ぶ。この頃から体が弱く、病床に伏すことが多かった。年末頃、日本橋区有馬小学校高等科3年を退学する。この年8月に父松五郎が死去したため、店を父の友人小山某に譲り、一家は下谷区上根岸御院殿へ引越す。明治30年(1897) 上根岸は上野公園に近く、しばしば帝室博物館に足を運び、法隆寺壁画や飛鳥天平彫刻の構造を見て感動する。また、日本絵画協会の第2回共進会(3月)、第3回共進会(10月)を見て、下村観山、菱田春草、横山大観、小堀鞆音の作品に感激し、画家になろうと決心する。明治31年(1898) 1月、小堀鞆音の門に入る。10月、日本美術院が創立され、日本絵画協会第5回絵画共進会と連合して開会した第1回展に「家貞」を出品する。この年、同門の磯田長秋、小山栄達、山川永雅ら8名と紫紅会を結成し、互いに研究を続ける。雅号靫彦は、師鞆音の師川崎千虎がつけてくれた。明治32年(1899) 10月、第3回院展(第7回絵画共進会)「粟津のわかれ」、(褒状二等)、紫紅会「吉野訣別」。明治33年(1900) 4月、第4回院展(第8回絵画共進会)「遣唐使」、(褒状二等)。この頃、師の画風と違った絵を描き始めた遠慮から号を『眠草』としたが、程なくやめる。10月、今村紫紅を知り、意気投合して紫紅会に迎える。このあと会名を紅兒会と改めた。明治34年(1901) 3月、初めて鏑木清方を訪ねる。4月、東京美術学校日本画科選科入学、古画の模写やモデルの写生を志したがならず、半年程で退学する。明治35年(1902) 1月、小堀鞆音の主唱によって成立した歴史画風俗画研究会(歴史風俗画会)に参加する。3月、第8回院展(第12回絵画共進会)「北洋水師の末路」(褒状一等)9月、半月ほど奈良、京都に遊び、奈良の古美術に感銘を受けた。11月、紅兒会第2回展に「法隆寺御宴」を出品。明治36年(1903) 4月、第14回絵画共進会「日蓮入滅」春、歴史風俗画会第2回展「田村麿と葛井親王」。7月、紅兒会第4回展「奈良朝」。9月、歴史風俗画会第3回展「平等院合戦」。明治37年(1904) 10月、紅兒会第5回展「松山鏡」「戦友」。12日、日露海戦旅順攻撃の錦絵を描く。明治38年(1905) 4月、巽画会第6回展「日永」を出品。6月、紅兒会第6回展「聚楽茶亭」「白旗の宮」。明治39年(1906) 3月、歴史風俗画会第4回展「豊公詣白旗宮」「実盛」(二等賞)5月、紅児回第7回展「松風」。10月、江戸子会展「勝海舟」。明治40年(1907) 3月、東京勧業博覧会「最手」、(二等賞)。8月、紅児会第8回展「新しき光」。9月、岡倉天心を会長とする国画玉成会の創立に加わり、評議員となる。文部省美術展覧会出品準備のため日本美術院の研究会で「福原管弦講」の下図を天心に認められ、五浦(茨城県)の研究所に招かれる。10月、文部省第1回美術展覧会(文展)「豊公」、(三等賞)。12月、岡倉天心、橋本雅邦が篤志家の寄付を得て組織した日本美術学院の事業として、選ばれて奈良に滞留し古美術を研究することとなる。明治41年(1908) 奈良滞在9カ月の後、健康をそこね、8月、帰京する。10月、国画玉成会主催の日本絵画展覧会「守屋大連」(審査員出品)。12月、発病し、静養を余儀なくされる。この年、小堀鞆音らが発起した人物画研究会に参加する。明治42年(1909) 春、鎌倉材木座に療養中、親しくしていた修善寺の旅館『新井』のあるじ相原氏の好意により、養気館とも称された『新井』の一室で静養する。晩秋、小康を得て、沼津千本浜に移る。明治43年(1910) 9月、日本美術社主催絵画展覧会「天女」。10月、紅児会第13回展「観自在菩薩」。この年、沼津八幡町に住む。明治44年(1911) 2月、巽画会第11回展の審査委員となる。3月、紅児会第14回展「仏陀」「達磨」。9月、日本美術社主催絵画展覧会「達磨」「上宮太子」。この頃、静養中に岡倉天心の見舞を受ける。この年、岡倉天心の配慮により、今村紫紅、小林古径、前田清邨と共に横浜の原富太郎の保護を受けることとなり、小田原に転居する。明治45年大正1年(1912) 春、今村紫紅と共に小田原に住む。この頃、再び岡倉天心の見舞を受けた。6月、紅児会第18回展「人物」。10月、第6回文展第1部第2科「夢殿」、(二等賞)。この頃、「上宮太子」を制作。しばしば原邸の三渓園に招かれ、紫紅、古径、清邨と古名画等の鑑賞講究の会を催し、以後継続される。この頃、初めて良寛の書を観る。また富岡鉄斎の作品を知る。大正2年(1913) 8月、紅児会解散。9月2日、岡倉天心赤倉の山荘に没する。この頃、「六歌仙」「黄瀬川之陣」を制作。大正3年(1914) 9月、日本美術院の再興に発起人として参与し、経営者同人となる。10月、文展と日を同じくして日本橋三越旧館に開催された日本美術院再興記念展覧会(院展)に「御産の禱」を出品する。この年、大磯町に転居。大正4年(1915) 春秋、病む。この年、「燈籠大臣」「文殊」を制作。大正5年(1916) 5月、双幅画会(大阪、高島屋)「維摩詰」。6月、日本美術院主催今村紫紅遺作並追悼展覧会「今村紫紅像」。9月、第3回院展「項羽」。大正6年(1917) この頃から、漢、唐、宋、高麗の古陶、土偶などを蒐集する。この年、「聖徳太子」「日蓮」を制作。大正7年(1918) 9月、第5回院展「御夢」。この頃、良寛の研究を続ける。大正8年(1919) 1月、多田いとと結婚する。2月、小品画幅展覧会(高島屋呉服店)「朝の富士」。6月、妻と共に越後に良寛の遺跡をたずねる。この年3月、小堀鞆音門下の革丙会が第1回展を開催する。この年、「観音」を制作。大正9年(1920) 1月から2月にかけて肺炎のため臥床する。4月、革丙会第2回展「春の路傍」。9月、第7回院展「五合庵の春」。この年、「沐猴」「弘法大師」を制作。大正10年(1921) この頃、写真に凝る。この年、4月から10カ月間アメリカで開催された日本美術院同人作画巡回展に「曙」を出品。この年、「竹に双雀」「牡丹」「上田秋成」を制作。大正11年(1922) 4月、巴里日本美術展覧会「新篁雨余」。7月、入手した良寛の自筆歌集「布留散東」を複製し、知人に頒つ。9月、第9回院展「二少女(あやとり)」。9月、新潟県出雲崎に藤原風をとり入れた良寛堂を設計する。この年、「狗」「良寛和尚」「摩利支天」を制作。大正12年(1923) 9月の関東大震災により原家の援助を離れる。大磯町山手の住居は全壊した。この年、「鍾馗」「天人」「神農」「木瓜」を制作。大正13年(1924) 春、大磯町小磯の鈴木別邸に移る。この年、「其角」「竹林観音」「上宮太子」「鶯を放つ乾山」「茶梅」を制作。大正14年(1925) 9月、第12回院展「日食」。10月、中央美術十周年記念展「采女」。12月。関尚美堂展「梅」出品。この年、「大伴宿禰白鷹歌意図」「新羅図」「天人異香」「虎」「牛」などを制作。大正15年昭和1年(1927) 1月、小堀鞆音社中の革丙会が革新の発会式を挙げ、審査員に推される。2月、聖徳太子奉讃美術展の代表委員となる。3月、革丙会展覧会「西廂待月」。12月、東京会展「胡瓜」。この頃から日記をつけ始める。この年、「紅梅に鶯」「挿頭花」「水月観音」「飛兎」を制作。昭和2年(1927) 4月、革丙会第6回展「霊院寺夜月」。6月、東京朝日新聞社主催明治大正名作展覧会「守屋大連」「夢殿」「御産の禱」。12月、尚美展「蟷螂」。この年、「不動」「秋晩」「竜」。昭和3年(1928) 3月、一八公会第3回展「鶯」。5月、革丙会第7回展「宛転歌」。9月、第15回院展「居醒泉」。11月、『良寛遺墨集』(第一書房刊)を監修する。12月、自ら設計した大磯町東小磯403の新居に入る。これより先7月に画室が完成し、既に制作を始めていた。この年、「漸入佳境」を制作。昭和4年(1929) 4月、革丙会第8回展「顧愷之」。6月、坪内逍遥作『良寛と子守』(帝国劇場)の舞台装置をする。7月、『日本風俗画大成』(中央美術社刊)足利時代篇の解説を執筆する。9月、第16回院展「風神雷神」。10月、『日本風俗画大成』奈良平安時代篇の解説を執筆する。11月、第2回聖徳太子奉讃美術展(昭和5年開催)の審査員となる。この年、「瓶花」「不二」を制作。昭和5年(1930) 4月、ローマで開催された日本美術展「風神雷神」。5月、大磯小千畳敷の安田家別荘内に持仏堂が落成する。初代安田善次郎翁追善のため建てられたもので、かねて依頼を受けて観音堂、五輪塔及び平唐門を藤原式に設計した。5月、東京会春期展「若葉」。9月、第17回院展「風来山人」。12月、琅玕洞展に「小倉の山」。この年、平福百穂、鏑木清方、菊池契月、小林古径、安田靫彦、前田青邨、土田麦僊を会員とする七絃会が組織され、毎年1回日本橋三越で作品を発表することとなる。この年、「高野草創」「明恵上人」「黄初平」「春生」を制作。昭和6年(1931) 1月、ベルリンで開催された日本美術展に委員として「沼の朝」を出品。4月、革丙会第10回展「天の川」。11月、七絃会第2回展「朝顔」。12月、三越展「水仙」。昭和7年(1932) 3月、日本美術院同人派遣軍慰問展「盾」。4月、革丙会第11回展「高野明神」。7月、白日荘展「人麿」。9月、第19回院展「挿花」。11月、七絃会第3回展「鴨川夜情」、東京会展「倭媛命」。12月、三越絵画展「桓野王」、関尚美堂展「一休」。この年、「鶏」「水仙」を制作。昭和8年(1933) 2月、琅玕洞展「朝顔」。4月、清光会第1回展「木瓜」、革丙会第12回展「清盛」。清光会が座右宝刊行会の主宰者後蔵真太郎によって組織された。会員は小林古径、安田靫彦、土田麦僊、梅原龍三郎、安井曾太郎、坂本繁二郎、佐藤朝山、高村光太郎、。10月、吉田絃二郎作、中村吉右衛門初演の『二条城の清正』(東京劇場)の舞台装置をする。10月、日本美術院同人作品展「ざくろ」。11月、東京会展「鎌倉右大臣」、七絃会第4回展「宮本二天像」。12月、尚美展「春到」。この年、「源氏若紫図」を制作。昭和9年(1934) 2月、日本美術院同人新作展「太子供養」。3月、日本美術院第18回試作展「市の聖」。4月、革丙会第13回展「横川の僧都」。6月、関尚美堂展「芍薬」。9月、第21回院展「月の兎」。9月、修善寺の旅館『新井』のために設計した浴室が完成する。天平風呂と名付けられた。9月から11月にかけて新京、ハルピン、奉天で開催された日満合同美術展に「蘭花」を出品、展覧会終了後宮廷に納められる。10月、第2回日本美術院同人作品展「北斗」。11月、七絃会第5回展「吉水の庵」。12月3日、帝室技芸員に任命される。12月、東京会展「相模太郎」。この年、「羅浮仙」「焔の兎」「利休居士」を制作。昭和10年(1935) 2月、墨心荘展「聾米翁」。3月、太白洞展「春日野」。4月、東京府美術館開館十周年記念現代綜合美術展「風神雷神」(昭和4年)。踏青会第1回展(日本橋高島屋)「不動明王」。5月、清光会第3回展「梅」、革丙会第14回展「朝顔」。6月1日、帝国美術院会員。7月、関尚美堂展「凉棚」。11月、七絃会第6回展「一茶」、東京会展「大伴家持」。昭和11年(1936) 2月、第1回帝国美術院展覧会(改組帝展)(審査員出品)「役優婆塞」。4月、踏青会第2回展「華会」。5月、革丙会第15回展「役行者」。7月、尚美堂展に「武蔵」、多聞洞展「孔子観河」。10月、第4回日本美術院同人作品展「不動明王」。11月、七絃会第7回展「仏性房」、井南居展「大雅と蕭白」。12月、現代邦画結集展「白玉椿」、九品庵展「摩訶迦羅天」昭和12年(1937) 3月、革丙会第16回展「牛」。4月、明治大正昭和三聖代名作美術展覧会(大阪市立美術館)「守屋大連」(明治41年)「日食」(大正14年)「風神雷神」(昭和4年)6月、清光会第4回展「めじろ」。6月23日、帝国芸術院会員となる。9月、第24回院展「花づと」。第1回文部省美術展覧会(新文展)審査員となる。11月、井南居展に「龍胆」、七絃会第8回展「方丈閑日」。12月、三昧堂日本画展「明恵上人」。昭和13年(1938) 1月、茶道を習い始める。矢来荘展「菊御作」。2月、関尚美堂展「うさぎ」。3月、多聞堂展「百合」、第5回日本美術院同人作品展「赤人」。6月、第5回展「うさぎ」、本山竹荘展「豊公」。9月、白日荘展「上宮太子」。10月、第2回新文展「孫子勒姫兵」(審査員出品)。11月、七絃会第9回展「観自在」。12月、井南居展「行秋」、関尚美堂展「曾呂利」。昭和14年(1939) 1月、川崎小虎ら革丙会の有志と朱弦会を組織し、第1回展「紅梅」出品。3月、碧牛居展「壬生忠岑」。4月、紀元二千六百年奉讃展(日本橋高島屋)合作「肇国創業絵巻」出品。同巻に「天孫降臨」を描く。5月、東京会展「鎌倉右大臣」。6月、法隆寺壁画保存調査会成り、その委員となる。清光会第6回展「観音」。9月、第26回院展「天之八衢(天鈿女命と猨田彦神)」。11月、七絃会第10回展「菊慈童」。12月、井南居展「夜咄」、関尚美堂展「益良男」。昭和15年(1940) 2月、朱弦会第2回展「布都御霊之太刀」、春芳堂展「行成卿」。5月、東京会展「伝教大師」。6月、清光会第7回展「瓢箪の花」。11月、紀元二千六百年奉祝美術展「義経参着」(委員出品)、七絃会第11回展「秋色」。この年、秋から法隆寺金堂壁画模写始まる。昭和16年(1941) 3月、関尚美堂主催尚絧会第1回展「伊那佐の山」。6月、清光会第8回展「すまふ」。9月、第28回院展「黄瀬川陣」。この作品は前年の「義経参着」に対する右隻を完成し、左右揃えて出品した。11月、七絃会第12回展「源氏挙兵」。12月、第1回野間美術賞を受賞する。この年、11月から細川護立、児島喜久雄の肝煎で、小林古径、安井曾太郎、梅原龍三郎らと横山大観の肖像を描く二十五日会が始まる。昭和17年(1942) 1月、「黄瀬川陣」に対して昭和16年度朝日文化賞を贈られる。2月、日本美術院軍用飛行機献納同人作品展「重盛」「水仙」。3月、日本画家報国会軍用機献納作品展「益良男」、現代大家先哲画像展「良寛」。7月、清光会第9回展「櫛名田比売」。海軍省から山本五十六聯合艦隊司令長官の肖像制作を依嘱される。9月、第5回新文展審査員となる。10月、満州国建国十周年慶祝絵画展「鑑真和上」。11月、七絃会第13回展に「憶良の家」を出品。12月、尚絧会第2回展「九郎義経」。この頃「豊太閤」を制作。昭和18年(1943) 1月、全日本画家献納画展「楠正行」。2月、日本歴史画展「神皇正統紀(北畠親房卿)」。7月、清光会第10回展「行墓菩薩」。この年、4月と12月に法隆寺壁画模写監督のため奈良へ赴く。この年、「薄紅梅」「赤星母堂像」を制作。昭和19年(1944) 2月、戦艦献納帝国芸術院会員美術展「保食神」「豊太閤」。4月、日本歴史画展「相模太郎」。6月、東京美術学校教授となる。11月、文部省戦時特別美術展に「山本元帥像(十二月八日の山本元帥)」を海軍省が特別出品。この年、「若き射手」を制作。昭和20年(1945) 7月、山中湖畔に疎開し、富士の山容に心をひかれる。9月、帰宅する。11月、日本美術院小品展「さくら」。この年、「古事記」「兎と薊」「不動明王」を制作。昭和21年(1946) 6月、国宝保存会委員となる。文部省主催日本美術展覧会(第1、2回日展)審査員となる。この頃、大磯在住の若き学徒徳川義恭と宗達の研究を続ける。7月、清光会第11回展「観世音菩薩像」。この年、「白椿」を制作。昭和22年 2月、七絃会復活展「火亦凉し」。3月、第2回日本美術院小品展「毬」。6月、清光会第12回展「牡丹」。7月、正倉院評議会会員となる。9月、第32回院展「王昭君」11月、東京国立博物館評議員会評議員となる。この年、「六朝文官俑」「翡翠」を制作。昭和23年(1948) 2月、川端康成全集(新潮社版全16巻昭和29年4月完結)の表紙装画の制作を始める。3月、第3回日本美術院小品展「春到」。4月、兼素洞主催清流会第1回展「春禽」。5月、清光会第13回展「春暁(紅梅)」、五月会第2回展「欝金香」。11月3日、文化勲章を受領。昭和24年(1949) 1月、法隆寺火災にて金堂壁画焼失する。4月、清流会第2回展「瓶花(桜)」。11月、宮中において『岡倉天心先生について』と題し御進講を行う。この年、「山百合」を制作、また春から病気がちであった。昭和25年(1950) 2月、壺中居展「紅梅青華壺」。5月、清光会第15回展「チューリップと白磁壺」。6月、東華会展「白椿」。9月、第35回院展「大観先生像」。12月、文化財専門審議会の専門委員となる。清流会第3回展「つばき」「水仙」「兎」。昭和26年(1951) 4月、清流会第4回展「朝霧」。5月、東京芸術大学において『気品について』と題し講義を行う。5月、清光会第16回展「菖蒲」。7月、国立近代美術館設立準備委員を委嘱される。9月、第36回院展「窓」。10月、北斗会展「秋野」、五都展「壺と花」。11月、東京芸術大学教授を辞任する。昭和27年(1952) 4月、東京銀座松坂屋において朝日新聞社主催古径、靫彦、青邨代表作展が開催される。26点出品。3月、壺中居展「飛天」、柏風会展「紅花青瓷」。5月、仙皓会展に「八仙花」、五月会第6回展「菖蒲」。6月、清流会第5回展「牡丹瓶」。11月、五水会第2回展「在五中将」、尚美展「黄菊白菊」、北斗会展「高砂百合」。昭和28年(1953) 1月、中央公論社画廊(丸ビル)において古径、靫彦、青邨素描展が開催される。「梅」「大観先生像」「俑」などが出品。2月、十大家新作画額装展(兼素洞)「南窓瓶花」「椿」。4月、壺中居開業三十周年記念展に「紅花青瓷」、東西新作日本画五十人展(西武百貨店)「白百合」。5月、清光会第18回展「女楽俑」。6月、薫風会第1回展(日本橋三越)「山霧」、清流会第6回展「淡妝」、北斗会展「牛」。9月、第38回院展「木花開耶姫」。10月、神奈川県立近代美術館において安井曾太郎、安田靫彦、三宅克己自薦展が開催される。20余点出品。11月、尚美展「柿」、白寿会第6回展「菊慈童」。昭和29年(1954) 5月、清光会第19回展「送春雅缾」。11月、文化財専門審議会専門委員を辞任する。昭和30年(1955) 2月、大虚会展「紅菊白瓷」を出品。3月、朝日新聞社主催日本美術院回顧展「夢殿」「御産の禱」「日食」「居醒泉」「孫子勒姫兵」「黄瀬川陣」「王昭君」「大観先生像」。3月、横山大観の米寿を祝い日本美術院同人一同が「八十八竜画帖」を贈呈する。竜車の故事に因む「孔明図」と他に書を2点執筆した。4月、五水会第4回展「花晨」「兎」「六朝女俑(素描)」。5月、薫風会第3回展「菖蒲」。6月、北斗会第7回展「雨後」。7月、清流会第7回展「須磨」。9月、第40回院展「鴻門会」を出品。11月、白寿会第8回展「瓶梅」、尚美展「柿と手鉢」。この年から「暁」「秋晴」などの富士の制作が見られる。12月、七大家新作画展(兼素洞)「暁」、丁亥会第9回展「秋晴」。昭和31年(1956) 1月、双青会展「富士」。5月、大虚会展に「曙富士」。6月、清流会第8回展「帚木」。7月、瓊韻会展「三茄子」、尚美展「良寛和尚像」。8月、厳島神社の国宝「平家納経薬草喩品」装画執筆を依嘱される。9月、第41回院展「伏見茶亭」。10月、丹桂会展「朝富士」。11月、関尚美堂四十周年記念展「六朝宮人俑」、日本芸術院会員作品展「富士暁色」、玄皎会第2回展「鷺」、中央公論社新社屋落成記念展「紅梅白瓷」、白寿会第9回展「「紅梅」出品。昭和32年(1957) 2月、松寿会展「梅」、第6回五都展「夜梅」。3月、柏光会展「坩梅」。5月、歌舞伎座菊五郎劇団公演『源氏物語』の舞台美術を監修する。7月、毎日新聞社主催現代美術十年の傑作展「伏見茶亭」(昭和31年)。7月、清流会第9回展「菩薩思惟」を出品。11月、むさしのに因む日本画展「桔梗」高樹会第1回展(中央公論画廊)「薔薇瓶」、白寿会第10回展「坩梅」、丁亥会第11回展「夜の梅」、玄皎会第3回展「瓶梅」。昭和33年(1958) 3月、高島屋美術部50年記念展「柿と赤絵皿」。5月、日本美術院が財団法人に組織を改め、理事長に就任する。7月、清流会第10回展「薔薇」。9月、第43回院展「飛鳥をとめ」。この年、5月頃まで健康がすぐれなかった。昭和34年(1959) 1月、『歌会始の儀』の召人として勅題『窓』を詠んだ召歌「家ぬちふかく窓より見ゆる枯山になごめるいろの冬となりにし」を詠進する。1月、文化財専門審議会専門委員を辞任する。1月、国立近代美術館、朝日新聞社主催『戦後の秀作』展に「伏見茶亭」(昭和31年)を出品。2月、厳島神社「平家納経薬草喩品」の表紙「厳島早春」と、見返し「説法釈迦」の図が成り修理が完成した。5月、薫風会展「薔薇」。6月、九品庵展「菖蒲」、尚美展「芥子」。7月、清流会第11回展に「王昭君」を出品。9月、第44回院展「大観先生像」。10月、浜奈寿会第1回展(横浜高島屋)「菊」、丹桂会展「桔梗」。11月、白寿会第12回展に「蓬生」、高樹会第3回展「富士」。第19回半弓会展「女楽偶人」「菖蒲」昭和35年(1960) 6月、酒田市の本間美術館において安田靫彦名作展が開催され。20余点出品。6月、中国の北京、上海で開催された現代日本画展「芥子」。11月、銀座松屋において朝日新聞社主催安田靫彦スケッチ展(松屋画廊スケッチ展シリーズ第36輯)が開催される。57点出品。12月、筑摩書房版『良寛』を監修する。12月、尚美展「芥子」。この年、新東宮御所のために「富士朝陽」を制作する。昭和36年(1961) 4月、第16回春季院展「木瓜遼瓶」。6月、尚美展「牡丹瓶」。7月、清流会第13回展「洛陽花」。9月、第46回院展「紅梅」。10月、玄皎会第6回展「瓶花」。11月、開業四十五周年記念尚美展「紅梅」「白梅」、白寿会第14回展「白梅」、高樹会第5回展「曙梅」。昭和37年(1962) 4月、第17回春季院展「黎明富士(曙富士)」。6月、清流会第14回展「薔薇」。9月、第47回院展「茶室」。この年、「宋瓷梅花」を制作。昭和38年(1963) 4月、紺綬褒章を受ける。4月、第18回春季院展「蘭」。5月、新椿会展に「女楽偶人」、小林一哉堂創立五十周年記念展に「富士」。6月、清流会第15回展「室内」。9月、『近代日本美術における1914年』展(国立近代美術館)「夢殿」「御産の禱」「今村紫紅像」。10月、丹桂会展「瓶花」。11月、白寿会第16回展「湘南富士」、高樹会第7回展「梅花定窯瓶」。12月、尚美堂展「女楽俑人」、丁亥会展「鶏頭」、玄皎会第7回展「ざくろ」。この年、「小泉信三像」を制作。昭和39年(1964) 3月、第19回春季院展「紅白椿」。4月、日経ギャラリー開設記念絵画新作展「曙梅」。7月、朝日新聞社主催スケッチ展シリーズ完結記念『五十人の画家』展(銀座松屋)「谷崎潤一郎氏像」。9月、第49回院展「飛鳥の春の額田王」9月、横浜高島屋において神奈川県文化財協会、朝日新聞社主催安田靫彦展が開催される。戦後の中型作品を中心に40余点出品。11月、谷崎潤一郎新々訳源氏物語(中央公論社版)の装幀をする。昭和40年(1965) 3月、第20回春季院展「藤壺女御」。5月、銀座松屋において朝日新聞社主催安田靫彦展が開催される。自選の85点を出品。5月、大磯町名誉町民の称号を贈られる。6月、東京芸術大学名誉教授のとなる。6月、清流会第7回展「刷毛目壺に百合」。9月、第50回院展「平泉の義経」。国立近代美術館、朝日新聞社主催『院展芸術の歩み』展に戦前の作品5点、戦後の作品3点を出品。院展同人展(銀座松坂屋)「黎明富士」。10月、浜奈寿会第6回展「笙を吹く宮人」、高島屋増築記念現代美術展「箕を持つ宮人」、玄皎会第8回展「曙梅」。昭和41年(1966) 3月、第1回神奈川県展(招待展)「曙梅」。7月、山種美術館開館記念展「双舞」。この年、健康すぐれず、1年間休みがちに過す。昭和42年(1967) 2月、昭風会第1回展「暁梅」。3月、第22回春季院展「黎明富士(富嶽)」。6月、歌集『高麗山』(中央公論美術出版)を上梓する。6月から9月にかけて、レニングラードのエルミタージュ美術館とモスクワのプーシキン美術館で開催された近代日本画名作展に「伏見茶亭」(昭和31年)を出版。6月、清流会第19回展「紅花青花」。9月、第52回院展「酒折宮」。法隆寺金堂壁画再現模写を前田青邨と監修し、12月、吉田善彦らと6号壁をほぼ仕上げる。9月、「春暁富士」(東洋バルヴ株式会社カレンダー)制作。10月、浜奈寿会第8回展「暁の富士」、玄皎会第9回展「富士晴景」。11月、白寿会第19回展「馥郁」を出品。12月、中央公論秋季展「胡服新粧」を出品。昭和43年(1968) 4月、第23回春季院展「伎楽面」、三越での同人小品展「白梅」。9月、第53回院展「卑弥呼」。この年、10月に完成した新宮殿千草の間に万葉の秀歌(書)を執筆する。10月、「紅白梅」を制作。11月、法隆寺金堂壁画再現模写完了し、落慶法要を行う。金堂壁画再現記念法隆寺幻想展(彩壺堂)に書(自詠和歌)三首を出品。昭和44年(1969) 4月、第24回春季院展「酔胡王随従」。4月、彩壺会展「彩壺と偶人」。5月、松屋創業百年記念現代大家日本画展「富士晴旦」。6月、清流会第21回展に「酔貴妃」、錦銀装会金蘭会合同展「富士黎明」、尚美展「桔梗」。9月、第54回院展「森蘭丸」。11月、白寿会第21回展「木瓜磁州瓶」。12月、中央公論秋季展「紅白梅織部瓶」。昭和45年(1970) 5月、薬師寺慈恩大師(国宝)の補筆を行う。9月、第55回院展「出陣の舞」。9月から10月にかけて、東京日本橋高島屋、名古屋名鉄百貨店、大阪高島屋において朝日新聞社主催米寿記念安田靫彦展が開催される。自選の84点(うち書4点)を出品。この年、名古屋松坂屋展「宋赤絵人形」。昭和46年(1971) 3月、第26回春の院展「一服一銭」。3月、彩壺堂五周年記念展「富士曙光」。5月、日本美術院の新築落成を披露し、併せて安田靫彦理事長の米寿と平櫛田中理事の百歳を慶祝する祝賀会が行われる。6月、清流会第23回展「牛若と吉次」。7月、墨彩会展「相模国府寺」。8月、北辰画廊三周年記念展「木瓜古瀬戸瓶」。9月、第56回院展「吾妻はや」。10月、浜奈寿会第12回展「箱根富士」。12月、中央公論秋季展「菊花遼瓶」。この年、「志賀直哉氏像」を制作。昭和47年(1972) 1月、天心と現代日本画展(東京セントラル美術館)に「五合庵の春」「日食」「孫子勒姫兵」と新作「飛鳥大仏と止利仏師」(昭和46年)を出品。3―4月、『描かれた歴史―近代日本画にみる-』展(山種美術館)に「卑弥呼」「森蘭丸」「守屋大連」「平泉の義経」「出陣の舞」。4月、第27回春の院展「富士晴るる」。9月、第57回院展「大和のヒミコ女王」を出品。9月、東京国立近代美術館二十年記念展『現代の眼-近代日本の美術から』「五合庵の春」「日食」「黄瀬川陣」「王昭君」「大観先生像」。昭和48年(1973) 4月、第28回春の院展「後南朝自天王像」。5月、サカモト画廊十周年記念展「さくら」。7月、清流会第24回展「菖蒲」、高島屋墨彩展「浦辺」。9月、第58回院展「草薙の剣」。9月、玄輝会第1回展「曙富士」。10月、現代日本美術展に「梅花赤絵瓶」。12月、第17回中央公論秋季展「朝暾富士」。昭和49年(1974) 7月、「高橋誠一郎氏像」を制作。9月、第59回院展「鞍馬寺参籠の牛若」。このあと体調がすぐれず、暮に容態が悪化する。この年、前年から引き続いて、薬師寺金堂薬師三尊の光背制作監修に携わる。昭和50年(1975) 1月、平塚の杏雲堂病院に入院する。同病院で91歳の誕生日を迎えることとなった。2月、白寿会第26回展「富士朝暾」(昭和49年)3月、57日ぶりに退院し、自宅で静養する。7月、自筆歌集『高麗集』が中央公論美術出版から刊行される。9月、日本美術院、日本経済新聞社主催院展60年の歩み展(日本橋三越)「窓」(昭和26年)昭和51年(1976) 6月、東京国立近代美術館において「安田靫彦展」を開催(6.10-7.11東京国立近代美術館。日本経済新聞社主催)し、約80点が出品された。昭和53年(1978) 4月29日、心不全のため払暁永眠。5月10日、葬儀が東京築地本願寺で、日本美術院葬(葬儀委員長奥村土牛理事)をもって、執行された。戒名、朝陽院青梅靫彦大居士。本年譜は土屋悦郎編「安田靫彦年譜」(安田靫彦展図録所収、東京国立近代美術館昭和51年)を再録し、一部追記した。, 読み:オカ, シカノスケ*、 Oka, Shikanosuke*  春陽会会員、日本芸術院会員で文化勲章受章者であった洋画家の岡鹿之助は、4月28日午前11時、心筋硬ソクによる心不全のため、東京大田区の中央病院で死去した。享年79であった。岡鹿之助は、明治31年(1898)、劇評家として知られていた岡鬼太郎の長男として生れた。岡家はもと佐賀鍋島藩の出で、鹿之助というのは祖父の名からとられている。明治45年、中学2年のころから岡田三郎助についてデッサンを学び、大正8~13年、東京美術学校西洋画科の岡田三郎助教室に学んだ。大正13年(1924)に渡仏し、翌年2月からパリに住み、藤田嗣治の指導をうけながらサロン・ドートンヌ、サロン・デ・ザンデパンダンに出品した。大正14年、最初のサロン・ドートンヌ出品の際に自分の作品のマチエールの貧弱なのに驚き、以後、顔料や画布について研究をはじめ、また、スーラ、ルドンなどの作品にひかれた。昭和14年(1939)12月の帰国まで、約15年間フランスに滞在し、その間、藤田のほか斎藤豊作、ボナール、ラプラード、アスラン、ザッキン、マルケなどと交友した。帰国後は、春陽会に会員として迎えられ、その第18回展から参加、以後、没するまで春陽会展を中心に作品を発表、戦後は日本国際美術展、現代日本美術展、国際形象展などでも活躍した。昭和28年に渡仏、同34年、同44年にも再度渡欧し、34年(1959)のときには満2年間滞在した。昭和27年には第5回美術団体連合展出品の「遊蝶花」で芸能選奨文部大臣賞、昭和31年第2回現代日本美術展では「雪の発電所」で最優秀賞、昭和39年日本芸術院賞をうけ、昭和44年日本芸術院会員となる。同47年近代フランス古典主義の示唆を受け、新たな日本的風情を持つ秩序とリズム感のある画風を樹立して、日本の現代洋画の流れを変える一石を投じた業績によって文化勲章をうけた。著書に『フランスの画家たち』(中央公論社、昭和24年)、『ルソー』(原色版美術ライブラリー・みすず書房、昭和31年)、『スーラ』(同、昭和33年)、『ジョルジュ・スーラ』(ファブリ世界名画全集・平凡社、昭和44年)などがある。 明治31年 7月2日劇評家岡鬼太郎(本名嘉太郎)の長男として、東京市麻布区に生れる。母・みね。明治38年 東京、麻布尋常小学校入学。明治44年 麻布尋常小学校卒業。四月、麻布中学に入学。明治45年 麻布中学校2年生のときから、父の知人であり、父がその人となりを尊敬していた岡田三郎助に素描を学ぶことになった。大正8年 前年、麻布区西町から浅草区今戸町の隅田川畔の住居に一家をあげて移転、。東京美術学校西洋画科に入学、敷地内にアトリエを建てる。東京美術学校では、第3学年より岡田三郎助の教室に学んだが、青と黄で裸体を描き、美術学校のアカデミックな画風に反発して、あまり登校せず、アトリエにこもるようになる。しかし、反発の理由を理解し、かばってくれていた師岡田三郎助の恩情を後年まで忘れ得なかった。大正12年 9月、関東大震災に遇い、浅草今戸町の家は焼失、麻布区広尾町に仮寓する。大正13年 3月、東京美術学校西洋画科卒業。12月、美術学校5年在学中の南城一夫とともに、3カ年の予定で日本郵船筥崎丸で渡仏する。大正14年 サロン・ドートンヌに「風景」入選する。2月、パリ着、5 Rue Delamlre のガレージを改装したアトリエを紹介されて借りるが、しばらくして師岡田三郎助と小山内薫からの紹介状をもって藤田嗣治を訪れると、そのアトリエは、藤田が数日前まで住んでいた部屋であることが判った。絵について、パリでの生活について、また、フランス画壇の現状について、藤田から学ぶところが多かった。7月、ブルターニュの田舎でひと夏を過し、その間の制作の中で、ようやく、これ迄の学校で学んだアカデミックな表現から完全に脱することが出来た。秋、7、80点の制作の中から、藤谷すすめられてサロン・ドートンヌに風景2点を初めて出品、「風景」が1点入選する。大正15年 サロン・ドートンヌに「信号台(1)」「信号台(2)」「水門」「村の一隅」「マディック氏別荘」出品。昭和2年 サロン・デ・ザンデパンダンに「城と花。」ウォルベルグ画廊(スイス)に「セーヌ湖畔」。ポエッシー画廊に「ひとつの島」「古港」。サロン・ドートンヌに「ピレネー山麓」「堀割」「滞船」。日本人会・日本人画家展に「礼拝堂」。マントン画廊に「麓」。モンパルナス画廊に「ピレネー風景」出品。その他、「海浜天気予報台」「水門」「青衣の女」などを制作。夏、奇蹟の聖地として知られるルルドのカテドラルを訪ね、のちピレネーの山岳地帯を旅行する。この頃、描法がスーラに似ていると言われたが、スーラは、フランスでもまだ注目されていなかった。当時ルクサンブールにあった美術館を訪ね、そこにひっそり掛っていた「シルク」を観て初めてスーラを知ったが、スーラの科学的色彩の処理よりも、むしろその造形的秩序をもった画面構成に啓発される。また、オザンファン、ジャッヌレ共著の“La Peniture Moderne”からも大いに学ぶところがあった。昭和3年 サロン・ドートンヌに「雪」「滞船」出品。その他「街道」「町役場」「海」「海洋信号所」などを制作。4月、12 Rue Mouton-Duvernet に移る。パリに来てから数年後、斎藤豊作と出会い、その他、この先輩画家の知遇をうけ、サルト県リュッシュ・プランジュ村のベンベルの古城と呼ばれる斎藤家のシャトーに度々招かれ、制作に時を過す。また、パリ滞在中は、ボナアル、ラプラード、ザッキン、マルケ、ピエル・ロワなどと交わり、ことに同年輩のシャルル・ヴァルシュとは親しかった。昭和4年 ベルギー、ブラッセルにおける日本人画家展に“Port” “Sous la neige” 出品。サロン・デ・チュイルリイに「燈台」出品。その他、「海辺風景」「波止場」「入り江」などを制作。この頃から、過労がもとで心臓を悪くする。心臓病の権威フィッシンガー博士の診察をうけたところ、心身の休養のためにしばらく制作をやすめて、ボート漕ぎとか釣りとか、軽い運動をすすめられ、釣りを選ぶ。昭和5年 サロン・ドートンヌに「雪」「窓」出品。サロン・デ・チュイルリイに「燈台」「雪の信号台」出品。その他、「村役場」「波止場」「滞船」など。前年の暮から三月迄、南仏のヴァンスに滞在。昭和6年 「信号台」「燈台」「城」「風景」制作。7月、ブルターニュ、トレブールに7、8の2カ月滞在制作する。昭和7年 コレット・ヴェイユ画廊に「小学校」出品。昭和8年 サロン・ドーロンヌに「街の一隅」出品。その他、「セーヌ河畔」など。昭和9年 モンパルナス画廊に「橋」出品。昭和10年 サロン・デ・ザンデパンダンに「花屋にて」。サロン・ドートンヌに「積雪」出品。ブルターニュの北、トレガステルの海辺に1カ月滞在、制作に没頭。昭和11年 ル・ニヴォ画廊に「魚貝の図」「静物(花)」出品。昭和12年 サロン・ドートンヌに「寺院」その他出品。シャルパンティエ画廊に「礼拝堂」出品。その他「窓」など制作。昭和13年 ベルネム・ジュン画廊における日本人展覧会に「聖堂」「南方街道」出品。昭和14年 シャルパンティエ画廊の第11回在パリ日本美術家協会展に「花」「魚」出品。その他「廃墟」など制作。9月、第2次世界大戦勃発のため、海外日本人引揚船となった日本郵船鹿島丸になかば強制的に乗船させられ、菊池一雄、高田力蔵、田近憲三、中村光夫、宮本三郎、角浩など、多くの在仏作家とともに、英国、米国を経由、3カ月を要して帰国した。帰国の船中、9月23日、師岡田三郎助の訃報に接す。12月、帰国。東京都大田区田園調布の両親の家に落着く。昭和15年 4月、春陽会に会員として招かれ、18回展に「堀割(サン・ドニ)」「町役場(モレエ)」「波止場(ブルターニュ)」「村役場(ノルマンディ)」「礼拝堂(モンタルジス)」「聖堂(ラオン)」「南方街道(バイヨン)」「廃墟(ミディ)」「魚」「花」の滞欧作12点を発表した。昭和16年 4月、春陽会19回展に「庭」「富士山麓水源地」「寺院(パリ郊外)」「パリ郊外」。11月、春陽会第1回秋期展に「風景」(滞仏作)出品。大田区田園調布にアトリエを新築する。昭和17年 4月、春陽会20回展に「花籠(1)」「花籠(2)」「城」出品。帰国後は日本の風景をモチーフを求め、日本庭園、農家、城などを描いたが、やがて信号台、燈台、発電所といった特殊の建築構造や、そこに漂うそれとなき生活環境の造形表現に興味を惹かれるようになった。昭和18年 4月、春陽会21回展に「村荘」「積雪」「街道」10月、第6回文展に「農家」出品。この頃、春陽会は文展に参加していたため、中川一政らと文展審査員として同展に参加出品した(官展出品は、この年のみ)。10月29日、父嘉太郎逝去。昭和19年 4月、春陽会22回展に「三色菫」出品。この頃から好んで三色菫(遊蝶花)を描きはじめる。昭和20年 戦況激化し、各展覧会はほとんど中止となる。友人の好意で信州伊那に疎開の場を用意してくれたが東京にとどまり周辺に落下する焼夷弾からアトリエを守ることに成功した。昭和21年 5月、春陽会23回展に「遊蝶花(1)」「遊蝶花(2)」「花籠」出品。昭和22年 2月、春陽会24回展に「風景」。5月、東京都美術館開館20周年現代美術展に「花籠」6月、第1回美術団体連合展に「河岸」出品。昭和23年 3月、春陽会25回展に「橋」「窓」。5月、第2回美術団体連合展に「水源地」出品。昭和24年 4月、春陽会26回展に「船」「窓」。5月、第3回美術団体連合展に「礼拝堂」出品。9月、著書『フランスの画家たち』(中央公論社)。フランス滞在中の親しかった人々、励ましてくれたり、学ぶべきことの多かった画家たちについて「みづゑ」誌上に掲載した原稿をまとめたもの。12月24日、母みね逝去。昭和25年 1月、読売新聞社主催、現代美術自選代表作15人展に11点出品。3月、第1回選抜秀作美術展に「礼拝堂」(前年の美術団体連合展出品作)出品。9月、著述「新印象主義並びにジョルジュ・スーラの絵画理論」(世界美術全集第24巻)(平凡社)昭和26年 4月、春陽会28回展に「燈台」「帆船」「観測所」。5月、第5回美術団体連合展に「遊蝶花」出品。昭和27年 1月、第3回選抜秀作美術展に「遊蝶花」出品。(前年の美術団体連合展出品作)4月、春陽会29回展に「水門」。5月、第1回日本国際美術展に「海辺の遊蝶花」出品。パリのサロン・ド・メエ外国部に出品招待を受け「工場」「廃墟」を出品。3月、前年第5回美術団体連合展出品の「遊蝶花」、その他に対し、芸能選奨文部大臣賞をうける。昭和28年 4月、春陽会30回展「燈台」。5月、第2回日本国際美術展に、「礼拝堂」出品。2月28日、木下正男と渡仏。引揚船で帰国以来13年振りでパリの土を踏む。パリでは、戦後はじめてフジタに再会、互に無事を喜ぶ。音楽会を楽しむ他、ピアフなどの新しいシャンソン、ローラン・プティの斬新なバレー“狼”の演出をみて、その独自性に目をみはる。また、ポール・クローデルの詩によるオネゲルの曲「火刑台場のジャンヌ」がオラトリオ形式で上演されたのを初めて観てとくに深い感銘をうけた。4月、オランダに旅行、アムステルダムの美術館でレムブラントなどを見るが、フェルメールの数点はとくに深く心を惹かれた。ハーグのゴッホ展などを見てパリに戻り、ロワールの一群の古城を訪れ、南仏でしばらく制作する。次で、アンチーブのピカソの美術館に行く。古城の内部を近代風に造り変え、明るく清潔な室内に置かれた作品は、アンチーブ時代のピカソの、楽しい生活を思う存分さらけ出したものばかりで観る眼にも快かった。4月28日、帰国。10月、著書『油絵のマティエール』(美術出版社)出版。数年にわたって「美術手帖」に連載した原稿をまとめたもの。昭和29年 1月、第5回選抜秀作美術展に「燈台」(前年春陽会展出品作)出品。3月、銀座兜屋画廊で最初の個展「岡鹿之助滞欧作展」を開き、前年(28年)の渡仏による作品、並びに第1回渡仏中の作品で未発表の小品を品する。「壊されなかった礼拝堂」「三色スミレ(A)」「三色スミレ(B)」「とんねる」「寺院」「礼拝堂」「工場」「廃墟の丘」「貯水池」「聖堂」「燈台」他出品。1月、留学時代から興味をもって調べていたアンリ・ルッソーについての覚え書きをまとめ「みづゑ」(1月号)の特集号として発表する(序説・滝口修造)。2月、美術出版社から画集『S・OKA』(岡鹿之助論・滝口修造)出版。昭和30年 1月、第6回選抜秀作美術展に「壊されなかった礼拝堂」(前年バラ会出品作)4月、春陽会32回展に「祝いの花籠」。5月、第3回日本国際美術展に「捧げるもの」出品。7月、リトグラフ「梟」多色摺・私家版。8月、「観測所」多色摺・明治書房出版。昭和31年 1月、第7回選抜秀作美術展に「捧げるもの」(前年日本国際美術展出品作)4月、春陽会第33回展に「並木」。4―5月、神奈川県立近代美術館主催、「高畠達四郎・岡鹿之助2人展」に60点出品。5月、第2回現代日本美術展に「雪の発電所」出品。最優秀賞をうける。7月、リトグラフ「蛾」単色摺・春陽会出版。長い間昵懇の病院長米山弥平博士に勧められて、ともに、雪の志賀高原裏山にジープを雇って発電所を見に行ったところ、山を背景とした発電所の現実の風景が、すでに自分の構想の中にあった発電所のコンポジションとあまりにも似ているのに驚き、この雪の発電所の制作となった。3月、著書『ルソー』(原色版美術ライブラリー)みすず書房出版。昭和32年 1月、第8回選抜秀作美術展に「雪の発電所」(前年現代日本美術展出品作)4月、春陽会34回展に「山麓」。5月、第4回日本国際美術展に「村荘」出品。7月、リトグラフ「雨やどりする鳥」単色摺・美術出版社版画友の会出版。1月、第2回現代日本美術展出品の「雪の発電所」により毎日美術賞をうける。盛岡地方及び発電所の多い信州上田附近に旅行し、そこで得たモティーフから「山麓」を制作する。7月、画集『岡鹿之助』(日本百選画集)美術書院出版。昭和33年 1月、第9回選抜秀作美術展に「雪の牧場」(前年雨晴会出品作)4月、春陽会35回展に「花」。5月、第3回現代日本美術展に「丘陵」、また同展に、毎日グランプリ作家展として旧作6点出品。5月、著書『スーラ』みすず書房出版。昭和35年 1月、第10回選抜秀作美術展に「献花」(前年春陽会展出品作)出品。2月28日、山本丘人とともに渡仏、山本丘人の希望で神戸から海路により、4月6日パリ着。しばらく共にパリでの生活を送るが、丘人がイタリアへ発った後、かねてより招かれていた斎藤豊作遺族のソードルヴィルの古城に落着く。5月16日からポワチエ地方へ旅行、中世の寺々を訪ね、中でもタヴァンの壁画に興味をそそられる。しかし、この間にみるべき作品は殆ど出来ず、心身の疲労も著しい。ロワールの古城やシャルトルを訪ね、パリに戻る。10月、パリ来訪中の今泉篤男に、気分転換のためにと、イタリア旅行に誘われ、22日から11月4日まで旅行する。イタリアでは、ローマ、フィレンツェ、ミラノ、ラヴェンナ、パドヴァ、その他を訪れ、アレッツオのピエロ・デルラ・フランチェスカの壁画、ラヴェンナのサン・ヴィターレのモザイクに惹かれ、また、チマブエなどの作品に深い感銘をうけた。アッシジのジョットの壁画を再見して、パリに戻る。昭和35年 帰国迄の3カ年をパリ郊外に居住。4月上旬、山岳地帯マシッフ・サントラルを通ってカマルグ地方に旅行する。霞ヶ浦を幾十倍かしたような荒漠とした大湿地帯で、渡り鳥の生息地として有名な所である。この荒涼とした、風景の中で半月ほど過し、心身の休養をとる。8月、友人の村山密(春陽会会員)とブルターニュの僻村コーレルで、カトリックの司祭ギヨオム・ル・カン氏の家の1室を借りうけて宗教的雰囲気の中で静かなひと夏を過す。11月、ブルゴーニュ地方に旅行。ヴェズレーのサン・ヴェルナール寺を訪ね、数世紀の風雨に晒された石造りの寺の石の魅力に、茫然とする。昭和36年 6月、グレゴリオ聖歌が今日最も正しい形で残っているといわれる、ソーレムのサン・ピエール修道院を訪ねる。大勢の剃髪した修道士たちの合唱するグレゴリオ聖歌を聞き、深い感動をうけ、数日間滞在してミサを聞きに通った。11月パリより帰国。昭和37年 4月、春陽会39回展に「望楼」「群落(雪)」「粉ひき場」。5月、第5回現代日本美術展に「群落(B)」「群落(A)」(東京国立近代美術館買上)10月、第1回国際形象展に同人として参加「群落」「ファサード」出品。昭和38年 1月、第14回選抜秀作美術展に「群落(雪)」(前年春陽会出品作)。4月、春陽会40回展に「林」出品。4月末―5月、日本経済新聞社主催「岡鹿之助展」(於日本橋白木屋)開催。約50点出品。5月、第7回日本国際美術展に「たき火」。7月、朝日新聞社・日中文化交流協会主催の、北京、上海における日本油絵展に「ファサード」出品。昭和39年 4月、春陽会41回展に「無線中継所」。5月、第6回現代日本美術展に「献花」出品。昨年の日本経済新聞社主催「岡鹿之助展」の作品並びに多年に亘る業績に対し、日本芸術院賞をうける。8月、リトグラフ「魚」、「巣」単色摺・画集9月30日、渡仏。12月26日、パウル・クレーの作品をみるためにスイスへ旅行、バーゼル及びベルンの美術館をたずねる。昭和40年 10月、第4回国際形象展に「群落(廃墟のある)」「砦」出品。前年末よりスイスに滞在、正月1日は美術館が休みなので雪の山と湖を見物。昭和41年 4月、春陽会43回展に「僧院」。5月、第7回現代日本美術展に「花と廃墟」。10月、第5回国際形象展に「献花」「城」出品。昭和42年 4月、春陽会44回展に「燈台」。5月、第9回日本国際美術展に「雪の無線中継所」。11月、第6回国際形象展に「運河」「城」出品。毎日新聞社主催「岡鹿之助展」(渋谷東急本店)に近作を含めた97点展観。昭和43年 3月、毎日新聞社主催、「岡鹿之助展」(大阪大丸店)4月、春陽会45回展に「水辺の城」。10月、第7回国際形象展に「献花」出品。東京渋谷、吹田貿易株式会社ロビーの大理石モザイク壁画、銀座資生堂のタピスリーの下絵制作。昭和44年 1月、日本芸術院会員となる。4月、春陽会46回展に「雪」出品。5月、渡仏。6月に春陽会の山崎貴夫とラヴァルのペリーヌを訪れ、芝生と花で囲まれたアンリ・ルソオの墓に詣でる。7月、ソーレムのサン・ピエール修道院を訪ね、再び、グレゴリオ聖歌をきく。9月、心臓強化のため医者にかかったが、服用していた薬の副作用で紫斑病にかかり、フォッシュ病院に数日入院する。10月、帰国。著書『ジョルジュ・スーラ』(ファブリ世界名画全集)平凡社出版。昭和45年 4月、春陽会47回展に「朝の城」。10月、第9回国際形象展に「礼拝堂」「古城」出品。昭和46年 4月、春陽会48回展に「献花」。9月、第10回国際形象展に「古い城」「ラヴァルの城」出品。著書『ルソー』(ファブリ世界名画全集)平凡社出版。昭和47年 4月、春陽会49回展に「村の発電所」出品。京都、吹田貿易株式会社ロビーのモザイク壁画の下絵制作。11月、文化勲章を受ける。昭和48年 4月、春陽会50回展に「森の館」。9月、第12回国際形象展に「燈台」出品。9月、講談社より画集『岡鹿之助』(日本の名画)出版。昭和49年 4月、春陽会51回展に「館」出品。5月、東京毎日新聞社主催、「岡鹿之助展」(東京渋谷、東急百貨店本店)6月、大阪毎日新聞社主催、「岡鹿之助展」(大阪梅田、阪急百貨店)東京展とは別個に同じような企画で開催された。いずれも、初期から近年までの作品、90余点を展観。5月、リトグラフ「粉挽場」多色摺・『岡鹿之助作品集』(美術出版社)特製本収録。6月14日、今泉篤男と渡仏。同氏のすすめでリトグラフ7点(葡萄1、西洋梨、フレマチス、鳥の巣、梟、葡萄2、三色菫)をアトリエ Guillard Gourdon et Cie で制作する。心不全の発作によってしばらく休養ののち、7月11日帰国する。昭和50年 4月、春陽会53回展に「城跡」。10月、第13回国際形象展に「岬」出品。昭和51年 4月、春陽会53回展に「城」出品。昭和51年 4月、春陽会54回展に「雪の庁舎」出品。昭和53年 4月、春陽会55回展に「段丘」を出品。同月28日午前11時、心筋硬ソクによる心不全のため、東京都大田区田園調布中央病院分室で死去した。告別式は5月7日、東京・青山斎場において春陽会葬として行われた。(本年譜は、『岡鹿之助画集』収録の岡畏三郎編年譜より再録、一部追記したものである), 読み:トウゴウ, セイジ*、 Togo, Seiji*  日本芸術院会員、二科会会長の洋画家東郷青児は、4月25日午後2時8分、急性心不全のため旅行中入院先の熊本市熊本大附属病院で死去した。享年80であった。東郷青児は、本名を鉄春、明治30年(1897)に鹿児島市の旧島津藩士の家に生まれ、幼年時代に上京、青山学院中学部を卒業した。中学時代から絵画の勉強をはじめたが、中学4年ころか、竹久夢二展をみて感激し夢二宅にも出入りしたが、大正3年にベルリンから帰国した作曲家山田耕作を知り、翌年(大正4年)山田の東京フィルハーモー赤坂研究所の一隅を借用して制作、同年9月日比谷美術館で個展を開催「コントラバスを弾く」など前衛的な作品を発表した。山田は、ベルリン滞在時に『シュトルム』と接触があり、帰国のときドイツ表現派の版画などを持ち帰っていた。この個展のとき有島生馬の知遇をえ、以後、有島に師事することとなり、翌大正5年第3回二科展に「パラソルさせる女」が入選、直に二科賞をうけて画壇に登場した。以後、滞欧期をはさんで戦前、さらに戦後と終始二科会にあって活躍することになる。大正10年(1921)、第1次大戦後のフランスに留学して、タダイスムに接し、同年イタリアに未来派マリネッティを訪ね、翌11年にはリヨン美術学校に学び、その後再びパリに移って制作、昭和3年(1928)に帰国した。帰国後は二科会のなかで藤田嗣治らと親交、昭和13年には二科会内の前衛グループ九室会が結成され、藤田と共に顧問となった。東郷の華々しい活躍は戦後で、昭和20年敗戦直後に二科会再建に尽力し、美術団体のなかでもっとも早く再建に成功、以後、二科会の中心的画家となり、会長もつとめ、毎年、秋の美術シーズンの幕開けに二科展開会の祭典を演出して話題を集めた。作風は、初期の表現主義から未来派、キュービスム、さらにシュール・レアリスムの影響をうけた作風へとすすみ、戦後は甘美なロマンティンズムと幻想をただよわせた独特の女性像で知られた。昭和32年には日本芸術院賞をうけ、同35年日本芸術院会員となった。フランス、ブラジルなどとの美術による国際交流にも尽力し、昭和47年にはブラジル政府から、同51年にはフランス政府からそれぞれ勲章を授与された。昭和53年4月24日、熊本県立美術館での第62回二科展巡回展のために熊本に入り、翌日ホテルで倒れ呼吸困難に陥り、熊本大附属病院に収容され、午後2時8分死去した。 明治30年 4月28日、父鉄造、母はるの長男として鹿児島市に生まれる。本名鉄春。明治35年 5月、東京へ一家移住。明治37年 東京牛込余丁町小学校に入学。同級に林武が居た。大正3年 青山学院中学部を卒業。大正4年 山田耕筰の東京フィルハーモニー赤坂研究所の一室をアトリエに提供され、「コントラバスを弾く」その他の制作に励む。9月23日より29日まで日比谷美術館で個展を開く。「我が邦最初のキュービストとして多少の注目を引けり。出品20点」と「中央美術」(第1巻第2号、同年11月号)に記載される。これを機会に有島生馬の知遇を得る。大正5年 第3回二科展に「パラソルさせる女」を出品、初入選、二科賞を受賞。これにより有島生馬を師と仰ぐ。大正6年 第4回二科展に「彼女のすべて」「狂ほしき自我の跳躍」「自画像」「静けき町の律動」を出品。大正7年 第5回二科展に「拒絶されたる観念への持続」「Joide Vivre(水彩)」「梳る(水彩)」を出品。大正8年 第6回二科展に「日傘の陰」「ウォターポロ(水彩)」「エチュード幻覚(ペン画)」を出品。大正9年 第7回二科展に「工場」「パントマイム」「諏訪の風景」を出品。大正10年 4月東京発し、6月パリ着。詩人でダダイストのトリスタン・ツァーラ、フィリップ・スーポール等を知る。未来派の主唱者マリネッティをトリノに尋ねて、約1カ月間、未来派運動に参加。しかし、絵画不在の未来派の理論にあきたらず、失意の状態でパリに帰る。大正11年 リヨンの美術学校に学ぶ。大正12年 「窓辺」を制作。9月関東大震災。リヨンより南仏ニース郊外、ビルヌーブ・ルーベに移り自活生活を始めた。風景「ビルヌーブ・ルーベ」を制作。大正14年 パリに帰る。「青いエシャルブ」を描く。大正15年 「サルタンバンク」「ピエロ」を制作。第13回二科展に「木かげ」「少女」「静物」「少女」「習作」「デッサン」を出品。昭和2年 第14回二科展に「黒衣の少女」「窓辺」「あみもの」「コンポジション」を出品。昭和3年 雪のシベリア経由で日本に帰る。第15回二科展に「少女と猫」「花を持った姉妹」「珈琲(コーヒーを飲む女)」「ピエロ」「ドミノ」「サルタンバンク」「ノスタルジー」「少女」「ルーレットの女」「ラケット」「タンボリン」「庭」「裸体」「母と子」「静物」「Kiki」「黒い靴下(ベット)」「樹下休息」「青いエシャルプ」「手風琴とマンドリン(村の祭風)」「風景A」「風景B」「海岸」など滞欧作品23点を特別陳列し、第1回昭和美術奨励賞を受ける。昭和4年 1月、東郷青児・阿部金剛油絵小品展を東京新宿・紀伊国屋画廊で開く。第16回二科展に「ギター(ポーズ・サンチマンタル)」「窓」「Declation(超現実派風の散歩)」「少女」を出品。昭和5年 二科会会員となる。第17回二科展に「手術室」「Broken heart(超現実派の散歩No.2)」を出品。昭和6年 第18回二科展に「海辺」「アリサ」「超現実派の散歩No.3」を出品。昭和7年 第19回二科展に「セレナード」「N夫人と飛行機」「月夜」「超現実派の散歩No.4」を出品。昭和8年 第20回二科展に「散歩」「海」「部屋」を出品。第20回記念の回顧陳列に「パントマイム(第7回展)」を出品。昭和9年 第21回二科展に「テニスコート」「扇」「少女」を出品。昭和10年 第22回二科展に「手袋」「テラス」「月光」を出品。昭和11年 第23回二科展に「バルコン」「野辺」「小鳥」を出品。京都丸物百貨店大食堂に、壁画「朝」を描く。昭和12年 第24回二科展に「微風」「プロフィール」「青い手袋」を出品。昭和13年 第25回二科展に「織女」「舞」「婦人像」「ベール」を出品。12月、二科展の第9室出陳者を中心として、常に前衛的な意識の下に活動を続けてきた作家達によって「九室会」が結成され、藤田嗣治と共に顧問に推される。昭和14年 6月、東郷青児洋画展(日本橋三越)に油絵28点を出品。5月、第1回九室会展(日本橋白木屋)に「少女」を、第26回二科展に「水汲み」「紫」を出品。昭和15年 3月、第2回九室会展(銀座三越)に「漁夫」を、第27回二科展に「白い道」「花叢」を出品。紀元二千六百年奉祝展の委員に任命され、同展に「笛」を出品。昭和16年 第28回二科展に「扇」「紺と紫」を出品。昭和17年 第29回二科展に「少女」「夜」「夏」を出品。昭和18年 第30回二科展に「髪」「花の香」を出品。10月二科会が情報局の指令で解散を命じられる。第6回文展の展覧会委員および審査員をつとめる。「香妃」を出品。昭和20年 終戦まもなく長野県下の疎開先から上京、戦時中に解散した二科会の再建に挺身する。昭和21年 再建第1回(創立31回)の二科展を開催、同展に「テラス」「少女1」「少女2」を出品。昭和22年 第32回二科展に「郷愁」「月光」を出品。昭和23年 新装なった東京歌舞伎座の緞帳「女の四季」を完成。第33回二科展に「南風」「牧歌」「朝」を出品。昭和24年 第34回二科展に「樹下小憩」「バイオレット」を出品。昭和25年 二科35周年記念展に際し功労賞を受ける。二科展に「浜辺の歌」「ミスX」を出品。昭和26年 第36回二科展に「旅人」「白と黒」を出品。昭和27年 7月、京都朝日会館の大壁画「平和と団結」(28mX23m)完成。第37回二科展に「哀愁」「バイオレット」を出品。第1回国際美術展に「二人の女」を出品。昭和28年 第38回二科展に「赤いベルト」「ソワレー」「母と子(渇)」を出品。第2回日本国際美術展に「バレリーナ」を出品。昭和29年 第1回現代日本美術展に「午後」を出品。第39回二科展に「風」「漁村」「日本髪」を出品。昭和30年 第3回日本国際美術展に「日曜日の朝」を出品。第40回二科展に「逃げてゆく男」「四重奏」「京風」を出品。昭和31年 熊本大洋デパート壁画「創生の歌」(30mX4m)完成。第41回二科展に「草の丘」「黒髪」「白い花」を出品。第3回国際美術展に「洗濯物」を出品。昭和32年 壁画「創生の歌」に対し昭和31年度日本芸術院賞を授与される。第42回二科展に「浜辺」「白と黒」「牧歌」を出品。第4回日本国際美術展に「バレリーナ」を出品、大衆賞となる。昭和33年 第43回二科展に「花籠」「月夜」「舟」を出品。第3回現代日本美術展に「妖精」を出品。昭和34年 第5回日本国際美術展に「望郷」を出品、再び大衆賞を受ける。朝日新聞社主催の東郷青児素描展(スケッチ展シリーズ第23輯)開催。3月1日からパリ近代美術館サロン・ド・コンパレーゾンにおいて二科展を開催、「脱衣」「妖精」を出品。オードウル・ド・ラ・クルトワジー・フランセーズ勲章を授与される。第44回二科展に「野辺の花」「黒い鳥」「花籠」を出品。第2回日展に「冬」を招待出品。昭和35年 3月、日本芸術院会員に任命される。第45回二科展に「子供」「暮愁」を出品。第4回現代日本美術展に「パリの女学生」を出品。第3回日展に「部落の子」を招待出品。昭和36年 二科会会長に就任する。第46回二科展に「プロバンスの丘」出品。12月メキシコ市オーデトリオ・ナショナルにおいて二科展を開催、「部落の子」を出品。第6回日本国際美術展に「小鳥」を出品。第4回日展に「遥かなる山」を招待出品。昭和37年 3月、パリ近代美術館サロン・ド・コンパレーゾンにおいて二科展開催、「野辺の花」を出品。パリ市から文化交流の功績により、文化功労賞としてラ・メダイュ・ダルジャンを授与された。またサロン・ドートンヌ名誉会員に推薦された。第47回二科展に「樹下小憩」「魚籃」「牧歌」を出品。第5回現代日本美術展に「青い花」を出品。青山学院講堂に壁画「天使の休日」(2.82mX5.23m)完成。昭和38年 フランス、カーニュ、ビエンナーレ展に「プロバンスの丘」を出品。第48回二科展に「空の街」「部落の子供(貧しき子)」「サントロッペのマリア」を出品。昭和39年 4月~5月、フランス、イタリアを旅行、「ベニスの空」を制作。「裏町にて」「遠い山」と共に第49回二科展に出品。昭和40年 二科会50周年記念回顧展に「サルタンバンク」「ピエロ」を出品、二科会より記念大賞を受けた。二科展に「花炎」「サントロッペの女」「鳥」を出品。昭和41年 第51回二科展に「干拓地」「旧い町」を出品。昭和42年 1月、毎日新聞社主催の東郷青児画業50年記念展を銀座松屋で開催、18歳から50年間にわたる代表作87点を陳列した。パリ、グランパレーで開催のサロン・ドートンヌに二科会作品50点を陳列、「干拓地」を出品。5月からモロッコ地方を旅行、「5人目の花嫁」および「モロッコの女」「赤い砂」を制作、第52回二科展に出品した。昭和43年 明治100年記念二科展として、第1回から現在に至る二科出身関係画家(物故作家も含む)の作品100数点をもって大展覧会を新宿ステーションビルにおいて開催、「ピエロ」「村の祭」を出品した。第53回二科展に「レダ」「イスラエルの女」を出品。11月、多年にわたる日仏文化交流への貢献、およびサロン・ドートンヌに出品した「干拓地」に対してオフィシェ・ド・オルドル・デ・ザール・エ・レットル(芸術文化勲章)を授与するという、フランス政府から通告があった。昭和44年 2月、フランス大使館において勲章の授与式。3月、デンマーク文化省主催のコペンハーゲン、クンストフォールニンゲンハウスにおける展覧会に「牧歌」を出品。4月、アルジェリアからサハラのホッガー地方を旅行、ガルダイアとタマンラセットで制作、「サハラの妻」「エルゴレアの少女」を完成、「静かなるノラ」と共に第54回二科展に出品。昭和45年 3月からアテネおよびエーゲ海の諸島を回り、ギリシャ古代美術を研究、「アクロポリス」を制作、「ナザレの女」「ベニスの夜」と共に、第55回二科展に出品。10月、再び渡仏、パリ、サロン・ドートンヌに「ノラ」を出品。グランパレーの二科展にフランス文部大臣、駐仏日本大使を迎えて交歓した。この年外遊不在中に勲三等旭日中綬章授与の発令があった。昭和46年 5月、ポルトガル政府主催、リスボンのホオズ宮殿における二科展に「ベニスの空」を出品、そのレセプションに出席、引き続きチュニジア、ネフタ、サハラ地方を旅行、ベルベル族とテント生活を共にし、スケッチ多数を得た。「夜の砂紋」を制作、「鳥と少女」と共に第56回二科展に出品、「ベニスの空」は10月28日からレバノン政府主催によるベイルート二科展に引き続き出品。11月、「ネフタの兄弟」制作。12月、毎日新聞社から『画集東郷青児』出版。昭和47年 カーニュ、国際ビエンナーレの審査員に任命され、その審査に出席、日本作家は優秀賞を獲後した。チェッコのプラハよりオーストリアのウィーン、ハンガリーのブタペスト、オストラバを訪問、この方面の文化交流の端緒を開く折衝を行った。この年結成された日伯美術協会の会長に任命された。第57回二科展に「女体礼讃」「蒼ざめた夜」を出品。同じく彫塑「マリアンヌ」「男と女」を初出品する。成田新空港シティ・エア・ターミナルに壁画「季節」(1mX5.3m3面)完成。昭和48年 日伯美術交流の功績を認め、ブラジル政府より、グラン・オフィシェ勲章が授与された。第58回二科展に「王家の谷」「ケナの少女」彫塑「渚にて」を出品。昭和49年 第59回二科展に「タッシリ」「カルナツクの女」、彫塑「風」を出品。日本赤十字社に「従軍看護婦」を献納、金色有功章を授与された。昭和50年 1月、エジプト、カイロ国立ファイン・アート・ギャルリーにおいて二科展を開催「王家の谷」「モロッコの女」を出品。4月、ブラジルのサンパウロその他で日伯美術展開催、ブラジルアカデミーの名誉会員に推挙された。第60回二科展に「砂漠の花」「砂の村」、彫塑「遠くに行きたい」を出品。彫刻部会員に推挙される。昭和51年 1月、アルジェリアの国立カトル・コロン美術館において二科展開催のため出張。4月、宮中において勲二等旭日重光章を授与される。6月、東京新宿西口の安田火災海上新本社ビルの42階に東郷青児美術館が開設されパリ留学時代の作品から今日までの代表的作品約80点を陳列。この年、フランス政府は、ディプローム・ド・メダィユ・ドール・グラン・ドォフィシェ勲章(文化勲章)を永年にわたる東郷の日仏文化交流の功績により授与した。第61回二科展に「ラムセスの寵妃」「山の湖」、彫塑「日蝕」を出品。昭和52年 第62回二科展に「リオ・デ・ジャネイロ」「日蝕」、彫塑「砂の影」を出品。5月、日伯美術展に出席のためブラジルへ行く。「望郷」を出品。9月、東郷青児美術館会館一周年記念展を開く。日本赤十字社に壁画「ソルフェリーノの休日」(1.8mX2.9m)完成。昭和53年 4月、銀座二科展を開催「きりのない話」を出品。4月25日、旅先の熊本(熊本県立美術館での第62回二科展に出席のため熊本入り)で急性心不全のため死去。没後、文化功労者として顕彰された。6月、ブラジル移民70周年を記念して竣工のため1年がかりで制作した大壁画が完成設置され、東郷たまみが亡父に代って記念式典に出席、披露された。(本年譜は、東郷青児美術館における「回顧、東郷青児」目録収載年譜を再録させていただきました。), 洋画家、モダン・アート協会会員周襄吉は、4月25日肺ガンのため川崎市の関東労災病院で死去した。享年72。明治40年5月12日愛知県今治市一番町に生まれ、大正13年上京し川端画学校に学び、翌年東京美術学校西洋画科に入学、昭和5年卒業した。在学中の昭和2年、第14回二科展に「草花の園」が初入選し、以後同展に出品を続けた。同6年松竹映画に入社し美術を担当、同13年退社した。戦後は自由美術協会に出品、「水道」「港」(第13回)などを発表したが、同26年モダン・アート協会創立に参加し、以後同展へ出品を続けた。この間、欅会、丘蒼会に参加し毎年出品した。また、同33年から48年まで文化学院美術科講師をつとめた。 モダン・アート展主要出品作 静物 昭和27年 第2回 発芽 昭和28年 第3回 馬上 昭和29年 第4回 朝 昭和30年 第5回 作品 昭和31年 第6回 荷造られた動物 昭和32年 第7回 翼の抵抗 昭和33年 第8回 マスク 昭和34年 第9回 狩 昭和35年 第10回 沼に春動く 昭和36年 第11回 水辺 昭和37年 第12回 浮巣(B) 昭和38年 第13回 踊 昭和39年 第14回 葡萄園 昭和40年 第15回 解放された檻 昭和41年 第16回 果園 昭和42年 第17回 鹿踊 昭和43年 第18回 折矢飛鳥 昭和44年 第19回 カトレアの手 昭和45年 第20回 鵜飼 昭和46年 第21回 象徴の森 昭和47年 第22回 風のさそい 昭和48年 第23回 砂漠の護摩 昭和49年 第24回 逃亡者 昭和50年 第25回 裸女の朝明け 昭和51年 第26回 裏町夜色 昭和52年 第27回 作品 昭和53年 第28回, 読み:コウズ, コウジン*、 Kozu, Kojin*  洋画家神津港人は、4月7日老衰のため、杉並の自宅で死去した。享年88。本名港人。明治22年12月、21日長野県北佐久郡に生れた。同35年長野県野沢中学に入学し、休日に丸山晩霞に絵を学んだ。同40年東京美術学校西洋画科に入学し、黒田清輝、藤島武二、和田英作の指導をうけ、45年に卒業した。大正4年第9回文展に「電車」が初入選し、以後「信濃路」(12回文)、「凩」(4回帝)等を官展に発表した。大正9年農商務省商業美術研究生となり、英国に留学し、ロイヤル・アカデミー・スクールに学び、翌年パリ、アカデミー・ジュリアンに学んだ。フランス、ドイツ、スイス、イタリーに写生旅行をして大正11年帰国品を発表した。昭和3年官展出品を辞め、友人齋藤素巖の創立した構造社に加盟して絵画部を創設、絵画部主任となり、「雁来紅」(第2回展)、「百合花」「裸体習作」「豊穣」(第3回展)などを発表した。昭和7年にはロスアンゼルス第10回オリンピック大会に日本最初の芸術競技役員として渡米した。昭和10年松田改組に際して、盟友と意見を異にしたことから構造社を脱退し、個展によって発表したが、同14年には緑巷会を創立主宰した。毎年公募展を開催したが、戦後は緑巷会を創芸協会と改称し、昭和32年にはこれを第一美術協会と合併して副委員長となった。第一美術協会名誉会員、日本山林美術協会名誉会員、信州美術会顧問。, 読み:イクタ, カチョウジョ*、 Ikuta, Kachojo*  日本画家生田花朝女は、3月29日老衰のため、大阪市阿倍野区の自宅で死去した。享年88。本名ミノリ。明治22年(1889)11月22日、大阪市天王寺区に生れた。父生田南水(1860―1934)は学者で、大阪を代表する文化人であった。明治29年3月大阪師範学校附属小学校に入学し、この頃から家学として父南水より俳句を学び、漢学を藤沢黄波、国学を近藤尺天より学んだ。明治38年16才で父の俳句の弟子である四条派の画家喜多暉月につき絵を学び、大正2年(1913)24才で菅楯彦の門に入った。師楯彦からは大和絵のほか万葉集をはじめ国学、有職故実を学び、また師の許可を得て美人画家北野恒富に教えをうけた。大正14年第6回帝展に「春日」が初入選となり、翌15年には「浪花天神祭」が特選となった。その後も帝展、新文展、日展などに出品し、昭和27年には大阪市民文化賞、同33年には大阪府芸術賞を受賞した。作品は師楯彦の逸脱な画格を引継ぎ、さらに女流特有の優雅さを加えて、香り高い大和風画面を特色とした。大阪を愛し、生涯大阪の風物を描きつづけたことも師楯彦同様画壇でも稀有な存在であった略年譜明治22年(1889) 0才 11月22日現在の大阪市天王寺区に生れた。父生田南水。明治29年(1896) 7才 3月大阪師範学校附属小学校入学。明治30年(1897) 8才 この頃から家学としての俳句を父南水に、漢学を藤沢黄波、国学を近藤尺天に学んだ。明治45年 23才 菅楯彦に入門。又北野恒富に学ぶ。大正14年 36才 「春日」6回帝展初入選。大正15年 37才 「浪花天神祭」7回帝展特選。昭和2年 38才 「四天王寺曼荼羅」8回帝展、無鑑査出品。昭和6年 42才 「閑窓」12回帝展。昭和8年 44才 「観漁亭」14回帝展。昭和9年 45才 「遠つ飛鳥の里」15回帝展。昭和14年 50才 「春日の巫女」3回文展、無鑑査出品。昭和16年 52才 「麻須良多家乎爾美伎多氐麻都流」4回文展、無鑑査出品。昭和21年 57才 帝塚山に画室竣工。昭和27年 63才 大阪市民文化賞受賞。昭和31年 67才 父南水の句碑を四天王寺に建てる。昭和33年 69才 「鑑真和上来朝」第1回日展。昭和34年 70才 「薬師寺花会式」第2回日展。昭和35年 71才 「遅日」第3回日展。昭和36年 72才 「太陰女」第4回日展。昭和37年 73才 「だいがく」第5回日展。昭和38年 74才 「春昼」第6回日展。昭和39年 75才 「住吉大社御田植」第7回日展。昭和40年 76才 「極楽門の春」第8回日展。昭和41年 77才 父南水の句碑を住吉大社に建てる。昭和42年 78才 「宵官」第10回日展。昭和43年 79才 「十日戎」第11回日展。勲四等瑞宝章受領。昭和49年 85才 阿倍野神社に自画賛碑建立。昭和53年     3月29日没。, 日本画家鬼原素俊は、3月16日心筋硬ソクのため東京都渋谷区の自宅で死去した。享年75。本名、熊造。明治35年8月15日新潟県岩舟郡に生れ、日本大学芸術科に学んだ。大正12年荒井寛方に師事し、日本美術院展に出品し、昭和5年日本美術院々友に推挙された。昭和12年院展を退き、同志と新興美術院を結成し、その創立同人となった。昭和16年中支方面に従軍し、翌年「中支風物個人展」を東京高島屋で開催した。戦後も昭和22年新作個人展を資生堂に開催し、作品展を屡々開催、また昭和25年には新興美術院を再興した。戦後は専ら仏画を描き昭和30年世界仏教徒会議に出席、同38年にはイラン、パキスタン、アフガニスタン、東南アジア方面に旅行している。代表作として「佛懐」(1937院展)、「炭焼く家族」(1941新興展)、「九軍神の母」(1943新興展)、などがある。, 読み:オサカベ, ジン*、 Osakabe, Jin*  日展会員、新世紀美術協会会員の洋画家、刑部人は、3月8日午前0時18分、腎不全のため東京・飯田橋の日本医大附属第一病院で死去した。享年71。刑部人は昭和39年(1906)栃木県に生まれ、小学時代に父の転任にともなって上京、栃木在住時から絵画に関心をいだき、大正13年3月東京府立第1中学校を卒業した。小学校時代から川端竜子、鶴田吾郎などの指導をうけたが、中学卒業の年に東京美術学校西洋画科に入学し、和田英作教室に学び昭和4年(1929)3月卒業した。在学中の昭和3年、第9回帝展のとき初入選し、昭和6年島津鈴子と結婚、島津を通して金山平三を知った。帝展、新文展に出品をつづけ、昭和18年無鑑査、戦後の昭和21年第1回日展、同23年4回日展で特選となり、同24年以降出品依嘱、同42年日展審査員をつとめ、43年日展会員におされた。また、昭和33年第3回新世紀美術展から委員として参加、以後、毎回出品し、昭和26年以降、日本橋三越において毎年個展を開催した。その作風は、初期に和田英作の影響をうけたが、戦後、昭和21年ころからは金山平三に師事し、一緒に写生旅行するなどして風景画の製作に金山の影響をうけた。  ◆年譜明治39年 5月5日、栃木県下都賀郡に於て、父刑部真一(28歳)、母フキ(20歳)の4人兄弟の長男として生まれる。刑部家は、同地に続いてきた旧家で代々名主を勤め、父刑部真一も若くして教育者となり、当時すでに家中村立家中尋常高等小学北校(現在の町立家中小学校)の校長となっていた。大正2年 4月、栃木県下都賀郡家中村立家中尋常高等小学北校に入学する。1学年からの学業成績は抜群で、同校修了まで常に首席を通し続ける。また、この頃から絵に関心を持ち始め、三宅克己の水彩画を模写したりする。更に同校3年生頃より、川端竜子、鶴田吾郎の主幹するスケッチ倶楽部の通信講義録『スケッチ速習録』を購読し、鉛筆画や水彩画を学習するようになる。大正7年 3月、父の東京転任にともない、家中尋常高等小学北校5年修了と同時に上京し、東京府北豊島郡西巣鴨町に居住する。この頃から大森・新井宿に川端竜子を訪ねるようになる。4月、東京府北豊島郡西巣鴨町立時習尋常高等小学校(現在の豊島区立時習小学校)に転入学する。大正8年 3月、時習尋常高等小学校を卒業する。4月、東京府立第一中学校(現在の日比谷高等学校)に入学する。府立一中の同級生には高見順(高岡芳雄)、岡本武夫などがいてそれぞれ後年まで交友が続けられる。大正11年 12月、東京府北豊島郡池袋に転居する。この頃、川端学校に通い石膏素描など本格的な勉強を始める。大正13年 3月、東京府立第一中学校を卒業する。4月、東京美術学校西洋画科(現在の東京芸術大学美術学部油画科)に入学する。大正15年 4月、同校西洋画科の和田教室に編入し、和田英作の指導を受ける。昭和3年 4月、特待生となり、1年間の授業料が免除となる。10月、帝国美術院第9回美術展覧会に『友人の肖像』が初入選する。昭和4年 3月、東京美術学校西洋画科を次席で卒業する。卒業制作は『自画像』(東京芸術大学芸術資料館蔵)、『少女』が陳列される。同校西洋画科研究科に入学する。10月、第10回帝展(16日-11月20日、東京府美術館)に『初秋の庭』を出品する。昭和5年 3月、東京美術学校西洋画科研究科を退学する。10月、第11回帝展(16日-11月20日、東京府美術館)に『裸体』を出品する。昭和6年 3月28日、京都府出身、左記在住の嶌津(島津)源吉、トミの長女鈴子と結婚する。4月7日、東京府豊多摩郡落合町大字下落合にアトリエを新築して居住する。昭和8年 10月、第14回帝展に『湖畔』を出品する。昭和9年 10月、第15回帝展に『初秋の河口湖』を出品する。昭和12年 10月、第1回文部省美術展覧会が開催され、『放牧双牛』(日本大学第2学園蔵)を出品する。昭和15年 4月、東京高等工芸学校(現在の千葉大学工学部)助教授となる。10月、紀元2600年奉祝美術展覧会が開催され、『裏庭』を出品する。昭和16年 10月、第4回新文展に『休息』を出品する。昭和18年 8月、新文展無鑑査となる。昭和19年 3月、東京・青山の東部第6部隊に於て、『機関銃隊』を描く。3月、陸軍美術展覧会が開催され、『機関銃隊』を出品する。11月、文部省戦時特別美術展覧会(戦時特別文展・25日-12月15日、東京都美術館)が開催され、『少年通信兵』が招待出品される。昭和20年 3月9日、栃木県下都賀町、古沢三郎方に疎開する。3月、東京高等工芸学校を退官する。4月、栃木県立栃木高等女学校(現在の県立栃木女子高等学校)教諭となる。9月、疎開先を引上げて上京する。この秋、栃木高等女学校を退職する。昭和21年 3月、文部省主催第1回日本美術展覧会(日展)に『冬の軽井沢』を出品し、特選となる。5月、山形県大石田に写生旅行(5日―22日)をする。この時、金山平三夫妻と同行する。昭和23年 10月、第4回日展に『渓流』を出品し、特選となる。昭和24年 10月、第5回日展に『水門』を出品(依嘱)する。12月、栃木県宇都宮市の民映画廊に於て、個展(24日―26日)を開く。昭和25年 10月、第6回日展に『断崖』を出品(依嘱)する。昭和26年 10月、大石田に滞在中の金山平三と共に、十和田湖に写生旅行(13日-30日)をし、奥入瀬などで描く。10月、第7回日展に『竜頭の滝』を出品(依嘱)する。12月、第1回刑部人油絵個人展(4日―9日、東京・日本橋・三越)を開き、『林檎の花(福島県藤田)』『十和田の秋(十和田湖畔)』など23点を出品する。昭和27年 10月、第8回日展(29日―12月1日、東京都美術館)に『奥入瀬渓流』を出品(依嘱)する。11月、富山に赴き(5日―8日)、高見之通の肖像(衆議院蔵)を描く。12月、第2回刑部人油絵個人展(16日―21日、東京・日本橋・三越)を開く。『渓流B(蓼科』『渓流C(奥秩父)』『十和田湖』『水ぬるむ(栃木県)』『安茂里の春』『杏の丘』『富士』『林檎の花咲く』。他。昭和28年 3月、富山に赴き(17日―21日)、前年来揮毫の高見之通の肖像を仕上げる。4月、長野県安茂里に写生旅行(13日―23日)をする。大石田から同地に赴いた金山平三と同行となる。8月、京都、神戸へ写生旅行(5日―14日)をする。神戸滞在中の金山平三と共に川崎造船所などで描く。10月、十和田湖に写生旅行(16日―11月1日)をし、和井内、子ノ口に滞在して描く。途中から金山平三と同宿となる。10月、第9回日展に『三瀬海岸』出品(依嘱)する。昭和29年 1月、金山平三と共に箱根に写生旅行(22日―30日)をし、冬の十国峠や芦の湖などを描く。2月、第3回刑部人油絵個人展を開く。4月、大石田に在住の金山平三と共に十和田に赴く。同地で越冬していた佐竹徳と合流し、和井内、子ノ口に滞在(10日―5月22日)して描く。8月、東京に引上げた金山平三と共に熱海に写生旅行(9日―11日)をする。9月、十和田に滞在(17日―10月3日)して『十和田湖畔』を描く。10月、第10回日展に『十和田湖畔』を出品(依嘱)する。昭和30年 2月、第4回刑部人油絵個人展(8日―13日、東京・日本橋・三越)を開く。10月、十和田に写生旅行をする。現地で合流の金山平三と共に子ノ口・和井内に滞在(9日―21日)し、『渓流錦繍(十和田奥入瀬)』などを描く。第11回日展に『渓流錦繍(十和田奥入瀬)』を出品(依嘱)する。昭和31年 2月、第5回刑部人油絵個人展(7日―12日、東京・日本橋・三越)を開く。10月、第12回日展(28日―12月1日、東京都美術館)に『山の牧場(奥日光・光徳牧場)』を出品(依嘱)する。昭和32年 2月、第6回刑部人油絵個人展(12日―17日、東京・日本橋・三越)を開く。11月、第13回日展に『修道院裏庭』を出品(依嘱)する。昭和33年 2月、第7回刑部人油絵個人展(4日―9日、東京・日本橋・三越)を開く。この年、別府貫一郎、二瓶等、松村巽、沖田稔と共に新世界美術協会に委員として参加する。新世界美術協会は和田三造、川島理一郎、大久保作次郎、吉村芳松、柚木久太を中心に昭和30年3月結成され、翌31年第1回公募展を開催する。6月、第3回新世紀美術展(15日―27日、東京都美術館)に『渓流(奥入瀬)』を出品する。11月、第1回新日展に『道』を出品(委嘱)する。昭和34年 2月、第8回刑部人油絵個人展(3日―8日、東京・日本橋・三越)を開く。3月、第4回新世紀展(2日―15日、東京都美術館)に『雪の山』を出品する。11月、第2回新日展に『林間』を出品(委嘱)する。昭和35年 2月、第9回刑部人油絵個人展(2月2日―7日、東京・日本橋・三越)を開く。第5回新世紀展(18日―27日、東京都美術館)に『山河』を出品する。9月、この月二度日光へ赴き、中禅寺湖畔の菖蒲ヶ浜に滞在(2日―6日、22日―26日)し、土地の老人をモデルに頼んで『樵夫』を制作する。10月、秋田県男鹿半島に写生旅行(21日―11月1日)をする。大石田に滞在中の金山平三を訪ね、同行して入道岬に至り畠や二の目潟などに逗留して『入道岬(男鹿半島)』『二の目潟(男鹿半島)』『えぞ浜(男鹿半島)』などを描く。11月、第3回新日展に『樵夫』を出品(委嘱)する。昭和36年 2月、第10回刑部人油絵個人展(7日―12日、東京・日本橋・三越)を開く。第6回新世紀展に『長崎坂道』を出品する。11月、第4回新日展(1日―12月6日、東京都美術館)に『写生』を出品(委嘱)する。昭和37年 2月、第11回刑部人油絵個人展(6日―11日、東京・日本橋・三越)を開く。第七会新世紀展に『那須』を出品する。6月28日、壊疽性盲腸炎のため東京医科大学病院に入院し、手術を受ける。翌7月19日退院する。11月、第5回新日展に『りんご園』を出品(委嘱)する。昭和38年 2月、第12回刑部人油絵個人展(5日―10日、東京・日本橋・三越)を開く。第8回新世紀展に『牧舎』を出品する。6月、日光・戦場ヶ原に赴き、ずみの花と牧牛の『高原』を描く。11月、第6回新日展(1日―12月6日、東京都美術館)に『高原』を出品(委嘱)する。昭和39年 1月、第13回刑部人油絵個人展(28日―2月2日、東京・日本橋・三越)を開く。2月、第9回新世紀展に『冬の渓流(塩原)』(東京都美術館)を出品する。7月1日、胆嚢炎のため東京医科大学病院に入院する。翌8月1日に退院する。8月25日、胆嚢炎のため日本医科大学附属病院に入院する。翌9月1日、同病院長松倉三郎医学博士の執刀により胆嚢炎、胆石の手術を受ける。同月26日退院する。昭和40年 2月、第14回個展(三越)を開く。3月、第10回新世紀展に『渓流(塩原)』を出品する。11月、第8回日展に『秋庭』を出品(委嘱)する。昭和41年 2月、第15回個展(三越)を開く。3月、第11回新世紀展に『塩原岩風呂』を出品する。8月、千葉県関宿の鈴木貫太郎記念館に『明治38年5月27、8日の日本海々戦図』を描く。11月第9回日展に『渓流(塩原)』を出品する。昭和42年 1月、第16回個展(三越)を開く。3月、第12回新世紀展に『下曽我梅林』を出品。10月、日展審査員となる。11月、第10回日展に『天平古寺(海竜王寺)』を出品する。昭和43年 1月、第17回個展(三越)を開く。3月、第13回新世紀展に『加茂川春雪』を出品する。4月、初めて吉野に写生旅行。9月、日動サロンにおいて個展。11月、第11回日展に『室生新緑』を出品。日展会員となる。昭和44年 2月、第18回個展(三越)を開く。3月、第14回新世紀展に『中禅寺湖畔冬』を出品。11月、改組第1回日展に『萩』を出品する。昭和45年 1月、第19回個展(三越)を開く。3月、第15回新世紀展に『松籟』を出品。11月、第2回日展に『法隆寺西門』を出品する。昭和46年 1月、第20回個展(三越)を開く。3月、第16回新世紀展に『千曲川鳥瞰図』を出品。5月、日動サロンにおいて個展。11月、第3回日展に『奈良初秋』を出品する。昭和47年 1月、第21回個展(三越)を開く。3月、第17回新世紀展に『渓流残雪』を出品。11月、第4回日展|『春昼(東大寺大湯屋)』を出品する。昭和48年 1月、第22回個展(三越)を開く。5月、第18回新世紀展に『東大寺大湯屋』を出品。8月、小平久雄肖像(衆議院蔵)を描く。11月、第5回日展に『吉野山上千本』を出品する。昭和49年 1月、第23回個展(三越)を開く。5月、第19回新世紀展に『吉野山上千本』を出品。11月、第6回日展に『藤の花』を出品。昭和50年 1月、第24回個展(三越)を開く。5月、第20回新世紀展に『塩原秋景』を出品。11月、第7回日展に『十和田秋色』を出品。昭和51年 1月、第25回個展(三越)を開く。2月1日、フジ・テレビの日曜番組、テレビ美術館で«刑部人とその作品»が放映される。5月、第21回新世紀展に『東北の春』を出品。11月、第8回日展に『塩原渓流』を出品する。日動サロンにおいて刑部人記念展が回顧展の形で開催され90余点が出品される。11月、『刑部人画集』(日動出版部)刊行される。昭和52年 1月、第1回日洋展に『奥入瀬』を出品する。2月、第26回個展(三越)を開く。3月、紺綬褒賞をうける。10月、第9回日展に『弓ヶ浜遠望』を出品する。昭和53年 1月、国東半島へ写生旅行。2月、第27回個展(三越)を開く。3月8日、横行結腸ガンから腎不全を併発して逝去した。勲4等瑞宝章をうける。3月14日、千日谷会堂にて葬儀。6月、遺族より作品23点が栃木県立美術館に寄贈される。昭和54年 10月、栃木県立美術館において「四季の彩=日本の風景美刑部人展」開催される。, 読み:ナガセ, ヨシロウ*、 Nagase, Yoshiro*  版画家、洋画家の永瀬義郎は、3月8日直腸ガンのため東京港区の済生会中央病院で死去した。享年87。明治24年1月5日茨城県西茨城郡に生まれ、同42年白馬会原町洋画研究所で長原孝太郎の教えを受けたのち、同44年東京美術学校彫刻科に入学したが程なく中退、のち京都に赴いた。大正2年、文芸雑誌「聖盃」(同年「仮面」と改題)の同人となり、以後表紙絵や挿絵を担当し、また評論を発表した。翌3年には新劇運動に刺激され鍋井克之等と美術劇場を結成し第1回公演を行ったが経営難のため解散した。また独自に版画を研究し、同3年第1回二科展に木版画「愛する少女」等5点が入選、同5年には長谷川潔、広島晃甫と日本版画倶楽部を結成し第1回展を開催した。同7年、国画創作協会第1回展に「潮音」「長閑」を出品、翌8年には日本創作版画協会第1回展に会員として「母と子」(木版)等を出品した。この間、北原白秋、宇野浩二らの童話集等の装幀、挿絵を担当する。昭和2年第8回帝展第二部に版画が受理され「髪」を出品、同4年、第7回春陽会展に「トルコ帽をかぶれる男」(版画)等を出品して春陽会賞を受賞、また同年から同11年まで版画研究のため渡仏した。帰国の後は新樹会展、日展、日本版画協会展等に制作発表同32年には光風会会員となり同展へ出品した他、同年の第1回東京国際版画ビエンナーレに国内委員として「幻想」(木版)、「空飛ぶ童子」(擦版)を出品した。翌34年画業60年記念自選版画展(東京日本橋高島屋)を開き、この年団体を離れて無所属となった。同44年第6回いはらき賞を受賞、同52年には勲四等瑞宝章を受けた。  ◆年譜明治24年(1891) 1月5日、茨城県西茨城郡に永瀬甚五郎、ゑいの五男として生まれる。明治36年(1903) 茨城県立土浦中学校に入学。一級上に石岡出身の洋画家熊岡美彦、後輩に矢口達、高田保等がいた。明治41年(1908) 県立土浦中学校を卒業する。明治42年(1909) この年、白馬会原町洋画研究所に通い長原孝太郎の教えを受ける。明治44年(1911) 東京美術学校彫刻科塑造部予備科に入学。その後退学し、京都に赴き同宿の青木大乗等と親交する。大正2年(1913) 5月頃、文芸雑誌『聖盃』(のち『仮面』と改題)の同人となる。以後『仮面』の表紙絵、挿絵を描き評論を発表する。6月、『聖盃』6月号の表紙絵と裏表紙絵(ヴァラトン作、リイルアダム肖像の模写)を担当し、評論”ビアズレー?を著わす。11月、仮面主催洋画展覧会を東京京橋畔読売新聞社3階にて開き「曇り日」などを出品する。大正3年(1914) 1月頃、新劇運動に刺激され、鍋井克之等と共に美術劇場を結成、宇野浩二もこれに加わる。10月、1回二科展「愛する少女」「宮殿の悲しみ」「母の愛」「T氏の肖像」「さかえ行く肉に抱かれし滅び行く生命」(以上木版)。大正4年(1915) 2月、『仮面』4巻2号に表紙絵「躍進」、扉絵「肉」、裏表紙絵「マスク」を掲載。(発売禁止)2月頃、府下本郷区台町25、鶴栄館に転居する。5月、『仮面』4巻5号に表紙絵「春」、扉絵「乳房の重さ」、口絵別刷「サロメ」、裏表紙絵「櫛持つ女」を掲載。(発売禁止)10月、2回二科展木版「裸体習作」他。大正5年(1916) 11月、日本版画倶楽部第1回展を長谷川・廣島晃甫と三人で、東京万世橋駅楼上レストラン・ミカドで開催。「貌」「母の愛」「夢魔」等を出品。大正7年(1918) 11月、国画創作協会第1回展に「潮音」「長閑」の2点を出品。義朗の印を用いる。大正8年(1919) 1月、日本創作版画協会(以下日創展)の第1回展が東京日本橋三越呉服店で開かれ、会員として「母と児」「王子」「梳る女」(木版)他を出品。3月、新代邦画第1回展に、「三井寺」等を出品。3月、みづゑ第169創作版画号に“版画製作に就いて”を寄稿。5月、日創会大阪展に、「王子」「愛」等を出品。9月、6回日本美術院展「浅間路」。10月、山本県、日本農民美術研究所を設立、同所職員として勤務する。12月8日、栗山いとと結婚する。大正9年(1920) 3月、瞳子社第2回洋画展覧会に小出楢重らと出品。4月、2回日創展に「少女の顔」(木版)「花園」(モノタイプ)他。大正10年(1921) 9月、3回日創展(大阪展のみ)「愛」「裸体A」(以上木版)「筑波道」「水のほとり」(以上モノタイプ)他。大正11年(1922) 2月13日~2月27日、4回日創展、「裸体A」「沈鐘」「祈り」(以上木版)他。「沈鐘」は、魯迅編集の『芸苑朝華』第1期第3輯の『近代木刻選集(二)』に紹介される。この頃、東京府下大森町新井宿1106に住む。2月26日、神戸弦月会主催の創作版画展覧会最終日に“創作版画に就いて”の講演を行なう。8月、日本創作版画協会発行『詩と版画』(季刊誌『版画』改題)刊行。9月、9回二科展「高原初秋」「花」。9月、中央美術8巻9号に“版画芸術の現代的意識”を寄稿。11月、『版画を作る人へ』を日本美術学院から刊行。6版を重ねる。この年、北原白秋の童謡シリーズ(アルス刊)第6輯『きらきら星』の挿絵を描く。大正12年(1923) 2月、白秋童謡シリーズ(アルス刊)第8輯『夕焼小焼』の挿絵を描く。5月、1回春陽会展「花」。6月、5回日創展に「花(二つの性)」「祈り」(以上木版)他。11月1日、高田保と人形劇団「テアトル・マリオネット」を結成。春、下谷区上野桜木町17に転居する。大正13年(1924) 2月、アトリエ創刊号に“簡易な版画の作り方及びその応用”を寄稿。3月、2回春陽会展「花」。この年、宇野浩二著の童話集『天と地の出来事』の装幀及び挿絵を担当。大正14年(1925) 10月、江口換著、童話集『かみなりの子』の装幀及び挿絵を担当。12月、北原白秋作詞成田為三作曲、の民謡楽譜『磯の燕』、アルス社刊の装幀をする。この頃、日本農民美術研究所員として勤める。大正15年昭和元年(1926) 2月、4回春陽会展に「花」2点。4月、府下大森町不入斗大森幼稚園内に転居する。5月、1回聖徳太子奉讃展「花A」「花B」。昭和2年(1927) 2月、7回日創展「蘆の湖遠望A」他。4月、5回春陽会展に「花A」他。8月27日、妻いと没。10月、8回帝国美術院展覧会二部洋画に版画が受理され、「髪」を出品。12月、高田保著、戯曲集『人魂黄表紙』(原始社刊)の装幀と扉絵を担当。この年、アルス大美術講座上巻の版画科を田辺至(エッチング)、戸張弧雁(木版画)、織田一磨(石版画)、永瀬(合羽版その他)で担当。昭和3年(1928) 1月、8回日創展「濃艶(四季四態の内春)」他。1月、アトリエ5巻号に“私のブラック・エンド・ホワイトと金擢の技法に就て”と“版画雑感”を寄稿。2月、デッサン2巻2号に“創作版画と近代生活”を寄稿。2月、河合卯之助らと工房聯盟と設立、美術工芸品の普及をはかる。4月、6回春陽会展「故後藤飛行士の肖像」「演壇に立てるヨネ・ノグチ」他。10月、9回帝展に「花」(版画)。12月、アトリエ5巻12号に“私の使用している木版画材料”を寄稿。この年、アトリエ5巻5号、同6号、同8号に“押入物語”を連載。昭和4年(1929) 1月、9回日創展に「支那人に扮せる草人」。3月、日本創作版画協会同人作品展「ダイビング」他。4月、7回春陽会展「トルコ帽をかぶれる男」「ある日の草人」(以下版画)「花」(油彩)を出品、春陽会賞を受賞。5月20日、版画研究のためにフランス遊学の途に上る。昭和6年(1931) 2月、春陽会会友となる。9月、1回日本版画協会展「エッフェルの塔」「スエズ運河」。昭和11年(1936) 4月頃、フランスより帰国。5月、帰国第1回洋画展(広島、銀座画廊)、「モンスリー公園」(油彩)「クラマール風景(A)」(デッサン)他。昭和13年(1938) 10月2回文展「ピクニック」(版画、無鑑査)。12月、7回日本版画協会展「南仏行進」「物ほし台」「サーカス」(捺擦版)。昭和14年(1939) この年恩地孝四郎、前川千帆とともに陸軍嘱託として1ヶ月間中国に渡る。12月、8回日本版画協会展「少女像(包頭にて)」(布目摺込)。昭和15年(1940) 12月、9回日本版画協会展「母の愛」「姉妹」他。昭和17年(1942) この頃、広島県賀茂郡安芸津町風早に移り住む。昭和21年(1946) 8月、永瀬が会長の芸南文化同人会々誌『芸南文化』が創刊される。昭和24年(1949) 5月、小川二郎訳、『スティヴァンスン童話集』(日本文化協会刊)の表紙・裏表紙・挿絵を描く。昭和27年(1952) 7月、6回新樹会展「裸女昇天」「赤い星」「巴里追想」(以上ポーショアー)を招待出品。10月、8回日展「夏は踊る」。この年、上京し、渋谷区神山町43に住む。昭和28年(1953) 10月、9回日展に「祭壇の処女」(モノポール)。この年、世田谷区に転居。昭和29年(1954) 4月、22回日本版画協会展に「柘榴」「暁の富士」。8月、8回新樹会展に「サーカス夜」他。10月、10回日展に「花よりも生るるもの」。昭和30年(1955) 8月、9回新樹会展「希望」「失意」「原煽の罪」(以上版画)他。10月、11回日展に「団欒」(版画)。この年、世田谷区北沢に住む。昭和31年(1956) 8月、10回新樹会展「かたぐるま」他。10月、12回日展「裸女相対」。昭和32年(1957) 3月、光風会会員となり、43回光風会展に「母と子」「日月」を出品。6月、1回東京国際版画ビエンナーレ展「幻想」(木版)「空飛ぶ童子」(擦版)。7月、11回新樹会展「馬と童子」「裸女四重奏」。11月、13回日展「空に挑む」。昭和33年(1958) 4月、44回光風会展「三つのパネル」。4月、26回日本版画協会展「初夏」。8月、12回新樹会展「女体に咲く花」「野立観音」。11月、1回日展に「裸女三態」。昭和34年(1959) 4月、45回光風会展「花園」「かげろう」。4月、27回日本版画協会展「春を呼ぶ」「花」「幻想A」他。8月、13回新樹会展に「空中に咲く花」「港」。11月、2回日展「北果ての早春」「マリモの幻想」「去りゆく冬」(三部作)。昭和35年(1960) 4月、28回日本版画協会展「月影」「月花」「月光」。4月、46回光風会展「散華」「壁に宿る影」。4月4日、棟方志功・前川千帆ら10名で辻永を顧問として日版会を結成、8月、1回日版会展に「洞窟の処女」(木版)を出品。8月、14回新樹会展に「海の幻想」「光琳追想」。11月、3回日展「東レの父」。11月、2回東京国際版画ビエンナーレ展「自画像」「教会の有る風景」(以上木版)。昭和36年(1961) 4月、47回光風会展「洞窟」「乱舞」。11月、4回日展「受難」。10月、日中文化経済協会の招待で渡台、台湾国立歴史博物館で個展を開催。昭和37年(1962) 4月、48回光風会展「白夜」「屋根裏」。11月、5回日展「暮色」。昭和38年(1963) 4月、49回光風会展「家族」。11月、6回日展「風化」。昭和39年(1964) 4月、50回光風会展「夜の流れ(朝・夕・夜)」(三部作)。11月、7回日展「肩車」。この年、練馬区に転居。昭和40年(1965) 4月、51回光風会展「春風」。11月、8回日展「空のカルカチュア」。昭和41年(1966) 4月、52回光風会展「早春のコスチューム」。11月、9回日展「バレー三態」。昭和42年(1967) 4月、53回光風会展「土より生るるもの」。昭和43年(1968) 4月、54回光風会展「童話の世界」。昭和44年(1969) 4月、光風会55回記念展「かげろう」。4月、永瀬義郎自選版画展(茨城新聞社主催水戸志摩津)。9月、6回いはらき賞を受賞。昭和45年(1970) 7月、画業60年記念自選版画展(東京日本橋高島屋)。この年、無所属となる。昭和46年(1971) 8月、永瀬義郎版画展(愛宕山画廊)。昭和47年(1972) 4月、永瀬義郎展(新宿小田急百貨店)。10月、永瀬義郎黄金の裸女展(愛宕山画廊)。昭和48年(1973) 7月、MESSODOS(メソドス)第6号に-永瀬義郎生涯を語る-“放浪貴族”の連載が始まる。この年、月刊誌『流動』の1月号から12月号の表紙を担当。この年、合成樹脂による原版を作り、水と油の反発を利用した新技法NAGASEP,73(NP)を創り出す。昭和49年(1974) 11月、永瀬義郎新作版画展(銀座、ギャルリー・アイ)。昭和50年(1975) 6月、日本版画史を生きる・永瀬義郎のすべて展(新宿小田急)。昭和51年(1976) 10月、女・おんな・女永瀬義郎版画展(新宿小田急百貨店)。この年、誌画集『もの想う天使』(風書房刊、松永伍一詩、限定20部)、石版画集『おんな』(森出版刊、限定60部)、版画集『女とこども』(風書房刊)を刊行。昭和52年(1977) 4月、誌画集『火の鳥』(ネオアカシヤ刊、松永伍一詩)出版記念展(新宿小田急百貨店)。5月、日本版画史とともに・永瀬義郎版画展(茨城県立美術博物館)。昭和53年(1978) 3月8日、直腸ガンのため東京港区の済生会中央病院で死去(87)。本年譜は、藤本陽子編「永瀬義郎年譜」(「永瀬義郎版画展」図録所収、昭和52年茨城県立美術博物館)を参照した。, 読み:アリマ, サトエ*、 Arima, Satoe*  光風会名誉会員、日展参与の女流洋画家、有馬さとえは、2月25日午後7時26分、老衰のため東京都杉並区の自宅において死去した。享年84。有馬さとえは本名サト、「さとえ」または後年「三斗枝」と署名している。明治26年(1893)5月20日、鹿児島市に、父有馬高徳、母せいの三女として生まれた。父高徳は漢方医であったが、さとえ誕生の18日前に死去している。鹿児島県立第一高等女学校を中退して上京しているが、上京の正確な年月は不詳である。明治44年(1911)晩秋に岡田三郎助に師事し、本郷洋画研究所(明治45年6月創設)に通った。大正3年(1914)第8回文展に「静物」が初入選となり、以後、文展、帝展、新文展に出品し、大正15年(1926)第7回帝展の「花壺」が女流洋画家としては初めての特選となり、翌年無鑑査、昭和3年(1928)第9回帝展「窓ぎわ」が再度特選にえらばれた。昭和12年新文展第1回展から無鑑査となり、戦後の日展では昭和22年第3回展で招待、翌23年依嘱、昭和29年には日展審査員、同33年改組日展の会員、同36、40年と審査員をつとめ、同37年には日展評議員、同45年日展参与となった。また、大正13、14年と光風会展に出品、戦後昭和21年同会会員となって再度出品するようになった。女流画家関係の展覧会では大正8年(1919)に第1回朱葉会展に出品しただけで他はいっさい出品していない。本郷絵画研究所の赤洵社展(大正11-13)、その後の本郷絵画展、春台展にはつづけて出品している(大正14~昭和15)。昭和26年、弟子であった鹿島卯女が杉並区にアトリエを建築して有馬に贈り、晩年をそこで過した。 作品略年譜文展 大正3年8回展「静物」、同4年9回展「静物」、同5年10回展「やすめる女」、同6年11回展「マンドリン」、同7年12回展「聴いている女」。帝展 大正9年2回展「髪」、同10年3回展「窓ぎわの自画像」、同13年5回展「蔬菜と果物」、同14年6回展「赤い扇」(東京国立近代美術館蔵)、同15年7回展「花壺」(特選)、昭和2年8回展「たんぽぽを持つ女」、同3年9回展「窓ぎわ」(特選)、同4年10回展「窓辺の少女」、同5年11回展「写生する人」、同6年12回展「裏山の見える窓」、同7年13回展「卓に倚る」、同8年14回展「夕月の窓」、同9年15回展「後庭」、同10年第2部会展「縁台の少女」。新文展 昭和12年1回展「朝の間に」、同13年2回展「夏日」、同14年3回展「むすめ」、同15年紀元2600年奉祝展「葡萄みのる」、同16年5回展「母と子と」、同19年戦時特別展「ふね」。日展 昭和21年1回展「五月の窓」、同2回展「憩い」、同22年3回展「ひととき」、同23年4回展「秋果のある部屋にて」、同24年5回展「秋の露台」、同25年6回展「夏の乙女」、同26年7回展「郊外の庭にいるS夫人」、同27年8回展「窓辺に寄す」、同28年9回展「若人」、同29年10回展「夜明の卓」、同30年11回展「静かな卓」、同31年12回展「龍膽」、同33年13回展「朝」。新日展 昭和33年1回展「あさがお」、同34年2回展「朝すず」、同35年3回展「あさがお」、同36年4回展「朝顔有情」、同37年5回展「夏晨の卓」、同38年6回展「青嵐の卓」、同39年7回展「夏雲」、同40年8回展「若葉季節の記」、同41年9回展「新緑日記」、同42年10回展「向夏」、同43年11回展「白雲の卓」。改組日展 昭44年1回展「初秋の卓」、同45年2回展「向日葵の窓」、同46年3回展「立秋の卓」、同47年4回展「青嵐の卓」、同48年5回展「窓の記」、同49年6回展「かかる日もありて」、同50年7回展「窓」、同51年8回展「窓の記」。, 読み:コイト, ゲンタロウ*、 Koito, Gentaro*  洋画家、日本芸術院会員、文化勲章受章者の小絲源太郎は、2月6日老衰のため東京都大田区の自宅で死去した。享年90。本姓小糸。明治20年7月13日東京市下谷区に生まれ、同37年東京中学校を卒業、洋画家を志し翌年藤島武二の指導する白馬会駒込研究所に入り素描を学ぶ側ら、海野美盛に塑像の手ほどきを受けた。同39年東京美術学校西洋画科を志望したが金工科に入学、同43年第4回文展に「魚河岸」が初入選し黒田清輝に認められ西洋画科への転科を勧められる。翌44年金工科を卒業後改めて西洋画科に入学したが、大正3年病気休学後そのまま中退した。初期には印象派、後期印象派の影響を受けた画風(「屋根の都」明治44年など)を示したが、大正期の後半に一時展覧会出品を中止し再度大正末年復帰してからは、細密な写実描写に転じ、「獺祭図」(昭和6年)、「惜春賦」(同7年)などの作品を発表した。戦後は日展、光風会展(37年退会)、日本国際美術展、現代日本美術展などに出品、「乍雨乍霽」(同22年)、「山粧ふ」(同31年)「団地良夜」(同39年)など力強い筆触、色彩の強いコントラスト、簡潔なフォルムによる独自な画風を展開した。この間、同29年には、前年の第2回日本国際美術展に出品した「春雪」その他の風景諸作により日本芸術院賞を受け、同34年日本芸術院会員となった。また、同35年財団法人日展理事、翌36年日展常務理事に就任、同40年文化勲章を授与され、同44年改組日展の発足に際しては顧問となった。随筆をよくし、『冬の虹』(同23年)『風神雷神』(同29年)などがあるほか、大正11年には自ら『小絲源太郎画集明治四十三年―大正十一年』を刊行した。 ◆年譜明治20年 7月13日、父小糸源四郎、母はなの長男として東京市下谷区に生れる。生家は祖々父の代から庶民的な料理屋を営み、「揚出し」の名で広く知られていた。なお、本家は代々小糸源七を名乗り江戸末以来懐石茶屋「松源楼」を経営していた。明治25年 本郷区湯島天神下の練雪小学校入学。明治31年 小学校高等科3年のとき、慶応義塾に転学したが寄宿生活を嫌って退学、湯島天神町の医者で漢学者鵜沢正躬の許に預けられ、その家より中学校に通う。9月、神田の東京中学校に入学。明治37年 東京中学校卒業。両親とともに初めて白馬会展にゆき、藤島武二の「蝶」に感動、洋画家になることを決意する。明治38年 春、藤島武二の指導する本郷曙町の白馬会駒込研究所に入り素描を学ぶ。また、海野美盛に塑像の手ほどきをうける。明治39年 4月、東京美術学校西洋画科を受験したが金工科入学となる。傍ら、白馬会菊坂研究所で素描を学ぶ。明治43年 5月、第13回白馬会展「静物」「海辺」「雪」「四条橋」。10月、第4回文展に「魚河岸」が初入選し、これが黒田清輝に認められ、西洋画科へ転科をすすめられる。明治44年 3月、東京美術学校金工科を卒業。4月、改めて西洋画科に入学する。10月、第5回文展「屋根の都」。(東京美術学校買上げ)明治45年・大正元年 6月、第1回光風会「7月頃」。大正2年 5月、日本橋区本石町泰文社で小糸源太郎洋画小品展覧会を開く。10月、国民美術協会第1回西部展覧会「静物」「道頓堀」。大正3年 この年、糖尿病のため美術学校を休学し、そのまま中途退学する。3月、東京大正博覧会美術館「人ごみ」(銅牌)「秩父街道」「桜」。7月、「黄草会を見て」を「現代の洋画」(28号)に書く。10月、第3回光風会展「静物」。第8回文展「曇り日」(褒状)「雨」「温泉場の夏」。大正4年 初めて長崎を見て感激する。10月、第9回文展「雨のあと」(褒状)7月「湯野村」。大正5年 7月、吉野芳と結婚。10月、日暮里谷中本町にアトリエを新築する。第10回文展「春」「秋」。大正6年 長男光夫誕生するも、」生後まもなく逝去。2月、第5回光風会展「初秋」。10月、第11回文展「きつつき」。大正9年 「製紙場」「月見草」。大正10年 「雪後」「春・秋」(装飾画)。大正11年 この年、糖尿病療養のため日暮里の家から池之端の生家に戻る。9月、「小糸源太郎画集明治43年-大正11年」を日本美術学院より発行する。「すもも咲く頃」「岬」。大正12年 9月、関東大震災のため上野池之端の家が焼失。大正14年 春、大田区田園調布2の20にアトリエを新築する。大正15年・昭和元年 5月第1回聖徳太子奉讃展「秋林暮色」「薬草園」。10月、第7回帝展「遅日」。昭和2年 10月、第8回帝展「静物」。昭和3年 10月、第9回帝展「書牕春闌」。昭和4年 この年から小糸に代えて小絲と署名する。10月、第10回帝展「秋」。昭和5年 10月、第11回帝展「暮春閑情」(特選、宮内庁買上げ)。昭和6年 光風会会員に推される。10月、第12回帝展「獺祭図」(特選)。昭和7年 2月、第19回光風会展「湍流(湯ヶ島)」「薔薇のある静物」(A)、(B)、(C)、「秋晴」。10月、第13回帝展「惜春賦」(推薦)。昭和8年 2月、第21回光風会展「花」「秋果図」、特別陳列(大東京風景)「不忍晴嵐」。10月、第14回帝展「綽約図」。帝展審査員。昭和9年 2月、第21回光風会展「几上静物」「港」「冬山」。10月、第15回帝展「晩夏」。帝展審査員。昭和10年 2月、長女、繁子誕生。第22回光風会展「長崎天主堂」「卓上静物」「8月頃」。この年、長崎に旅行する。5月、小絲源太郎近作洋画展(日本橋三越)。「ギヤマンのある静物」「時計と三色菫」。昭和11年 2月、第23回光風会展「猫の居る静物」。昭和12年 2月、第24回光風会展「無題」。10月、第1回文展「嬋娟」(政府買上げ)。昭和13年 この年、ほとんど病床に過す。2月、第25回光風会展「病間清興(花)」「病間清興(裸婦)」「病間清興(港)」。11月、「自画像」を「改造」(20の11)に書く。昭和14年 2月、第26回光風会展「遊園地の朝」「裸婦」10月、第3回文展「散歩する松本先生」昭和15年 2月、第27回光風会展「乍雨」「花」。春、長野の杏花写生。以後毎年4月には杏花を描きに行く。10月。紀元2600年奉祝美術展「早春」。昭和16年 3月、第28回光風会展「瑞祥」。昭和17年 2月、第29回光風会展「碓氷秋雨」「書牕早春」。5月、小絲源太郎近作油絵展(銀座資生堂)。10月、第5回文展「210日頃」。文展審査員。昭和18年 2月、第30回光風会展「山村春闌」。4月、「憶ひ出すまゝに」を『日本美術』(2の4)に書く。10月、第6回文展「平沼さん健在」。昭和19年 3月、第31回光風会展(非公募展)「遅日」「燕子風」。11月、戦時特別文展「柿おちば」。昭和20年 2月、戦災にあい下谷区元黒門町の生家焼失。6月、田園調布の自宅で「小絲源太郎画室展」を開く。昭和21年 3月、第1回文部省主催日本美術展覧会(日展)「初秋」。8月、「裸体画と大臣」を『アトリエ』(286)に書く。10月、第2回日展「5月の日」。日展審査員。昭和22年 2月、第33回光風会展「帰去来」。5月、都美術館開館20周年記念現代美術展「春日」。7月、父源四郎没。10月、第3回日展「乍雨乍霽」。この年、日本美術展覧会三次となり、また審査員もつとめる。昭和23年 2月、「日記抄」を『美術手帖』(2)に書く。3月、第34回光風会展「書牕早春」。4月第2回東京都主催現代美術総合展「曇り日」。5月、第2回美術団体連合展「遠雨」。10月、第4回日展「大安日」。12月、随筆集『冬の虹』を朝日新聞社から出版する。昭和24年 この年、長野へ杏花写生、また諏訪湖周辺の写生に歩く。3月、第35回光風会展「岬」。「画室、花、思い出」を東京新聞(3、4日)に書く。4月、第3回現代美術総合点「つゆ空」。5月、第3回美術団体連合展「麗春」。10月、第5回日展「富士見ゆ」。日展審査員。昭和25年 3月、第36回光風会展「雪後」。5月、第4回美術団体連合展「白い道」。6月、「緑雨抄」を東京新聞(16、17日)に書く。10月、第6回日展「秋闌」。日展審査員。昭和26年 長野へ杏花写生。4月、第37回光風会展「水ぬるむ」。5月、第5回美術団体連合展(最終回)「遅日」。6月、「女の夏姿」を朝日新聞(16日)に書く。昭和27年 1月、大田区田園調布の現住所に移る。4月、第38回光風会展「静物A」「静物B」(のちに「黒の静物」と改題)。5月、第1回日本国際美術展「雪後」(のちに「雪の遊園地」と改題)。10月、母はな没。第8回日展「春闌」。日展審査員。12月、随筆集『猿と話をする男』を筑摩書房から出版する。昭和28年 この年、国立公園展のため鳴門へ約10日間滞在する。1月、1952年度選抜秀作美術展「雪後」「雪の遊園地」。2月、「細い神経」を朝日新聞(17日)に書く。4月、第39回光風会展「冬の海」「行春」。5月、第2回日本国際美術展「春雪」。8月、「立秋」上、下を東京新聞(11、12日)に書く。9月、国立公園絵画展「鳴門」。10月、第9回日展「鳥ぐもり」。昭和29年 1月、第5回選抜秀作美術展「春雪」(1953年)。2月、「鐘有情」を『文芸春秋』(32の2)に書く。3月、第2回国際美術展出品作「春雪」その他前年度風景諸作により、日本芸術院賞をうける。第40回光風会展「朝東風」出品。4月、「辻永訪問」を『美術手帖』(80)に書く。5月、第1回日本現代美術展「夏草」「春の静物」。「あゆ」を朝日新聞(23日)に書く。7月、「月見草」を東京新聞(21日)に書く。10月、第10回日展「薫風」。日展審査員。11月、随筆集『風神雷神』を読売新聞社から出版する。昭和30年 1月、第6回選抜秀作美術展「鳥ぐもり」(1953年)。3月、第41回光風会展「雪余」。5月、長崎に旅行する。第3回日本国際美術展「湖畔」。6月、「梅雨と猫」を毎日新聞(12日)に書く。9月、「長崎かぶれ」を日本経済新聞(15日)に書く。10月、第11回日展「港」。昭和31年 1月、第7回選抜秀作美術展「雪余」(1955年)。「わが青春記」を東京新聞(25日)に発表。4月、第42回光風会展「春雪」(後に«雪の亀甲山»と改題)「天主堂」。「20代の記録」を『美術手帖』(107)に書く。5月、第2回現代日本美術展「春行く」。7月、国立近代美術館「日本の風景」展「雪の遊園地」(1952年)「鳥ぐもり」(1953年)10月、第12回日展「山粧ふ」。日展審査員。昭和32年 1月、第8回選抜秀作美術展「春行く」(1956年)。3月、第43回光風会展「水門のある風景」「雪後」。「テレビ句会」を朝日新聞(17日夕)に書く。5月、第4回日本国際美術展「道」。10月、画集『小絲源太郎』(日本現代画家選)を美術出版社から出版。鞆地方へ写生旅行。朝日新聞社主催現代作家展シリーズ・小絲源太郎素描展(銀座松屋)開かれる。11月、「美術祭・今は昔」を東京新聞(9日夕)に書く。「奈良日記」を毎日新聞(27日夕)に書く。昭和33年 1月、第9回選抜秀作美術展「山粧ふ」(1956年)。3月、財団法人日展発足、評議員となる。4月、第44回光風会展「田園調布」。5月、第3回現代日本美術展「冬日」。11月、第1回日展(審査員)「夏草」。昭和34年 1月、第10回選抜秀作美術展「田園調布」(1958年)。「うぐいす」を東京新聞(6日)に書く。「雪」を産経新聞(9日)に書く。3月、国立近代美術館「近代日本の静物画」展「薫風」(1954年)。4月、第45回光風会展「西銀座」。5月、日本芸術院会員となる。7月、「町の川」を毎日新聞(28日)に書く。10月、東宮御所御新築にあたり、各都道府県知事より献上画の執筆を依頼される。11月、第2回日展「雨やむ」。昭和35年 1月、第11回選抜秀作美術展「西銀座」(前年作)。財団法人日展理事となる。「朝帰り」を毎日新聞(5日夕)に書く。4月、第46回光風会展「鳥雲に」「花」。5月、第4回現代日本美術展「日照雨」。11月、」第3回日展(審査員)「糠雨」。朝日新聞社主催小絲源太郎画業50年展(銀座松屋)が開かれ、1926年からこの年までの作品52点を展覧する。『小絲源太郎自選展図録』を美術出版社から発行。12月、「よき年1960年」を朝日新聞(31日)に書く。昭和36年 この年、日展常務理事就任。奈良、吉野地方へ桜写生旅行。更に1か月田植写生に諸所を旅行。吹上御所御新築に際し、「野草之図」御下命執筆。1月、第12回選抜秀作美術展「鳥雲に」(1960年)。「新春小便譚」を毎日新聞(8日夕)に書く。4月、第47回光風会展「遠雷」。5月、第6回日本国際美術展「1目千本」。8月、「かび」を読売新聞(13日)に書く。11月、第4回日展(審査員)「遠雷」。12月、「マルケ『ルーアンのパリ波止場』を朝日新聞(16日)に書く。昭和37年 1月、第13回選抜秀作美術展「糠雨」(1960年)。「カナリア」を日本経済新聞(7日)に書く。5月、「『鏑木清方自選展』に寄せて」を朝日新聞(17日)に書く。「見られなくなる領国の花火」を毎日新聞(29日夕)に書く。10月、国際形象展「春闌」。11月、第5回日展(審査員)「初秋」。12月、「ゆく年」を毎日新聞(29日夕)に書く。年末、光風会を退会。昭和38年 1月、第14回選抜秀作美術展「遠雷」(1961年)。5月、第7回日本国際美術展「湖畔雪後」。7月、「バカンスむかしむかし」を毎日新聞(10日夕)に書く。秋、桜島その他九州写生旅行。帰途宮島へ廻る。11月、第6回日展(審査員)「漁港」。昭和39年 1月、第15回記念選抜秀作美術展「雪余」(1955年)。春、久しぶりに長野地方へ杏の花を写生に歩く。5月、第6回現代日本美術展「団地良夜」。9月、宮島に再度旅行。「新秋」完成。10月、第7回日展(審査員)オリンピック東京大会協賛展示「新秋」。昭和40年 1月、第16回選抜秀作美術展「漁港」(1963年)。能登に写生旅行。4月、長野へ杏花写生。6月、北海道札幌近辺を写生。9月、『小絲源太郎作品集』を美術出版社から出版。小絲源太郎アトリエ展(銀座資生堂画廊)開く。11月、文化勲章を授与される。第8回日展(審査員)「秋出水」。12月、箱根へ雪景写生。昭和41年 この年、椎間盤ヘルニアのためほとんど病床に過す。1月、第17回選抜秀作美術展「新秋」(1964年)。5月、第7回現代日本美術展「丘」(1965年)。11月、第9回日展「紅暈」。昭和42年 5月、第9回日本国際美術展「花曇り」。11月、第10回日展(審査員)「繚乱」。昭和43年 7月、発疹に苦しむ。10月、日展出品予定の「東海」盗難にあう。11月、第11回日展「行秋」。昭和44年 3月、「改組日展」の顧問となる。4月、芸術院事務局並びに日本経済新聞社主催「院賞受賞展」(大阪阪急)「鳥ぐもり」(1953年)。長野へ杏花写生。5月、第9回現代日本美術展の「現代美術20年の代表作」部門に「丘」(1965年)出品。11月改組第1回日展「かもめ群れる」。12月、紀州へ写生。昭和45年 4月、房総半島一周旅行。7月、銚子大潮祭写生。大磯江の島海浜写生。11月、改組第2回日展「漁港尺雪」。昭和46年 5月、NHK「創る」シリーズ第1回に制作状況を放映。7月、銚子の大潮祭写生。11月、改組第3回日展「とのぐもり」。出品。東伊豆網代へ写生。昭和47年 水元公園、堀切菖蒲園写生。この頃から白内障悪化しはじめる。9月、白内障手術のため慈恵医大病院に入院、12日後退院。東京国立近代美術館の「現代の眼-近代日本の美術から」展「田園調布」(1958年)。11月、サンケイ新聞社主催「文化勲章制定35周年記念絵画名作展」(上野松坂屋)「遊園地の朝」(1939年)「山粧ふ」(1956年)。昭和48年 4月、京都嵐山へ桜花写生。長野へ杏花写生。7月、箱根へ写生。11月、改組第5回日展「大雪」。昭和49年 10月、米寿を記念して編集された『小絲源太郎画集1911-1974』が求龍堂から発行される。11月、改組第6回日展「春昼」。昭和50年 11月改組第7回日展「東海」。昭和51年 5月、「小絲源太郎展」(渋谷東急本店)開かれ、初期から近作までの80余点を出品。昭和52年 2月6日老衰のため大田区の自宅で死去(90歳)11月改組第10回日展「春光」(遺作)。本年譜は浅野徹編「小絲源太郎年譜」(『岡田三郎助、小絲源太郎』昭和50年、集英社)を参照して作成したものである。, 読み:コイデ, タクジ*、 Koide, Takuji*  洋画家、行動美術協会会員小出卓二は、1月12日脳卒中のため大阪市大淀区の大阪回生病院で死去した。享年74。明治36年5月25日大阪市東区に生まれ、金沢医科大学薬学専門部を卒業後、大阪信濃橋洋画研究所に学んだ。昭和2年第14回二科展に「神戸風景」が初入選し、以後同展に出品を続け、同17年二科会会友となり「志摩風景」他を出品、同17年二科会会員となり「波船場」等を出品した。同20年11月、向井潤吉、田辺三重松、古家新ら二科会員9名とともに行動美術協会を設立し、翌年その第1回公募展を開催、以後同展に制作発表した。また、日本国際美術展、現代日本美術展などにも出品し、同35年現代日本美術展に出品した「淀川夕景」で大阪府芸術賞を受賞した。この間、同23年から大阪市立美術研究所講師をつとめ、同30年には宝塚市美術協会々長に就任した。行動展主要出品作裸女群像 昭和22年 第2回あぢさいのある風景 昭和23年 第3回花火 昭和24年 第4回海 昭和25年 第5回揚編 昭和26年 第6回漁港 昭和27年 第7回淀川風景 昭和28年 第8回港内風景 昭和29年 第9回港内 昭和30年 第10回嵐峡 昭和31年 第11回瀬戸内風景 昭和32年 第12回Y港 昭和33年 第13回兵器廠跡と大阪城 昭和34年 第14回外房風景 昭和35年 第15回五カ所湾風景 昭和36年 第16回漁火 昭和37年 第17回仲浜の港 昭和39年 第19回淀川風景 昭和40年 第20回天王寺風景(A) 昭和41年 第21回大阪港 昭和43年 第23回淀川風景 昭和44年 第24回塔と牡丹 昭和45年 第25回神戸港(A) 昭和46年 第26回海峡夜景 昭和47年 第27回新淀川風景 昭和48年 第28回神戸港(再度山より) 昭和49年 第29回神戸港(山手より) 昭和50年 第30回初瀬風景A 昭和51年 第31回尻無川風景(A) 昭和52年 第32回牡丹 昭和53年 第33回, 洋画家水清公子は、12月25日老衰のため京都市北区の自宅で死去した。享年76。明治34年3月3日兵庫県姫路市に生まれ、兵庫県立高等女学校を卒業し、黒田重太郎に師事、戦前は関西美術院関係者で創設された白亜会に所属し昭和4年同会会員となり、同6年全関西展で朝日賞を受賞、翌7年無鑑査となった。同10年第22回二科展に「水蓮」で初入選し、以後同展に出品、同17年第29回展に「太田の沢」を出品して会友となった。戦後は同22年第二紀会創立に参加して同人となり、翌年第2回第二紀展に「母子像」と「美人草」を出品し同人努力賞を受賞した。以後同展に出品を続けた。人物や花を得意とし、京都の女流洋画家の草分け的存在であった。, 洋画家、光陽会元代表鷲田新太は、12月25日心筋こうそくのため東京都三鷹市武蔵境の日赤病院で死去した。享年77。明治33(1900)年9月19日、滋賀県野洲郡に生まれる。本名新一。大正8年兵庫県豊岡中学校を卒業し、同13年上京、川端洋画研究所で初めて木炭デッサンを学ぶ。昭和2年第5回春陽会展で「冬枯れ」が初入選、同4年東京美術学校師範科受験のため同舟社研究所に通ったが受験に失敗、同8年伊藤快彦の紹介で安井曾太郎に師事、この年新世紀美術協会展に出品、また第21回二科展に「冬日風景」が入選。同10年、美術雑誌『美之国』の編集員(筆名篠原巣一郎)となり編集に携わる。同11年川端龍子の知遇を受け、龍子主宰の「青龍社」の運営事務にあたった。同13年安井曾太郎門下生による「連袖会」第1回展に出品以後作品発表を断念した。戦後、同31年に光陽会に所属(翌年会員)、同年の第4回展から毎年出品を続けた。同43年第16回光陽会展に「河童不動」で文部大臣奨励賞、美術報知賞を受賞、また同年光陽会代表となった。同47年、71歳で初の個展を東京下村画廊、大阪フジヰ画廊で開催、独自のグワッシュによる「工場風景」や「俑人像」で注目された。翌年5月から約1年間パリに渡り制作に打込む。同50年「ピエロとその妻」等3点が東京国立近代美術館に所蔵され、翌51年東京フジヰ画廊で「サンハイトウ風景」「モンマルトルの坂道」「パリの裏通り」など60余点による「鷲田新太滞欧作品展」が開催された。, 洋画家北川隆蔵は、12月19日死去した。享年67。雅号嚠三。明治42年10月1日滋賀県東浅井郡に生れ、太平洋美術学校、本郷研究所に学んだ。昭和18年第30回光風会展に「勤勞」が初入選し、以後戦後も同会に出品し、入選30回に及び、昭和45年同会々員となった。そのほか白日会、日展にも出品し、日展には昭和22年第3回展に「白い服」が初入選し、以後入選19回に至り、昭和51年同展会友となった。主要作品「水に生きる」(昭和50年)、「池畔」(昭和51年)ほか, 日本画家横山大玄は、12月4日心筋コウソクのため東京都台東区の自宅で死去した。享年79。本名善信。京都伏見に生れ、東京の中学を卒え東京美術学校日本画科を卒業した。昭和初年故横山大観の夫婦養子となり、大観没後は自宅を大観記念館として開放し、大観の作品や資料を公開、その館長をつとめていた。院展には昭和8年第10回院展で初入選し、昭和27年第37回院展「竹林」で院友となり、第59回「弥生」で特待となった。, 読み:フルヤ, シン*、 Furuya, Shin*  洋画家、行動美術協会創立会員古家新は、11月29日急性肺炎のため大阪府池田市の市立池田病院で死去した。享年80。明治30年6月19日兵庫県明石市に生まれ、京都高等工芸学校図案科を卒業。大正10年大阪朝日新聞に入社し、学芸部に所属、挿絵、スケッチ等を手がけた他、現在も用いられている週刊朝日の表紙文字を残し、昭和16年退社した。この間、大正15年第13回二科展に「入江」と他1点が初入選し以後同展への出品を続け、昭和12年二科会会友に推挙され、「夕月」他を出品同16年会員となりこの年の第28回展に「桜と城址」他を出品、同16年会員となりこの年の第28回展に「桜と城址」他を出品した。また、昭和3年から翌年にかけて渡欧、仏、伊、蘭等に滞在した。戦後は、同20年11月に結成された行動美術協会に創立会員として参加、翌年の第1回展に「霧」など3点を出品、以後同展へ出品を続けた。同36年には小豆島にアトリエを設け、以後の制作はこのアトリエでなされた。同36年、大阪市民文化賞を、翌37年には大阪府芸術賞を受賞、同51年には紺綬褒章を受けた。また、没後梅田近代美術館主催で遺作展(同53年10月31日-11月19日)が催された。行動展の出品作には、他に「波野」(第10回)、「早春の段々畠」(第18回)、「日の出」(第24回他)などがある。, 読み:オオクボ, ジツオ*、 Okubo, Jitsuo*  洋画会、二紀会理事、武蔵野美術大学評議員大久保実雄は、11月28日悪性リンパ腫のため東京立川市の立川共済病院で死去した。享年66。明治42年2月20日佐賀県伊万里市に生まれ、昭和8年帝国美術学校本科を卒業、同12年第8回独立展に「海浜」が初入選した。戦後は、同25年第4回展から二紀展に出品し同32年同人となり、同35年第14回展に「赤牛の群れ」「黒牛の群れ」を出品し同人優賞を受け翌年二紀会委員となった。同46年第25回展には「サーカスの人たち1」「サーカスの人たち2」を出品して鍋井賞を受賞、翌年二紀会理事に加えられ同50年「冬日」「絵のある部屋で」を出品し菊華賞を受賞した。また、この間武蔵野美術大学評議員をつとめた。二紀展への出品作には、他に「曲馬出場」(第11回)、「対話」(第19回)、「夜の家族」(第26回)などがある。, 分類は、『日本美術年鑑』掲載時のものを元に、本データベース用に新たに分類したものです。.

.

Iphone 写真 雲マーク 29, 和風 名前 アニメ 24, マザーハウス リュック ブログ 20, ホリプロ オーディション 男 5, 中村 啓 Epic 12, 嵐 曲 数 4, F35 自衛隊 配備数 2020 6, ハルカミライ 歌詞 みどり 4, 彼に いつ 会える か サトリ 占い 5, 結婚後 変わる 女 特徴 5, 水 一日 6リットル 21, 法律 条 項 号 略し方 5, 千葉ロッテ 習志野デー 2020 17, 小林 真 大 弁護士 4, Tern Link C8 ハンドル ポスト 15, 溺れるナイフ 映画 怖い 18, 二階堂 ふみ バラエティ 15, Cd 数え方 英語 12, Seesaa Wiki Css 6, 会社 研修 断る理由 5, 加地亮 嫁 カフェ 14, アドリアンラビオ 背番号 代表 5, Php 配列 特定の値 取得 14, インスタ 生活系 51 4, 消えた天才 野球 ドラフト 5, 島袋 中央大学 酷使 26, テレワーク 手当 通勤手当 9, ミント 栽培 ゴキブリ 5, 昌平高校サッカー部 セレクション 2020 15, 歌い手 みーちゃん 深澤翠 19, ワンピース 海軍 干支 24, ひと よ 大コケ 16, 片寄涼太 100 の質問 7, 鬼滅 の刃 24話 ネタバレ 16, 洋楽 男女 デュエット 2020 5, ティエリア アーデ 死亡 7, パワプロ2017 Ob 能力 25, イソップ タシット 通販 4, F4 ファントム 魔改造 8, ジュラルミンケース 現金 いくら 6, 柏レイソル トップチーム 昇格 4, Pet Sounds わからない 5, バイクミラー 鏡 外し方 7, グレイズアナトミー エドワーズ 降板 11, 失恋ショコラティエ サエコ 心理 4, プール付き コテージ 関西 10, 杉本 有 美 うち 4, 夏 おしゃれ着 洗濯 頻度 26, イチモニ 室岡 休み 理由 19, スクスタ 攻略 オータム 44, 佐藤健 衣装 カーディガン 6, エール 見逃し配信 無料 24,